雑記・2018年10月

11月メニューKG板9月
・ハロウィン
 ケルトのサワーンと同源かと思っていたが原型の一つにすぎず、ローマの祭りなども混ざっている模様。
 また、サワーンは11月1日を新年としてその前夜から祝っていたのが10月末日に繋がっているそうで、
 このあたりはクリスマスイブや大晦日からの年越しに通じるものがある。みな、日の出前から迎えたいのだ。
 お化けやさまようジャックとカボチャ(カブ)のランタンなどは、より夜を想起させるものとなった。
 日本で言えば盆と秋祭りと暮れがいっぺんにきているのだが、日本ではそれらのうち暮れ以外が廃れている上に
 ハロウィンのあいまいな出自をさらに無理解に取り込んでいるので、10月末日に限らず散発的に行われるイメージが強い。
 それ自体は別に知ったことではないが、どうせ身近ではない祭りに乗っかるなら、盆や秋祭りに目を向けてもいいと思う。
 和と和風との越えられない壁のように、古き日本の野暮ったい文化はわりと避けられてしまっていると感じる。

・映画
 it:というわけでさっそく旧版も視聴。
 新版が前後編の前編130分程度、旧版は190分程度。新版を前半のみで数えるにしても
 前後編を両方踏まえるにしても1時間程度の差になる。
 旧では原作に近いストーリー進行で、過去と現代の話の混ぜ方、登場人物の背景描写の仕方がうまい。
 新では時系列順で前半は少年時代のみ、後半で大人時代になるので、流れのわかりやすさがある。
 これらの構成はどちらにも良さがあるので甲乙つけがたい。とくに新版は前半単体で話が成立しているので
 エンドロールのCHAPTER2の文字を無視してしまうこともできる。

 新を見た時も十分なスタンドバイミー臭さを感じたが、旧をみたらそれはなおさらに強くなった。
 リーダーで物書きになるビル、弱いくせにやたら挑発をするリッチー、太ったベン、子供をいじめるヘンリー一味、
 このへんはもう本当にスタンドバイミーそのもの。無駄に男児を裸にしたがったりも。
 新版限定だが、ジョージの死体探しについてもスタンドバイミーのそれだろう。
 旧のほうは時代もあってか、BGMに当時のポップミュージックかなにかが使われているのも近しい。
 それにしても大人ビルの後ろ縛り長髪眼鏡というオタク臭さの表現をアメリカでもやるあたりは驚いた。
 日本の、それもマンガでなら多くありそうな表現。

 新版は原作と流れが違うし、新旧で年代やキャラ設定などいろいろ違っていた。
 ヒロインであるベヴは新では年上すぎで登場人物からいわれのないビッチ扱いを受けていたが、
 旧ではビルたちと同じ年ごろでなかなかのビッチぶりに、新の作中での扱いは
 旧を指してのメタ発言なのではと疑ってしまうほど。
 悪役ヘンリーも年上であるが、旧では年上の理由が軽く触れられていて新よりは自然。
 新旧いずれにしても、年齢の混ざった田舎学校という感じではあり、特に旧では作中で田舎が強調されている。

 仇敵ベニーワイズの棲家である"井戸"周辺環境の差異も面白い。
 新のいかにもな木造ホーンデッドマンションのお化け屋敷ぶりは実によかったが、
 屋内に井戸があるのは説得力が低かった。これは向こうではそうあることなのか?
 まさに昨日書いた共通認識の問題で判断に迷う部分である。
 旧の荒地の建造物は規模の割にあっさりとした使われ方で舞台としてもったいない。
 新ではこれを下水道とお化け屋敷に分割して表したのはうまくやっていると思う。

 新でのペニーワイズとの戦いの物理戦闘ではそんなもんかと思ったが、
 旧ではペニーからの超常的な攻撃や干渉手段は実に恐ろしいものがあるのに、
 作中でも「あいつは弱い。強ければもっと前に僕らは殺されている」みたいな言葉もあり
 実際お前それでいいのかというラスボスらしからぬ倒され方に至るのは残念無念。
 超常的にはペニーは支配地域であるデリーの町の外にまで影響力を及ぼしていたというのに。
 というか少年時代でのあっさりした撃退ぶりと、大人時代で現した正体には情けなさすらある。
 字面だけだとペニーワイズなのかベニズワイなのか混同しかねる名前なのだが、
 実際に映像で見てもベニズワイかなんなのかわからない存在だったのは完全にギャグ。
 旧版はジャンルをホラーに押し込めるには無理があるほど、複合ジャンルすぎて収拾がついていない。
 その点、新(の前半)ではオカルト+ジュブナイルの二点で押し通したのは良い。
 旧終盤は物語的にはなんじゃこりゃなのだが、2010年代の今見る画としてはしかし割と気に入った。

 まだなにかと書き忘れがあるなと思いつつも、だいぶ長くなってしまった。
 これでまた次は原作を読むのだからやれやれだ。
 7年前に屍鬼にハマった時もこんな感じで、アニメ・原作・マンガと続けて読んだのを思い出す。
 それぞれ微妙に異なる設定や結末を楽しんだものだ。
 あの時は原作の小野不由美とマンガの藤崎竜への親しみも強く影響してはいたのだが
 今回もスタンドバイミーのスティーブン・キングだったからこそというところはある。

・ガチャガチャ?
 数日前からアクアシューターズの入手報告をみていたので、
 公式サイトをチラとみたら取り扱い店舗が掲載されていた。
 一部大型ガチャ商品はブラインドボックスパッケージでの併売があるのは知っていたが
 意外な地元店舗でパッケージ版の入荷があることが判明した。
 在庫があるかは不明だが、明日か日曜のどちらかあたりに買いに行ってしまいそう。

周りが思っている以上に実際的な記憶力が低い。
なのでこんな雑記もあとで読み返して役立つことがある。181031

・映画
 it それが見えたら終わり:ボーナス収録の未公開シーンを見た。
 尺の都合か表現の都合かで本編から削られたちょっとした場面集だったが、
 ラビを父にもつスタンリーの演説シーンや、不良ヘンリーに関する描写あたりは
 そのまま本編に入っていたほうがよりドラマチックだったんじゃないかと思う。
 しかしなにより、唯一の別テイクとして冒頭でジョージが襲われないパターンを
 見せられてしまったあとなのでいろいろと台無しである(笑)。
 そういえば、旧作については映画ではなくTVシリーズだそうで。Amazonビデオでも配信中
 できれば明日あたりに見ておきたい。さらに原作本の好評ぶりに興味が沸いたので、
 kindleの試用版でプロローグを読んだあと、図書館で借りることに決めた。
 さらについでに映画のチャプター2(大人編)は来年9月に公開予定だそう。
 すっかりニワカのit漬けの出来上がりだ。
 スティーブンの他の作品も気になるがさすがに止めどないので、人気作だのクロスオーバーだのに
 釣られる気持ちは抑えてここはit止まりにしておこうと思う。読書も楽ではないしね。

