雑記・2018年8月

メニューKG板7月
・南極
 そういえば昨日上げた南極で思い浮かぶリスト、極地到達を果たした
 アムンゼンとスコットの話を忘れていた。ご安全に!

秋が連続してしまっていて、セミの鳴き声だけがかろうじて夏。
朝にこそどこか出かけたくなるような心地よさがあるが、
夕暮れは心なしかいつもより早くおとずれているようにすら感じてしまう。180819

・アニメ
 宇宙よりも遠い場所:一挙配信の視聴完了。
 良いという評判だけは見ていたがそこまで期待していなかったこともあってか
 実に傑作だと思ったまま見終えることができた。
 朝やゴールデンタイムにも問題なく流せる内容でもあり、南極生活を伝えるという
 教育内容的な部分もとてもよかった。
 南極とはいっても建築物の内部はだいぶ快適そうなのと常時近代化が進んでいて
 思った以上にインフラの整備がされていて驚いた。
 インフラのメンテは隊員自身でやらねばならないだろうし、外の作業などは
 平時でも冷たく時として命がけにすらあって快適さの獲得は容易ではない中で、
 とはいえそれを実際にやってしまっているのだから凄い。
 作品を見る前は南極に行くまでの話だと思っていただけに展開が早いなとは思ったが、
 この南極生活の見せ方に多くの時間を割いたのは正解だと思う。
 船内郵便局の在り方なんかを見て、この労苦の中で押印サービスが実質無料なのは畏れいった。
 砕氷艦しらせのサイズも結構驚いたが、積載量はもちろん破砕方法を考えると大きくもなるか。
 とにかく驚きと感心の連続だった。
 物語としても、ぼっち気質な連中が集まってとはいえ青春・友情ものとしてよく成立している。
 それでいてすぐに百合が想起されるような過剰な触れ合いにならないバランスも良い。
 最近はよくNHKが民放アニメを拾い上げることがあるが、これこそそのラインナップにあるべきだろう。

 個人的には南極で思い浮かぶのはタロジロ、南極料理人、郵便局、そしてヒッチハイクで会った人が
 その当時の次期観測隊として控えていたということ。そしてもちろん白瀬中尉も。
 タロジロ関連は作品が複数あるが、今回はこうしてこれらに「よりもい」が加わることになった。

 この作品ではメインの声優陣もけっこうささるものがあり、
 前々から十分気にはなっていたが、井口裕香の声が特にささっているのだと自覚した。
 ヤマノススメでは「ヒナタ」と呼ぶ側なのが、よりもいでは呼ばれる側なのが可笑しい。
 ヤマノススメのあおいとはキャラ性が180度くらい違うし、あるいは他の作品であれば
 完全にクールな役などもあるが、どれにしても井口声には弱いようだ。

 ともあれ、本当に良い作品だった。
 夏に見られてよかったが、作中は南半球なのでリアルタイム放送どおりに冬のアニメなのである。
 先に書いたように、冬にでもNHKが放送すればいいと思う。

・歯
 少し前から不安があった歯が抜けていた。
 すでに欠けていた歯の残りではあったが、それでもあるとないとでは大きく違う。

・猫
 8月に入る前後くらいから皮膚に異常があったのをようやく医者につれていった。
 去年のまだ小さいころに連れて行った時はサイズはもちろんのこと
 性格が怖いもの無しで楽だったが、今はびびり癖がついてしまっている上で
 暴れる力が大きくなっているのでイヤイヤが大変だった。
 ようやく医者についたとき、駐車場には先客の大型犬が控えており、
 それを見て必死で逃げようと暴れる始末。
 なんとか抑えたあとも院内でも時々わっと逃げようとしており、
 抱えている間も怖さで震えていた。
 皮膚が悪いとはいっても体調には影響がなかったことも、暴れやすい一因。
 かといって具合が悪ければいいというのでは本末転倒だし、
 ケージの用意があるのが一番楽だろうか。

・Switch
 スプラ2:フェス、キノコの山対たけのこの里!
 たけのこで参戦。よりもいと眠気のために夜になってからようやく始めた。

・ブラウザゲーム
 グラブル:いくつか勘違いをしていたので計画が狂ったり。
 コラボイベントのボスにもあいかわらず勝てず。
 どうせ離れるのだし、回復全開で無理やり突破してもいいのだが。
 悪くないとは思うが、今のペースのプレイで毎日継続するのは無理があるので
 やはり10連無料を目途に引き上げる意向が固まる。

