不明なプラグインまたは実行スクリプトはドリームキャスト専用です。
このサイトについて

メニューBBSリンク


Lazy stancE
★☆更新履歴☆★(上2件固定、下最大5件表示))
  風景印リスト更新。181110
  アナログゲーム日誌更新。190224

  暗号化対応(https接続)のお知らせ。180811
  リンク集更新。180626
  事の続渡良瀬遊水地 後編に加筆。171104
  サイト移転110423

Windows
戦国TURBフォント
ダウンロードする?

全国CECIL普及委員会


告知
 暗号化対応 https://halwar.futene.net/からのアクセスで暗号化ページが開きます。

雑記・憶津記
ゲーム類の雑記を中心とした病弱日記。
外部のサイトへのリンクは基本的に別ウインドウが展開します。
検索で来た方へ:お探しの記事は過去ログにあるかもしれません。

・映画
 グスコーブドリの伝記:「銀河鉄道の夜」と同じ主要スタッフらしい。
 主人公のブドリが意図的にジョバンニに似せてあったり、他のキャラクターや通りすがりの人物にも
 銀河鉄道に登場したキャラクター達がちらほらといた。声優は変わっているので
 スターシステムのようだが見た目だけである。
 声優といえばジョバンニのイメージと最初に小学生程度の人物として登場したブドリの声が、
 少年声ではなくてはっきり男の声だったのでしばらくは違和感が続いた。
 ずっと見ているうちと、キャラが年を重ねていく(見た目に大差はないが)うちに慣れた。
 キャストを見たら小栗旬だった。
 山中の寒村、夢の世界、発達した都市、火山地帯と場面ごとの差が強く、
 登場人物も含めて1作品とは思えないような混ぜっぷりだった。
 キャラデザとモンスターデザインとドッターがばらばらのビデオゲームみたいな。
 伏線のようなものはこれといって回収されなかったり(これは近年の商業作品的感覚だが)
 伝記というタイトルのわりには舞台的にもメタ的にもブドリの顛末をだれもわからなかったり
 話の構成としては古いおとぎ話や、見た者がいない言い伝えのようでもある。
 しかし鑑賞中は楽しめていたし、原作を読んだことがないので読み比べてみたくなった。
 銀河鉄道の夜とまとめて見られたのも良い体験だった。

時間の使い方を誤ったというか、ネットを延々と見ていて無為にした。
間違いなく明日に響く。190420

過去ログ

LSD過去ログ