・絵本
 ところで、itに影響を与えた作品として三匹のヤギのガラガラドンという童話がある。
 この感想としてえほんログ容赦なさすぎる大やぎ!三びきのやぎのがらがらどんという記事と
 そこで紹介されているチラシの裏以下のなにか3匹のヤギのがらがらどん【感想的な何か】の記事が面白い。
 物語の読み解き方、前提知識や経験の有無、こういったことはメディア問わず諸作品に通じるものがある。
 最近だとTRPGや格闘ゲームの初心者が受けた否定的な雑感の話などが持ち上がっていたが、
 とかく話の土台、共通認識の有無から話の受け方というのはまるで変わることを心に刻んでおきたい。

通販で靴を買おうかと迷っていたが欲しいものほど高くて手が出ず、
予算が目下必要になるだろう温感インナーと毛布に化けた。181030

・映画
 it それが見えたら終わり:有名な冒頭シーン以外、前情報無しで純粋に見られた。
 怪異としてのホラー部分よりも、人間間の問題のほうが怖かった。
 主要人物それぞれがコンプレックスを抱えており、それぞれが問題を引き起こしている。
 ストーリー上必要な設定とはいえ、それらの部分は見ていていい気分ではなかった。
 それを克服していく主人公側と、克服できない悪役側という表現差もあったりするが
 結局やはりそれは人間が怖いというものでもある。
 少年たちの冒険・成長譚という側面を持ちつつも、ジュブナイルと呼ぶには清々しくはない。

 怪異ペニーワイズは案外と聞き分けがいいというか、それなりに話が通じるだけに
 有無を言わさず殺しにかかってくるタイプよりは主人公側はだいぶ状況に余裕があったように思う。
 あれが非人間型だったり理性が無いタイプなら、攻撃以外の足止めがだいぶなくなるだろう。
 また、案外と物理攻撃が効いてしまうのも弱さを感じた。
 もっとも、他にどう立ち向かうんだということでもあるが。

 話の流れや描き方の中にはStand by me / The Bodyに通じるものがあるなと思ったが
 それもそのはず同じ原作者のスティーブン・キングなのだから。
 比較できる既知の作品サンプルは少ないが、大人手前の不良があからさまに
 弱い子供をいじめる構図というのは、アメリカでありがちなことなのか、キングの癖なのか。
 割と悪い言葉や行いが平然と描かれているあたりも、お国柄かキングのせいか。

 2010年代において1989年をうまく描くための小物群はとてもよかった。
 まさかのストリートファイターが専用筐体で実動している場面があるだなんて。
 つい昨日みたドラマ版「今日から俺は」も同じくらいの時代を描くのにマンガ雑誌を用いていたり
 オープニングなどで90年前後を描くことに注力していて、感心が重なった。
 時代はもっと遡るが、未だ触れていない「L.A.ノワール」も小物へのこだわりがありそれも思い出した。

 エンドロール前にチャプター1と銘打たれたが、なるほど原作や旧作では続く大人編があるという。
 比較や年代を感じさせるという点で旧作が見たいとは思っていたが、なるほど話の先を見るということでも
 より旧作を見たい気持ちは高まった。
 よろしくない作品ではあるのだが嫌うほどでもなく、見終えた後も気を引かれる。

・アイカツ
 こいついっつもアイ(ry
 マイニンテンドーでレコチョクのクーポン配布があったので「アイデンティティ」を単曲DL。
 つい昨日、購入を考えつつも踏み切らなかったタイミングなのでちょうど良かった。
 DL版で買いだすとCD盤から手が遠のいてしまうのがやや寂しくはある。

今日遠出出てきたら心地よかったか暑すぎたかという良い日和。
またも内側からくる感じの風邪気味。181029

・アナログゲーム
 出かけたついでに軽めのゲームをやってきた。

 カリスト:以前にも遊んでいるが意外にも写真を撮っていなかった。
 前に遊んだのがもう3年も前だったとはこれまた意外。
 「ブロックス」タイプのゲームだが、当然ルールの違いがあったり、盤面の狭さがあったりして別ゲーム。
 本来はタイルと同じ厚紙でできた外枠を使うのだが、サイズにあそびを設けずに作られているので
 キツすぎて快適なプレイができないのでパネルの上で済ませた。
 ブロックスのほうが逃げ道があったり適度なプレイ時間だったりして良いと思う。
 

 舞星 雅 / Mai-Star:今日唯一の新規プレイのゲーム。「ラブレター」と同じ作者。
 ルールを読み込まずに勢いで始めたが、始めて見たら案外悪くなかった。
 試しに1プレイのあとにやりなおしたら、みんな理解が進んでサクサクとプレイできた。
 1ターンに出来ることがTCGでいえば、マナ・エネルギー基盤を増やすか、クリーチャーを出すかの二択のような感じで
 大きく点数をとろうと評判(基盤)を整えようとしていると、こまめに客(クリーチャー)を並べている人が
 いつの間にかラウンド終了の規定数を満たしてそのまま流れたりして、評判をあげている余裕がない。
 各プレイヤーの基本ステータスとなる芸子カードの能力格差は大きいと感じられ、
 あとは能力と初期手札がうまくかみ合っているか次第で追い越しがたい差がついていく。
 点数を兼ねた妨害系の効果は多くあるが、実際にそれを適切なタイミングで出せるかというと難しい。
 戦略に慣れるにはちゃんとプレイを重ねないといけないが、ルールを覚えるだけなら即席で行けるくらいには手軽だった。
  

 ペンギンパーティ:リンクは日本語版。
 ツイッターで知人が度々遊んでいるのを見て久々にやりたくなった。
 これやノイなどは気軽オブ気軽といった感じで遊べる良ゲー。

・映画
 「it それが見えたら終わり」と「レディ・プレイヤー1」を借りにゲオへ。
 レディプレイヤーは新作で高かったのと、予定外にCDを借りることになって予算がきつくなったので
 今日のところはいったん諦めて引き上げ。
 itはハロウィンタイミングだし安いしで逃さず予定通りに借りてきた。
 明日か明後日当たりに見る事になるだろう。

・アイカツ
 こいついっつもアイカツの事書いてんな。
 アイカツ!の楽曲は完全には把握していないのだけど、アルバム「カレンダーガール」の入手で
 バージョンや歌唱担当といった差異はともかく、手持ちの楽曲としてはおそらく揃ったかと思う。
 とくにSTAR☆ANISによるいちご1年目の曲が不足していたのがまるまる埋まった形に。
 1週間後には11月分のフレンズスカウトへ。フレンズの楽曲も早く増やしていきたい。