すっかり秋。去年の10月に渡良瀬遊水地に行った時とどちらが涼しい(寒い)か。
一日出かけるにはいい頃合いでもあるが、篭っておしまい。180818

・飲料
 トモヱ乳業の100%果汁シリーズに感嘆。
 
 こういう飲料を求めていたんだよ!
 味はいいし販売メーカーは古河市にあるしで親近感も沸く。
 今後は紙パック飲料のコーナーを見る際には注目していきたい。

・ブラウザゲーム
 グラブル:コラボイベントの3つの目標のうちの1つだった称号獲得を達成。
 残る目標はシャインブレードの覚醒完了とイベントクエストの完遂。
 後者は期間中にクリアできるか怪しい。
 追加の目標にスクールバッグの覚醒もあるが、その気になれば達成はできそうだが
 そこまで根詰めてやるかはあやしい。
 コラボと無料10連が終わったらあとは休みたい。

 艦これ:HTML5版の二期開始。
 解像度・画面サイズが現在の主流にあわせて向上。
 ゲームのプレイはしていないので新海域やその他の変更はわからず。
 海域にいたってはそもそも既存海域をクリアできていないし。

・アニメ
 宇宙よりも遠い場所:一挙配信中。
 館林分を補うために視聴してみたが、思っていた以上に楽しめている。
 話の展開の早さに加え一話が濃いのか、序盤のうちからもう数話進んだかなという気になる。
 一話一話の間隔に小エピソードが入っていそうでさえある。
 一挙配信なのでABパートの区分もなければ1週間を待つということもないので
 展開速度はリアルタイムでの視聴のほうがちょうどよい感覚をもてたかもしれない。
 一度にすべてを見てしまうつもりだったが、やることが積もってしまってそうもいかず。

昨晩から続く秋風は心地よくもあり、晩夏ぶりが寂しくもあり。
扇風機いらずどころか、窓を閉めないと寒いほどになった。180817

・飲料
 夜明けの空がきれいだったので外にでたついでに、最近はめっきり買わなくなってしまっていた
 一番近くの自販機のラインナップを確認してみた。
 500mlボトルが140円の頭でいたが、なんといつのまにか160円になってしまっている。
 ダイドーの自販機にはアサヒの飲料が少々置かれており、そちらは自販機限定430mlボトルが140円という
 他社販売品かつ容量を下げて価格も下げたという体の変わり種があった。
 昔はお気に入りの飲料があったことなどから夜な夜な自販機へ行くようなこともあったのだが
 こうなってしまうと滅多には寄り付かなくなってしまう。
 自販機のよいところとして、いつでも冷たい/温かい飲料がすぐに買えることがあり、
 そういうところにコストが乗っているのはわかるのだが。

・アナログゲーム
 いよいよEXITの日が到来!以下プレイ順に。

 フッチカート:4人。ゲームの進行順をちゃんとしないと、行動を飛ばしそうになりがち。
 慣れてくると早いのだが。後半は今っ引きや他人の手札との運次第になるが、
 とはいえやはり1手でも早く上がりに近づく方が有利。

 EXIT 脱出:ザ・ゲーム ファラオの玄室:今日の大本命!
 
 箱(と説明書まで)しか見せられないのが歯がゆい!
 今回のプレイ記録は5人・2時間50分・ヒント5回・☆4クリア。
 参考に最大スコアは60分未満ノーヒントでの☆10で、これは相当なひらめきをもたないと無理だろう。
 時間については得点に影響するのが90分未満までと倍近く差がついてしまっている。
 ヒントはあと1回多く使っていると得点に響き、前回はまさにその1回のために☆2になってしまっている。
 今回もアレやコレをドウコウしてしまうことはもちろんあり、その面では結構思い切りやらせていただいた。
 解析がわからないので他チームに完全に投げた問題もあれば、自分が中心に解けて嬉しい問題もあり、
 分業と適切なタイミングでのヒントの使用は大事だと思う。
 このゲームは多重の意味で「割り切り」がことさらに重要な遊びだろう。
 個人的には次もまた早くやりたいものだが、他のプレイヤーにとっては少々重いという意見も受けた。
 プレイ時間が目安も目安にならず、完全に読めないのが痛手になってしまっている。
 5人以上は人が集まるような場であれば、ぜひ一度はやってみてほしいとは思う。

 3Dブロックス:プレイヤー違いで4人戦を2回。
 初プレイの人らには評判がよかったのだが、選択枠次第では早期に誰か一人を
 ハメ殺しやすい事が問題視された。結託なんてもってのほか!