食品関係を中心に今月は実に無駄遣いが多い。
今日も節約しようと思っていたのに、おすすめされたヨーグルトを買ったりとひどい。181028

・アイカツ
 当初そのつもりは無かったが、昨日の今日で脚を動かしておくといいと言われたので
 動かしがてらにヨーカドーまで今日から配布のプロモカードの受け取りに行ってきた。
 ヨーカドーに着いたらイベントステージでコスプレのダンスショーをやっていて、
 ラブライブが出てきたのでこれはアイカツも期待できるか?とつい待機視聴。
 プリパラまで現れてここでちぎられるかどうかの分水嶺、くらいに思ったタイミングで
 しっかりといちごとあおいのアイカツ!組も出てきたので満足したのだった。
 見たのは途中からだったが、結局他のパフォーマンスもすっかり見て行ってしまった。
 実際アイドル系の作品が多かったが、こういうダンスショーではアイドル作品は強いと思う。
 作中からのアレンジは必須になるので全く同じ振り付けとはいかないが、
 それでも曲のノリやすさやダンスの親しみやすさが高い。
 しかし非アイドル作品も負けておらず、客席の存在を考えた見せものになっていたり
 派手で見栄えのあるパフォーマンスを含んでいたりして、これはこれで。
 それにしてもここのステージ、今でも度々いろんな公演が行われているが、
 こうマジマジと見たのは実に子供の時以来だと思う。
 地域によっては状況的に入手困難だというプロモカードも無事に受け取れて、
 昨日に続いてアイカツ満足が続いたのであった。

雨の予報だったが、ぎりぎり昨日の終わりから朝まで降った雨も
午後までにはすっかり止んでよい日和になった。
ハロウィンには若干早いが、日本では盆暮れ正月と違って日程がいい加減で、
ちなんだ催しは特にこの土日にあちこちでされるのだろう。181027

・ポタリング
 行けると踏んでいた郵便局3局へ行くとともに、過去への再挑戦や
 新規ルートの開拓、既存ルートの再確認など目標がもろもろ。
 ザグマタも見つけたかったが見つからなかった。
 以下ざっくり箇条書き。あとで細かく書くかは現状不明。

 恐怖!刻まれる出発時刻
 激突!ヤンキー対ホームレス
 利根サイ その傾向と対策
 埼玉大橋に死す
 抗えぬ蠱惑の古河城
 総和はどこだ 4号とバイパス、惑いの迷宮。
 誰が名付けたか十間通り
 道の駅界のショッピングモール、まくらがの古河見参
 樹林に隠された野木病院
 野渡 あるべき姿と秘密のゲート
 疾走リカンベントを追え!
 354号に仕掛けられた罠
 戦慄のキスミー
 忘れられた館林
 セブンが示す道しるべ
 ブランド格差のイガまんじゅう
 オジマ シャイニングパレス

 なんのこっちゃ

・アイカツ
 もともと行程には組んでいたのだが、実際のプレイは予定外の店舗となった。
 前から気になっていたお店で今日も通りかかることになったので試しにと立ち寄った。
 時間がおしてはいるものの、どうせあとでやるつもりのことだしと手を出すと
 たった2クレでルーレットに当選。
 3クレ目では念願のワンダラスパンプキンコーデを揃えることはできたし、
 1・2クレ目の印刷結果も上等だったので総合的に大満足な結果となった。
 時間のなさに加えてこの結果が引き金となり、本来予定していた店ばかりか
 それらの店がある一帯地域へ踏み込むことすらパスするほどの影響となった。

春の渡良瀬遊水地のヨシ焼きの話も結局まとめられていないままなので
イベントではないこちらはなおさら置き去りになりそう。
充実したが、なにをするにも(これを書くにも)時間の足りない1日だった。181026

・アイカツ
 いずれCDを買うつもりで未購入だったBest Friends!楽曲だが、明日の移動のお供にと
 ついにDL版で購入に至ってしまった。すぐに単曲で抜き出せることにあらがえなかった。
 どうせヘビロテをするので価格のもとはあっさりとれることがわかっているので
 ならばもっと早くからこうしていればよかったとも思う。

どうせ余るのだからと昨日引き取った米が売られていった。
残す分量を考えているのか怪しいので売りすぎなんじゃないかとも思うが
それがわかるのは来年である。

明日のために早く寝たいが、そうもいかず。181025

今日は日記らしく、あったことと思ったことをつらつらと。

脱穀した米を受け取るために、大きな農家へと行ってきた。
そこにある昭和の機械や器具たちは現行のものも放置のものも味があって素晴らしい。
こういう時にカメラ機器を持って行っていなかったのは残念だった。
どこかの町工場で作られたようななんらかの機械、操作手順やメンテナンスや注意があって、
簡単なものが盤面などに貼られ、別紙の説明書も用意されている程度には複雑な作り。
そういうものを人が作り出していることがなんだかすごいと思う。
なかにはもうとっくに製造元がなく壊れたら自己修理か廃棄しかないようなものも少なくないだろう。
あるいはメーカーがあっても、仕様書や技術まで残っているとも限らない。
大きな機械には平面上で浮き彫りのように8の字を描いた「スーパエイト」という名前が印象的だった。
どうやらこれは金子農機という会社のもので存続しているようだ。
シリーズブランドも継続しているが、目にしたものは昭和60年の日付が入れられ形状も違ったので
時代に合わせて順当にバージョンアップしているのだろう。

外には使っているのかいないのかあやしいリアカーもあった。
昔、祖父がいたころにはいつも原付や農機にリアカーを付けて畑に出ていたが、
祖父が亡くなって動かし手のいなくなったリアカーは、後を追うように実に短期のうちに朽ちていった。
これは、モノにも魂があって、それが抜けていったのだろうとおもう。
ツクモとまでいわずとも、同じ物品でもある程度使われてから品質の維持が極端に落ちるものと
末永くもつものとの違いもそこらにあるんじゃないかとさえ思う。
できてすぐ壊れるようなものだと、そこまで至らず単に製造精度の問題だとは思うが。

やはり祖父がなくなったあとには使わなくなった分銅量りもまだ使われていて懐かしかった。
社会科や歴史資料館で習うような電化以前の木造機械ばかりでなく、比較的新しいが事実古い、
そういった昭和の道具というものもまた遠くになりつつあると感じた。
たまたま作業小屋にきた若い奥さんは、脱穀された玄米やまだ籾殻のついた米粒を初めて見たと言っていた。
意図的に農村として残された地区であるが、若い人は農業から離れていっている。
様々な道具が、いつまで生きていられるかは道具自体の寿命によるものとは限らない。
これは自宅でも同じことが言えるものがわりとあるので他人事でもない。


夜明け前から午前に雨。
古河行きの決行日候補から外した後のことだが、本来出発の時間にあたる雨だったのと
他家に依存した作業の日になったので候補から外れたことが結果的にちょうど良かった。
しかしその決行日は予定が遅れていてよろしくない。181024

・ブラウザゲーム
 グラブル:コラボ中の目標が一つ片付いた。もうひとつ片づけたら終わり。
 短期集中だから遊べているが、継続して遊ぶには時間も体力も必要なので無理。

TVerの利便性を知ったので、今期は珍しくドラマを複数視聴。
アニメでは今までそうやってきたが、ネットでの見逃し配信は実に便利。181023

・アイカツ
 来月のフレンズスカウトの日程が若干厳しい。
 いつもの店舗とは別に代替店舗も確認してみたが、これまた厳しい。

今週中に渡良瀬遊水地・古河市方面に行きたいところだがはてさて。181022

スプラフェスとグラブルと。
西日を見ながら他にやることもあるだろうと思いつつも。181021

・ブラウザゲーム
 グラブル:コラボイベントとジ・オーダー・グランデ戦だけを延々とやっているつもりだったが
 特に欲してはいないグラブル指南を受けさせられて予定外の育成など。
 年月の経っているネトゲにありがちなことだが、コンテンツが育っていくとやれることが増えすぎて
 後追いではあれもこれもというのが難しくなる。
 なので手をださない選択も増えるのだが、そこに目を向けさせられても困ってしまう。
 MTGのストーリーやプロダクトの話を、ただ遊んでいるだけの友人に振っても食いつきが悪いが
 受け手としてはこういうことなんだろうなー、と身につまされる。
 コンテンツの育ちとして、イベントやストーリーによって都度増えていくテキスト量には
 素直な感服もあったりする。蓄積の結果だとか分業だとかはあるとはいえど
 ライター各位がそれぞれに過去に描かれた話を押さえている必要はあるし、
 週刊のストーリーマンガのようになかなか大変なのではなかろうか。

・Switch
 スプラ2:昨日からハロウィンフェス。
 いつもの24時間から拡大されて二日間というのは記憶していたが、開始日を今日と勘違いしていた。
 グラブルのためにプレイ時間があまり用意できず。
 マッチの合間にグラブればちょうどよいのだが、今日は一人プレイではなかったのも一因。

今月は無駄遣いが多いとわかっていつつも、ふと食べたくなったからとついパン屋に走ってしまう。
なかなかに後が怖い。181020

・ブラウザゲーム
 グラブル:ちょこちょこレイド戦に参加してしまって生活が危うくなるパターン。
 前回のラブライブイベと同じくコラボ期間中だけ、とは思っているが先が長い。
 基本的にストーリーはすっとばしているが、プリキュアイベントの後半はつい見いってしまった。
 レギュラーの敵キャラのポンメルンのデスネェ喋りはなかなか気に入っている。
 あいかわらずいい加減にしかやっていないので、いろいろ知識は足らない。

au損保の自転車保険に加入しようとしたが、auIDのブラウザ認証がうまくいかず断念。
補償やサービス的に良いと思っているが、こう出鼻をくじかれると他も考えてしまう。
雨が半端にちょろちょろ。181019

・郵趣
 イベントで切手を買う夢を見たせいで、ふと珍しい切手が欲しくなった。
 とはいえ夢で見たものは現実にはないものだし、これといった指定は特にはないのだが。
 しいて言えば、第一次国立公園シリーズと言われるものは手元で眺めてみたい。
 切手はTCGとは違って新商品でも既存品でも欲しくなるものが急に増える要素はないし、
 同一品を複数欲しくなる理由も少ないので、今となってはそれほど入手欲はわかない。
 昭和30年以降くらいの、いわゆる切手ブーム以降のものだとほぼ意匠にしか興味が沸かないが、
 20年代以前のものはデザインや技術の低さに当時なりの雰囲気があるので好みである。
 MTGでもアーリーセットの確立されていない印刷デザインが好きだが、こういうところから
 好みの端を発しているのかもしれない。
 安いものや使用済みで充分なので、戦前などの古い切手の福袋などを買いたくもなるが
 切手商の通販にはとんと触れていないのでそういうものに触れる機会もない。
 いまならちょっと探せばネット通販店もあるのだろう。


午後から夕方までに雨が降る前にと急いで作業をしたが
夜になっても雨など降らなかった。181018

・ブラウザゲーム
 グラブル:プリキュアコラボイベントをプレイ中。
 ひたすらレイドボスしばきと、キャラ育成をかねたストーリー進行をする。
 コラボでのイラストはグラブルよりも原作絵に寄せられていて違和感無し。
 逆にもっとグラブル寄りの絵でも見てみたかったが、
 現状は十分いい感じに間をとれていると思う。

 城プロ:こちらはまどマギコラボ中。さやかちゃんにお堀や井戸を施す。

・歯
 下歯の付け根に若干の欠けが出たので不安しかない。

延々とグラブっていようかと思ったが、作業感の強さに続かなかった。
こういう作業が波に乗るときはあるが今日はその日ではなかったようだ。181017

・MTG
 「ラヴニカのギルド」発売後初のショップ訪問とゲームプレイ。
 友人がいくつか高額カードを売りたいというので付き添って金額を確認したが、
 金額に期待していた初代ラヴニカのFoilショックランドには2-3000円しかつかず落胆。
 それでいてお店に並べられていたものはその10倍の売価だった。
 販売利益やリスク分は理解できるが、せめて売価の半値くらいは提示してほしいものだ。

 ゲームは「ドミナリア」3パックシールド、「ラヴニカのギルド」ウインストンドラフト、
 統率戦戦2回、をそれぞれ3人戦で楽しんだ。
 ドミナリアシールドでのトラクソスの暴れっぷりとデッキの完成度には2人がかりで歯が立たず完敗。
 ラヴニカドラフトではまさに鬼!悪魔!な《破滅を囁くもの》をピックしつつも、白緑でデッキ構築。
 対戦者の見事に5マナの揃った《庁舎の歩哨》が厄介だったもののこれを2人がかりで抑えたあと、
 《力の褒賞》などのサポートがうまく通って2人を相手に勝利できた。
 統率1回戦目は中盤までは良い感じに進んでいたが、動きの悪かった相手が終盤になってから
 統率者のニコル・ボーラスで暴れだし、これに対処をすればさらなる対処をされることが繰り返され
 あっという間に21点の統率ダメージで敗北してしまった。
 最後の統率2戦目では2年かそれ以上か前から使いたかった《Mana Vortex》をズアー越しに出すことができ、
 しかもこれが効果抜群で、自分も苦しいながらも2人相手にアドバンテージを取る形になって勝利できた。
 ラヴニカ環境でのスタンダードで遊べなかったのは残念。