 アイスクラッシュゲーム:4人。自分からはじめて、1つ砕いて隣のプレイヤーに回したら
 リバースで番が返ってきた。また砕いて次のプレイヤーに回すと、またリバース。ow...
 そこからさらにリバースときてなんとか処理をしたあと、次のプレイヤーはスキップを引き、
 3番手がようやくの砕きを実行すると、その一撃で氷山は崩壊。
 まるで4人戦をしている気分ではなかった。
 第2ゲームを始めようとするも、ゆるゆるのコマに誰も開始状況を作り上げることができず、
 残念ながら我々の氷砕きはそこで終わってしまった。
 
 こちらの動画がこのゲームを知ったきっかけ。  発売元がいくつかあるようだが、こちらで遊んでいるものと同じ製品を使っているようだ。

 日本の城:4人。初プレイの二人は不服ながらも付き合ってくれた(笑)。
 
 結構いい形状と高さだと思ったのだが、2017年8月13日の方がはるかに上。
 丸1年前だったのか……さらに今回はガメン(障子/screen)の使い方を誤っているかもしれない。
 ネタとしても遊びとしても面白いが(それも賛否両論か)、ゲームなのか?といわれるのはいかんともしがたい。

 コブラ・パーティ:紹介だけ受けて未プレイ。
 
 つまりはコブラの台詞でやるカルタである。足らない言葉は武一先生が新規に用意。
 まさかのツイッターアカウントが用意されている。

・お盆
 近年は毎年、盆棚の写真を撮りたくなるのだがつい控えたまま終わりを迎えてしまう。
 撮るのが失礼な気もするが、記念的に撮っておくべき気はするのだ。

午後から雨の中送り盆を終え、その後迎えを貰ってゲームやら。
今の時代はみんなお盆時期の過ごし方が異なることを改めて感じる。
雨上がりの夜風にはいつかの渡良瀬遊水地の夜を思い出す。180816

・ブラウザゲーム
 グラブル:グラブル日記。
 コラボ期間中の個人的目標をもってしまったのが不味いとわかっていながら
 そこに邁進してしまう負け戦(終戦記念日にいうことか)。
 だらだらやるよりは各種ブーストを有効化して期限を決めて割り切って遊ぶのがいいのだが
 しかしついついだらだらと隙間時間にやってしまう。
 ストーリーはだいぶ先までAP無しの仕様なのは良いが、ブラゲの宿命であるスタミナ制の呪いに苦しむ。
 この手のゲームはハマるハマらないの落差は割と大きいとみられ、お金のある人はガチャにまでハマってしまい、
 中毒性や内訳をみるにバーチャル飲む打つ買うとはいったものだ。
 ここ数日書いていることも、中毒患者が繰り返すたわごとめいている自覚すらある。

 艦これ:グラブルや御城など、近年続いているブラゲはグラフィック量に対して
 テキスト量がだいぶ膨大なことになっていて、キャラ性もそこに載せて作り上げられている。
 こうして思うと、艦これはやはりわずかなイラストに、少しの台詞を中心にキャラ性が展開していて
 その他ゲーム的な都合から見えるユニットとしての特徴が性格や設定に盛り込まれるように
 二次創作が広まっての公式非公式のキャラ性の確立となっていっていたが、
 それ自体はなかなかの驚異だったと評価できる。
 艦これの後追いでは同程度の展開量では追いつけず、テキスト量やゲーム性で差別化を謳うゲームが
 出世していることを見るにこのパーツ量で無しえた人気の唯一無二感が高まるのだ。
 そして今日からはHTML5対応の第二期へ向けてシステムの近代化改修へ。