日中は若干の脱水気味。10月に入ってからは朝の気温の寒さにもどうにもやられる。181016

昨日の反動でだるかったり眠かったり。181018

・ポタリング
 行きに寄ったコンビニでいい感じの特価品群を発見、荷物になるから帰りにと思ったが
 実際帰りに寄ったら半分ほどがすでに買われていた(笑)。
 午前のうちに某食堂に立ち寄ったら、ちょっとした備品の話で店主から意見を求められて
 そのまましばらく話し込んだ。最近知った地域の話が出てきたり、文字で認識していた地域名を
 音で知ったりだとか、口頭会話ならではの情報を受けられるのは面白い。

 みどり市の要害山と鹿田山を再訪。
 要害山は最初に行ったときは道がわからないことも含めて時間がかかったが
 今回は行程がわかっているのでスイスイといけた。
 時間がないので神社はパスで展望台だけというつもりで向かったのだが、
 その展望台が8月から年末(一部は年度内)までメンテナンス中になっていて
 みどり市を眺めることはあたわなかった。
 だいぶ地理についての理解が深まってきたからこそ見たかったのだが。
 今日だけでなくしばらくは見られないので、眺めを求めるなら他を探すしかない。
 

 鹿田山へは中腹にあるフットパスというトレイル整備がされたところの確認に行ってきた。
 歩いているうちにひとつの山頂を降り過ぎて広場に出た時、そこが以前に自転車で来れる道での
 最高到達点であることに気付いた。山頂に対して道路はいくらか下にあったことがわかった。
 雷電山とも呼ばれる八王子山には雷電様の石祠があるのだが、目の向きが悪かったのか
 案内のあたりを歩いてみたが見当たらずに関係のない道へ行ってしまった。
 他2つの山頂である御嶽山と弥右衛門山へも登り、いい感じにぐるり。
 日和の良さもあって来訪者も結構多く、自然に親しむにもトレーニングをするにも
 実に良い場所なんだと感じられる。お手軽にハイキングや軽登山欲も満たせ、今後も来たくなる。
  
 老人や地元の人の利用も多く、ある程度平たいところにはちらほらベンチもおかれている。
 お弁当を持ってのんびりしていきたくなる。

 今日の行動食はダース・ゴールドキウイとバタキチのタンドリーチキン。
 ダースは行きに買っておいてよかった。やはりチョコはなにかと良い。
 タンドリーチキンは遅い昼食に食べた後、安価なので帰りのエネルギーにと買い足した。
 夏が終わったために水分摂取は少なかったが、わりと汗はかいたのでもっと飲んでおくべきだった。

・アイカツ
 いつものフレンズスカウトへ。
 ついに今回で店舗大会への参加12回目となり、1周年が経ってしまった。
 去年の10月に出先で他のアイカツおじさんに見せてもらったプロモカード1枚に起因して
 ここまでプレイを続ける事になるとは思わなかった。
 今日の参加人数は最大人数ちょうどで抽選無し。これまで抽選落ちがなかったのも幸いだ。
 いつもより早い段階で登録者が多かったので焦ったが、定員割れが続いていたので盛り返しは良い。
 イベントはつつがなく終わったが、イベント前に通常プレイをしておきたかったものの
 先の通り早い時間から来ている人が多く、アイカツマシンが1台しかない店舗でもあるので
 並んで待っている場合でもなく諦めた。
 イベント進行でもそうだが、この店でマシンが2台ないのはなにかともったいなく思う。

・MTG
 これまたいつもの店でパックだけ摘まんでいった。
 毎度なら売れ残ったプロフェシーとその他を買っていくのだが、
 今回はラヴニカのギルドでの新環境でのスタンダードデッキを組みたいがために
 ラブギルのパックのみを購入した。
 おまけにプロモが貰えた上に、パックからはピンポイントで欲しかったカードと
 今回のトップ3にあたる当たりを引ける幸運ぶり。
 これで明日は新しいデッキを組もうと思う。

今日は前日までに考えていた予定とはだいぶ流れが変わったのだが、
とはいえこれはこれで発見や達成感があったので充実感はあった。
また次に繋がる未消化の部分などもあるし、こういう動きは今後も継続することだろう。
帰ってからは疲れて眠かったので、見る予定だったTV番組を見逃す。181014

・ガチャガチャ
 だんごむし:そう遠くないところでの再入荷の一報を受け、早期に売り切れてしまうのを恐れて
 即日で確認に走った。そして見事にゲット!
 
 レアリティとしては白>青>灰だが、なじみがある灰が出たことはまったくがっかりしない。
 実際のベンダー封入もレアリティ比通りな感じで、青は外からも良く見えていたが
 白は台の内側に2個くらい見えた程度。
 これで年末のカラバリ2弾に手を出さずともよくなったが、ミニ冊子には「だんごむし新聞1号」と書かれており、
 つまり2弾では2号になるのだから、このへんもコレクション欲をうまく煽っていると思う。

 好ましい内訳だが予定外の出費だったので、月末のアクアシューターズ予算が融け行くのが厳しい。

XDP-100Rを布団の中でソシャゲ、外仕事で音楽垂れ流しと、いい感じの使い方だった。
やはりポケットにいれるには若干大きいが、あればあるなりに使途が便利。181013

・映画
 ゲオで「It それが見えたら終わり」の新旧どちらでもいいので借りようかと思ったが
 見あたらなくて諦めた。一時的なコーナー移動をしてあるという告知がしてあったので移動先をみたら
 どうやらハロウィンにちなんで一部のオススメホラー映画が特集されているようだった。
 「レディ・プレイヤー1」のレンタルもいつの間にか始まっていたのでそちらも気になったが、
 返却予定を考えたら若干面倒くさい日取りになりそうだったので後にした。遠くないうちに見たい。

・Switch
 NSO:適用。ペイパル決済も初めて使ってみた。
 権利購入のたびに自動継続がオンになるのは悪い仕様だと思う。
 基本オンではなく基本オフであるべきではなかろうか。

 レコチョク:今日から配信開始。
 スイッチを音楽プレイヤーにするには3DSより向いていない気がするのだがにぎやかし。
 スイッチ限定のあいことばキャンペーンに当選してうたコードをゲット。

意外にも一昨日の筋肉痛が来ていない。
が、昨晩窓を開けて寝たのが悪かったのが、風邪気味。181012

遅い種まき。早い年は一月前にやっていたこともあるのに。
午前のうちから雨が降り始め、予報と違って降りやまず。181011

今日はまた無駄に縦長。

・音楽
 youtubeより「ジンギスカン(1979) 歌詞付き」。
 
 ジンギスカンは小学生の頃に体育の目的でダンスの楽曲として馴染みがあったが
 それから間をおいて5年ほど前にDL購入をした。
 オリジナルのダンスや歌詞の和訳がこんなだったなんて今日まで露知らず。
 この歌詞この衣裳このダンス、今でも良いクオリティだと思う。

 やはり小学生のころに菓子屋でいつも流れていたBGMが耳に残りつつも楽曲不明だったが
 こちらは白い恋人だと判明して4年前に手に入れている。
 CDはCDで中古の入手やアルバム収録の楽曲などに思いがけず触れる機会というものがあるが
 配信楽曲ならCDでは手に入れ難いものが出てきたり、検索の結果すぐの入手先が見つかったり
 価格やスペースの問題だけでなしに実に便利である。

・ケータイ
 機種を変える気が全然ないのと、auから度々の案内されるベーシックな機種に魅力を感じないので
 これといって機種カタログなどは見ていなかったので今さらになるのだが、
 TORQUEシリーズを改めて知る機会があったのでこれは気になる。
 ガラケであるTORQUE X01が今は一番の候補だが、こういう特化機種は配布されにくい。
 なんらかの入手の機会があればとは思うが、とりあえずは備忘録として。
 仮にスマホにするにしてもこのシリーズが最有力候補になるだろう。
 メーカーこそ違うが、G'zのようなこの手の機種の魅力は突出している。

・アイカツ
 1週間遅れで4弾スタートダッシュキャンペーンにのっかってきた。
 ルーレットのチャンスがあることも手伝って、ワンダラスパンプキンコーデのために
 「アイデンティティ-ハロウィンver.-」をプレイしすぎた。
 このステージをやりながらさっさと家庭用に移植されないかな、と思っていた。
 該当楽曲はフレンズで一番好きな曲なので予算はさておきパワープレイ自体は苦にならないが、
 目当てのコーデはトップスが出ないし、ルーレットも当たらず終い。
 そして毎度のことだが、帰ってからプレイ予算をCDに回した方が…?という気持ちになる。

・ポタリング
 突発的に金山城へと行ってきた。
 体がなまっているからどうかと思ったが、前回と違ってカメラはないし荷物も少ないし、
 不完全ながら行程は頭に入っているしでだいぶ楽だった。
 呼吸が苦しくはなったが整えられる地点もあり、ハンドリングもしっかり両手でできるし
 足を下ろすことなく駐車場まで登りきれた。
 クロスバイクではないので駐車場から金山城への道は素直に歩き。
 前回よりはまだいくらか明るい時間に行けたが、こうなるとカメラが欲しくなる。
 城跡では不思議と人に懐いた猫が1匹いた。なぜこんなところに、と思ったが
 ここでしっかり生きられる子なら良いのだが。
 前回は通れなかった新田神社参道の石段の封鎖が解かれていたので、脇の板道ではなく
 石段の方をまっすぐ登って参拝した。
 
 最奥の駐車場から南南東、駅やスバル工場方面を見ゆる。

・スパイシーコッコちゃん
 ひさしぶりに。
 運動中に油分はよくないと言われるのだが、やはり自分にとって唐揚げは体力回復に繋がる。

・ガチャガチャ
 THE 道路標識を見て即気になった。
 反射素材を使用!とあるのでプリズム反射材と勝手に勘違いして回してみたのだが、
 実際はアルミシールだったのでがっかり。
 とはいえサイズ感、安価、組み合わせ可能、シールは任意で選択可能と良い部分は多い。

 1/12カプセルステーションVIも気になったが、お金を使いすぎたので自重。

 アクアシューターズ!を待っているが、今月下旬以降予定のようでまだ先。
 単価が高く、アイカツと予算を食い合うことになりそう。
 スパゾン倶楽部とパシャヨメを足したような印象だが、実際はもちろんどちらとも違う。
 ヴィルガスト枠は換装少女な気がする。

・Switch
 スイッチオンライン:ファミコンラインナップ更新。ソフト3本追加。
 どこでも保存ありでのソロモンの鍵はやりたい。
 なんだかんだと無料期間が過ぎてからまだ本登録をしていない。そろそろ、ね。

 アサシンクリードオデッセイ クラウド:無料なのか〜と思っていたら
 無料なのはクライアントのDLと動作確認のためのいわばデモまで。

 ストリートファイター30thコレクション:ぐわーっ、欲しい!
 前々から出ることはわかっていたが、まったく予算の用意をしていないのだった。
 積み立てればいいものを、カードやガチャに注ぎ込んでおしまいだよ!
 仕方がないので当面はまだウル2を続けることになるだろう。人がいなくなるか?

行動中はなんら問題が無かったが、家に帰ってきてからひどい腹痛にさいなまれる。
今日は散財が過ぎた。節制をしなければと思うが忍耐が足らない。181010

・Android
 XDP-100Rは思った以上に電池が切れやすいので通信機器そのものではなくてよかった。
 ファイル操作がやたらと面倒なので、いわゆるルート化なりをする必要があるか?
 削除や移動のファイル操作くらいは自由にできるファイラーがあればいいのだが。
 タブレットよりも高性能ではあるが、ハード的に出来ない事があるので使い分け。
 持ち運びにはこちらを使いたいのだが、やはり地図アプリは求めるものほど対応状況が悪かった。
 当面の間はAndroidにも機器にも探索と慣れが必要だ。

・Switch
 頂いたSDXCを移植。
 SDXC対応のアップデートは通常のアップデートに含まれていると思っていたが
 初めてSDXCカードを挿すまで適用されないようで、今日ようやく対応アップデートが適用された。
 これでスイッチのほうは容量問題は気にしなくてよくなったし、読み込みも早くなっていることだろう。

日は良かったが無為に過ごす。181009

・Android
 レンタルサイトやレンタルBBSのサービスの終了や継続の件に端を発して、
 かつて当サイトBBS他でお世話になっていたすえさんに連絡をとってみたところ
 (といっても、年に2-3度くらいは連絡をとっているが)
 PioneerのXDP-100R-Sを頂けることになり、今日受領した。

 Android5.1世代の機器なので現行モデルからみるとだいぶ型落ちではあるが、
 あくまで音楽プレイヤーであることが第一で、総合的なスペックも低くはなく十分実用的。
 ハイレゾ音源に対応しているのが売りで、このために対応イヤホンと大容量SDXCカードまで頂いた。
 手持ちのタブレットとのAndroidの世代の違いやスペックの高さ、それにSDXCの転送速度と、
 今まで自分が使っている機器より先の世代の技術ばかりで、ステップアップ感が非常に強い。
 前述のとおり型落ちではあるが、とはいえ世間も常に最新を求めているわけでもないので
 いい位置に落ち着いているのだろうと思える。