朝の4時ではまだ暗く、夜の7時ではもう暗い。
もう日照時間は減るばかりだが、今が一番夏としていい時期なのかもしれない。180815

・サイト
 昨日今日とindex.htmlの更新が反映されないと思ったら、作業ファイル名を変えて保存していたせいだった。
 ときどきあるうっかり。変な上書き保存とかでなかったのは救い。

・ブラウザゲーム
 グラブル:まさにブラウザゲーだと感じた。
 ページを開いて開始するにはどっぷり読み込みはなくスムーズだし、
 ゲームの途中でもリロードはできるし、ブラウザバックなどもある。

 他にいくつかの勘違いをしていた点も判明したりして、これはなかなかに
 悪魔のゲームなんだなとも思った。
 数字の上り方こそ緩慢ではあるが、上げ方を知ってしまえばそうしたくもなるし
 AP・BPの回復速度の速さと上限設定の都合でちょこちょこプレイしたくもなってしまう。
 原作を知らないくせに、ラブライブコラボの後半戦が始まったことも
 ついつい手を出してしまう一因になってしまっている。
 PC版ではゲームの脇に表示されるマンガが、ゆうに1100話を超えているあたりにも
 このゲームの時間の歩みを感じさせるものがあり、そのへんは逆に尻込みをする。
 ほんの数日前のことではあるが、ゲームシステムを理解せずにただポチポチしているほうが
 もしかしたら幸せだったのかもしれない。
 あるいは、まだwikiや質問に向かっていないだけマシなのだろうか?

 ニワカとはいえグラブルに対して理解をもってしまった今となっては
 「FGO」も周囲のハマりっぷりを見るに悪魔のゲームなんだろうなと思える。

・MTG
 伍堂が悪いことをした。
 有名な《多勢の兜》との無限コンボもだが、それとは別に装備品を3つも付けて
 誰も対処できずに暴れまわっていたり。
 しかしまさかキオーラにとめられようとは思いもしなかった。
 あるいは別のデッキで、モーギスと《せっかち》を並べるのも面白かった。
 《吹き荒れる潜在能力》のカオスっぷりは個人的に、そして多人数戦においてはとくに好み。
 他の色のデッキもやったが、赤が際立っていい動きを見せた。

お盆の中日。すでにお盆の帰省ラッシュが始まっていると聞いて、お盆とはいったいという気持ちに。
そもそも、お盆が7月の地域ですらお盆休みは8月とかいう意味のわからないこともあるので
このことについてはいちいち考えない方がいいのだろう。180814

・お盆
 恒例の迎え盆。
 子供のころのお盆を維持できていないことは申し訳なく思う。
 話には聞いていたがお寺が若干改修されていた。

・怪談
 納涼にお盆という時期柄もあって夏はこの手の話が隆盛。
 それはいいのだが、安易にお盆に話を結び付けられるのは快く思っていない。
 日本仏教的にいえばお盆だろうが霊はあの世にいるし、ましてや100年単位ですらぬるいような
 長い時間の中を向こうで過ごすことになる。
 神道や土着信仰的な祖霊との交感の日であるなら、彼らは向かうべきところへ向かうだろう。
 関係ない人の前にはみだりにあらわれないし、事故現場だとか、行き先を失ったり間違ったりして
 さまよっているというならそんなのはお盆に関係なくさまよい続けているだろう。
 建て替えや造成の激しい地域なら日頃から溢れかえってさえいそうである。
 などと、怖い話好きではありながらも結構否定的に考えることが多い。
 迎え盆をした家でその間に限ってたわいのない怪異がおこるとか、そういうのくらいでいい。
 道端や山奥にあるような古いお堂や地蔵などを怖いという人もいるが、そういうのも怖いものではなく
 畏れはしても恐れる対象ではない。

・ブラウザゲーム
 グラブル:溢れ出るAPとBPの消化と、コラボイベントのアイテムを狙ってみようと
 ちょっとのつもりでやってみたが、これがなかなか終わらずに延々と続いた。
 最終的にAPもBPも尽きたが、そうなるころにはふいにしたBPがもったいないとか思ってしまったり。
 コラボの残り期間的に関連アイテムを取り切るのは不可能だし、もともとメインゲームにする
 予定ではないのであまり入れ込まないように注意したい。
 ストーリーモードも進めてみようとしたが、スキップをしても先が長すぎてめげた。
 本来が毎日ゆっくり進めかつ年単位で稼働しているゲームだから、急いで遊ぶものではないのだ。
 他プレイヤーがもつ以前のコラボキャラなどはちょっとうらやましかったりはした。