 まずはAndroid機としてアカウントや設定周り、そしてアプリのDLと動作確認など。
 スマホやタブレットではないのでWi-fi運用のみであること、カメラや振動はないこと、
 画面解像度が1280*800と低く(今基準では)エントリーモデルのPC並みであること、
 そういった点からインストールの可否とは別に用途を成さないアプリがいくつかあった。
 メモリやCPUはタブレよりもずっと上なので、ゲームアプリが安定動作をみせてくれたり、
 3D表示も実用レベルでいける。話題の「カスタムキャスト」も問題無し。
 現状で実際の使用度が高いだろう「国土地理院地図」がエラーで起動できないのが問題だが
 その辺は確認を重ねたり、数ある代替アプリを探るなりして対処したい。
 「MAPS.ME」が地図データのDLを含めて問題なく使用できるので、最低限これで。

 メディアプレイヤーとしては、動画は特にこれといったことはないが、
 アプリと違って解像度には何ら問題がなく普通に使える。
 まだデフォのgoogle photoのアプリ上でしか再生していないので使い勝手も普通。
 快適さを求めるなら別のアプリを探るのも手か。
 音楽は当然そこに特化されているだけあって強みがある。
 ハイレゾの音質の良さはまだよくわからないが、聞き比べをしてからか。宝の持ち腐れ感は否めない。
 楽曲の管理はPCとの連携がとれるので、PCでやったほうが楽だろう。
 操作用の物理ボタンの配置や音量ボリュームのスイッチは良く、このあたりはやはり特化機器なだけある。
 3Dアプリや動画は電力消費と発熱量が大きめなのはネック。

 おそらく割と書こうと思ったことを書けていなかったりはするが
 ともあれ個人的にこのレベルのAndroid機器が手に入ったことは大きい。

・ブラウザゲーム
 XDP-100Rでは、サイズからくる操作面はともかく起動の早さと動作の安定性が良いので
 城プロやアイギスをちょこちょこやるのに結構向いている。
 なーんて思っていたが、PCブラウザ扱いのアイギスはともかく城プロでは
 いわゆる課金石である宝珠の獲得がプラットフォームごとに別になるために
 うっかりゲームプレイによる獲得条件を満たしている時に宝珠の所在がばらけてしまう問題が。
 スタミナ回復に使う程度なら問題はないが、数を集めてガチャを引く目的だと面倒なことになる。
 操作面もスタイラスを使えばいくらか良くなりそうだが、静電式パネルなので太いペンばかり。
 html5版の艦これも試しに動かしてみたが、これも動きは非常によいのだ操作が恐ろしく難しい。

・MTG
 コンビニでの取り扱いがまた始まったが(3度目?4度目?)、取扱店に近くを通ったので
 試しに見ていくかーと思ったが、今月は早くも余裕がないので今日のところは止しておいた。
 モノを前にしてしまうと弱いので、見ないで済むならそれはそれで。

生活リズムが乱れっぱなし。181008

・剪定
 友人宅で素人ながら生垣の剪定を行ってきた。
 伸びた枝葉を落とすのにいっぱいで形を整えることはできないが、伸び放題にならぬように
 半年に1度くらいずつ行っている。今日は台風の影響もなく良い天気でやりやすかった。
 作業中に繊毛がささったような痛みを受け、しばらくしたらその部位がかぶれて膨らんだ。
 1時間もしないうちに収まったが、今までこんなことはなかったので今後は警戒が必要だ。
 毎回厄介な枝分かれを少しずつ切り落としているおかげか、今回は以前よりも刈り易くて
 作業のはかどりは実によかった。

・MTG
 同じく友人宅のパックコレクションの整頓をしてきた。
 意図的に集め始めたのが2010年代に入るくらいからだと思うので抜けも多いが
 しかしパックの絵柄ごとで日英揃えようとしているので見ごたえはあった。
 自分もパックはいくらか集めているが、3-4倍は量が違うのではないだろうか。

 言語別のパックコレクションをする場合に見落としがちになるのが、
 ラヴニカ第二ブロック〜ゼンディカー第二ブロックと思われる範囲での
 英語版の北米版と他国版との違い。
 他国版、まあ日本なので日本販売しか確認できていないのだが、
 日本の販路での連絡先などが印刷またはシール添付されている。
 北米版では該当部分は白い空白に、製造ロットなどがあるかないかといった程度。
 シール版の場合にはきれいにはがせば北米版と変わりが無いと思われる。
 北米版はそのまま北米での販売か、もしくは他言語版が出ていない製品に含まれる
 英語版のパックが該当する。

昼食前に水を飲んだ時にはなんともなかったが、食後によく冷えた水を飲んだら
胃が締まるような痛みがあったが、しばらく休んでいたら治った。181007

・マンガ
 刃牙シリーズ、購入処理済みの分がまだ読めるので「グラップラー刃牙」全巻を読破。
 「範馬刃牙」と「刃牙道」は購入処理をしていなかったのでおあずけだが、内容を覚えているかは別として
 リアルタイムで全て読んでいるのでとりあえずは問題無し。
 グラップラーではジャック対渋川からあとは確実にリアルタイムで読んでいるのだが
 刃牙対海王はどうだったかあやしい。
 それ以前の部分でも、総集編やまとめ企画などで目にして印象強いものとは別に、
 コミックで読んだ覚えはないが、過去にまとめて読んでいるだろう部分があったりして
 なかなか記憶がはっきりしない。
 ともあれ急ぎ気味に読みこそすれども十分に楽しめた。

蒸し暑さがもどっている。
まったく意味のない徹夜をしたので眠く、日暮れで就寝。181006

kindleの刃牙シリーズを急いで読み進めていたが、眼精疲労と腹風邪によるだるさで
ちょっと休むつもりで横になったらそのまま寝てしまって公開期限を過ぎてしまった。
が、どういうわけか期限後も読めたので母親の死まで読めた。181005

・コンビニ
 見切りコーナーのあるコンビニに所用で入店したら、都合よくカップ麺があったので購入。
 カップ麺を安く買うだけであればスーパーやディスカウントストアで好きな味を選んで
 買う方がいいのだが、コンビニでは定番商品ではなく限定商品が見切り品になりやすいため
 味など二の次で当たりハズレを楽しむようについ買いこんでしまう。
 やはり在庫が多いものほどハズレる率も高いが、時には自分の好みの商品が積まれることも。
 今日買った商品も期待はしていなかったが、食べてみたら当たりだった。
 期間限定品なのでほぼ一期一会なのだが、これこそがコンビニ見切りの醍醐味なのだ。
 一方、見切りとは別に買うつもりでいたヤマザキの牛乳入りパンは入荷しておらずに残念。
 変な時間に行ったのだが、バイト一人とその指導のためか本部社員らしき一人という
 変わった取り合わせの店員たちだった。