お寺では毎年、昭和22年の航空写真を見るのだけど、そのたびに現況や至る変遷を思い浮かべる。
変わりゆく場所や、古地図などの知識が増えていくので、見方にも影響する。180813

・Switch
 タイニーメタル:少し前から半年以上ぶりに起動していて今日クリア。
 発売前から「ファミコンウォーズの再来!」的な扱いを受けまくっていたせいで
 つまりファミコンウォーズとして買ってプレイしたら違うゲームだったわけで
 そこでがっかりしたのと、3Dのマップ画面の視認性の悪さのために、
 シナリオを半分くらいやったところで放置したきりになっていた。
 ファミコンウォーズを引き合いに出すのがそもそもの間違いで、
 単独の戦略SLGとして見れば十分に遊べる作品だった。
 広報にしてもメディアにしても、そこを勘違いして盛っていたのは実に失策。

 ゲーム的には合流の概念がないことと、航空機の回復専用拠点がないことがネックだった。
 兵站の概念がないのも戦略ゲームとしては惜しいが、こちらは無ければないで
 そういうゲームバランスとしてやれるのでそこまで評価は落ちない。
 合流に関してはユニット数の上限が無い(もしくははるかに高い?)のが救いではあるが
 合流を前提としたファミコンウォーズの占領システムをそのまま採用してしまっているので
 これが戦略上の失敗を呼ぶこともある。
 視認性の悪さや確認できる情報の不足などは最後まで影響した。とにかくUIはいまいち。
 制作スタッフの中核が日本人の割には、ゲーム内の用語や諸情報などにおいて
 英語優先になってしまっているあたりも残念である。

 このゲームならではの良システムとしては、敵1部隊を複数部隊で連携攻撃できるロックオン、
 敵部隊を強制的に動かせる突撃、レーダーとの合わせ技で視認できない敵もとりあえず攻撃可、
 前線などに直接置けるヒーローユニットといったところか。
 ロックオンについては命令の取り消しができないので対象を取り間違えたりすると台無しだが
 非常に強力で利用しがいがあるシステムになっている。
 突撃はデメリットもあるので使いどころが限られるが、敵の配置に干渉できるというのは便利。
 とりあえずシナリオモードをクリアしたが、ゲームバランスが違うニューゲームがはじまったことと
 単体のマップを任意の順で遊べるスカーミッシュがあるので、これからもまだまだ十分に遊べる。
 (スカーミッシュというモード名も、日本人スタッフに仕事してほしかった部分だったり)

 ただ遊ぶだけなら、一番セール頻度・割合が高いSteam版がオススメ(すでに一度半額セール済み)。
 実績はSteam版とPS4版で共通だろうか。Switch版はケータイモードで遊べることが最大にして唯一の利点。
 唯一とはいったが、SMACH ZがあればSteam版も同じことだろうか?
 それはそれとして、ファミコンウォーズDS2をベースにした新作が欲しいものである。
 大戦略……?う〜ん……。

長い。その気になればさらに長文にはできるが、短くするのが難しい。
盆棚の用意。位牌から読み取れる家系が気になる。180812

・告知
 去る8月7日より、忍者ホームページ各位において暗号化対応がなされました。
 当サイトも以後はhttps://halwar.futene.net/からのアクセスで暗号化ページが開きます。

・ブラウザゲーム
 グランブルーファンタジー:お中元リアルガチャをやってみたくなってしまったので
 DMMアカウントでそのまま遊べるしとゲーム開始。
 ガチャが引けるのはもう今日と明日しかないが、今日のところはゲーム内アイテムの当選に終わった。
 ラブライブコラボ中でもあり、コラボキャラくらいとっておくかと思って
 そのままゲームを進めていたが、通信エラーの多さにめげて途中で終了した。
 シナリオのスキップ時選択時にはあらすじが出るとともにシナリオに戻るかスキップするか
 再確認がされたり、初心者向けのチュートリアル動画や解説が別枠に表示できたりと
 後発にも優しい仕様が随所にみられるあたりは流石と感じた。
 本腰を入れてやることはないが、今後も折を見てログインをすることにはなるだろう。