・飲料
 ザバスミルクにベリーミックスが出ていた。新商品。
 今日のところは不要なのでパスしたが、サイクリング中なら選びたくなる。

・マンガ
 Kindleで刃牙シリーズのほとんどが今日明日限定開放されていたので読み漁る。
 グラップラーだけでいいので読み終えたいが、さすがに40巻は多い。
 1-clickでポチポチしていたら、間違って有料商品もポチポチしてしまって
 キャンセル手続きに手間どるはめになった。
 確認不足はこちらが悪いが、1-clickが強制になっているAmazonの仕様もひどい。お互い様。
 それと別にKindleで指定コミック3冊まで99円で買えるクーポンも手に入ったが
 使途の厳選は刃牙を読み終えるまでおあずけ。予定外の作品に無理に使うつもりもないが、
 期限が1週間と短いし忘れないうちにリストの確認くらいはしておきたい。

プロスペクト理論
 ネットサーフィン中にwikiにいきついてwikiサーフィンというのはままあることだが、
 そんな経由をして知った言葉。
 ここでの実験についてwikipediaに限らず他の説明サイトでも同じようなことが書かれているが、
 なるほどこの手の実験の被験者には過去数度なっていて、見事にあてはまってしまっていた。
 質問2の方に対する回答ではその時その時で揺らぎがあるのと、より深い実験において
 金額や確率の細かな調整が入ってくると一定ではない考えになることも。
 もっとも、それもさらに設問数=母数を増やせば見えてくる傾向はあるだろうし、
 概ねの傾向としては他の人たちに寄って集束した結果になるんだろうとは十分思える。
 設問を受けている最中も実験をされていると感じていたが、こうして名前のついた理論だったとは。

セミはすっかり形を潜めたが、朝顔昼顔はまだ元気。10月中くらいはもつだろう。
すでに夏らしさの失せていた先月でも、セミがいるうちはまだよかった。181004

浅めの腹風邪によるだるさ。181003

・PC
 分解清掃。前回と同程度に軽いかと思っていたが、想像以上にひどかった。
 これは分解して大正解だった。

・メロンちゃんの成長日記
 このところ様子を見ようと思いつつ怠けていたのだが、それが祟った結果となってしまった。
 7月の暑さで早い段階で葉が落ちてしまっていたわけだが、まだ幹は生きていたのだが
 立ち枯れのような姿から家人に処分されてしまった模様。
 せめてその姿だけでも残っていてほしかったが、全く見当たらなくなっていた。
 柚子が実を付けるようになる18年ははるか遠く、2年半弱の命に終わってしまった。
 1年目の夏に暑さにやられてしまった彦やんのことも偲ばれる。
 成るはずのないところから芽吹いた柚子のことは忘れないだろう。

思った事を記述するのはまだ簡単だが、何も感じなかったことを
「何も思わなかった、感じなかった」以上に記述するのは難しい。181002

・ヤフージオシティーズ
 終了のお知らせ。
 昔はお世話になりました。
 実はbook-end/7998とは別に、某ケータイアプリの攻略サイトも持っているのだが、
 今のヤフーIDに紐づいているのは攻略サイトのほうだけで、7998は管理情報が不明になっていた。
 ほうっておけばこのまま消滅するし、はるか昔にサイトデータを手動で消してはいるのだが、
 とはいえなんだかもやっとする。
 なにげにドメインも若干違うし、関連性もどうなっていたっけか。
 攻略サイトのデータはすでに該当アプリがサービス終了しているはずなのでもう不要なのだが
 ケータイアプリという他のどの媒体よりも後世に残りにくいものの残滓として、
 いくばくかの記憶くらいは留めておきたい気持ちがある。
 なんの役にも立たないが、後日アーカイブ的にこちらに持ってくるかもしれない。

・マンガ
 ハッピーシュガーライフ:ゲオがレンタルコミックをやっているのであれば借りようと見てきたが
 残念なことに見当たらなかった。ガンガン系自体が少ない。
 新品のコーナーも確認してみたら1-7巻までと、同作者の別作品があった。
 そちらのほうの購入を迷ったが、前情報がなさすぎ&お金の余裕がなさすぎたので
 今日のところは手を出さずに撤退。
 原作がアニメとは違う展開を見せるのかどうかは気になる。
 そのアニメではOP/EDともに楽曲に入れ込んでしまったところがあって、
 ここのところはなかなかのヘビロテとなっている。

 雑誌:セブンイレブン専売のヒーローズが、最寄りのセブンでの扱いが無くなったっぽい。
 最近はどこもコンビニが雑誌を軽視しはじめて棚の縮小を図っているが、その前段階のように見える。
 もう買い始めて4年も経つが、そのころからただでさえ店舗数の多いセブンイレブンに、
 各店舗で山盛りの入荷をしていたためにどこへいっても在庫潤沢というより売れ残り感が強く、
 まして月刊で最新号と前月号が並んで置かれていることも珍しくなかったので
 店舗押し付けのゴリ押し戦略は客・店ともに印象を悪くする要因に映った。
 紙の質も定価200円も4年前から変わらずにそこは良いところなのだが、ページ数はあからさまに減っていて
 先月は650ページ近くあったものが今号は450ページ超程度に大きく落ちていた。昔は800ページ近かったかと。
 ページ数と紙質を見ると200円はまだ全然安いのだけれど、見た目に非常に薄いので、
 ここにおいても価格据え置きがむしろ悪い印象を与えてしまっている。
 アニメ化作品も割と抱えていたりするし、悪い雑誌ではないのでなんとか盛り返してほしいもの。

・前橋
 そういえば去年は前橋行きを単独ページに送ったのに、今年は日記で済ませていた。
 とはいえ臨江閣以外の写真が少なめなのと、撮影のバリエーションがあまりなかったりブレ気味だったりで
 結局は文字中心になるしで日記の範疇でいいかと思う。

台風一過。この間のように雨の合間に蝉が登場ということもない。
昼間暑めで夜は涼やか。夏の再来と言う人達もいるが、自分にはもう夏ではなくすっかり秋。
ちょうど10月に入ったこともあり、夕方のチャイムの時刻も変わった。
これからまた半年、陽の短さに打ちのめされていく。181001

11月メニューKG板9月
当コンテンツ・ファイルの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。