・動画
 vtuberの電脳少女シロの生誕祭ということで、誕生日である翌日にまたいでの
 生放送イベントがあったので視聴していた。
 VRな上にAR動画で2次元と3次元の融合ぶりに拍車がかかる。
 この誕生日が知人と同じなので無駄に頭に入ってしまう。
 シロ組と呼ばれる熱心なファンたちには相当及ばないが、とはいえvtuberの隆盛の体現は
 なかなかに興味を引くものがあり、ついつい見入ってしまった。

暑いんだか涼しいんだかはっきりしないせず、感じる暑さ以上に汗をかいている。
東京など南のほうでは雨がひどかったようだが、こちらは出かけるにもよさそうな日和だった。180811

歯の具合が悪い気がする。
昼晴天、夜に断続的な雷雨。180810

・アイカツ
 プロモの回収込みで3弾スタートダッシュキャンペーンを引っ掛けに行ってきた。
 ルーレットは気にせずに予算と時間の範囲でちょっと遊んで帰ろうと思って始めたら
 あっさりとルーレット当選。物欲センサーの逆パターンか。
 プロモもまだ在庫があったので(通常はこちらのほうが多く残るものだが)
 どちらも無事に受け取れて満足。
 帰ってすぐにハニーキャットの甘い話でまた満足なアイカツ充な日となった。
 そろそろフレンズの楽曲も欲しいところだが、CDで手に入れようかDL版で買おうか迷う。

・コンビニ
 いよいよ終わりの迫るセーブオンに寄っていこうと思っていたが
 今日の動線上にセーブオンが1件もなかった。
 あると踏んでいた店舗も、そういえば年初に外食店に化けていたことを失念していた。
 周辺地域は南方がセブンの完全な支配下にあり、北はミニストップとローソンで二分、
 今回の動線から外れたさらに北でようやくセーブオンが並ぶようだ。
 結局、本来の帰り道からは外れ、確実にあるセーブオンまで走ることとなった。
 セーブオンではあれこれに加えて個人的に恒例となっているチキンを購入した。
 チキンはからあげ君の支配によってローソン転換では確実に消滅するだろうが、
 できることならセーブオン特有の揚げ餅には転換後にも販売継続してほしいものだ。

昨日もだまされたが、今日も台風どころかその影響すら全くなかった。
夜には綺麗な星空。今日は山の稜線も綺麗で、台風一過だけを切り抜きで味わった気分。180809

最近は夏場ということも若干影響してホラー映画を見たいと思っていて、
具体的には「シャイニング」と「IT」(新旧)。
そこに加えてたまたまネタ動画でちょっと戦争モノの映画の断片をみたら
まだ見たことがない欧米の戦争映画も見たくなってしまった。
ついでに横山光輝のマンガ「マーズ」も見て見たくなったりして、
触れたいメディア作品がちらほら出てきているが全く消化する気配にない。
そういえば見たい映画リストもあったりしたが、見ようがなくて見れないものはともかく、
その気になれば見れるのに見ようとしていない作品がつらつらと挙げられていて
そこまででもないのかな、なんて思いなおしたりもする。

台風影響があるだろうとおとなしくしていたが昼に少し雨が降った程度で、
タイミング的には今日はさっさと出かけておくべきだった。
空を見ても、夜でもわかりやすい切れ目もある薄曇りで本降りになる気配がない。
TVやツイッターではさんざん危険が煽られていて、温度差を感じる。180808

・フィギュア
 すっごくいまさらながら、FAGとメガミデバイスの店頭売りを初めて見た。
 いつもネット越しでしか見ていなかったので、実際のパッケージや箱のサイズは
 思っていたのとは少し違っていた。
 FAGもメガミデバイスも1つくらいは手にしたいのだが、そう思いながら
 けっこう時間が経ってしまっている。

そろそろアイカツのプロモの回収に行きたいところだがタイミングが合わない。
今週は台風影響で、涼やかながらも天候が悪くて向かえそうにない。
報道とは裏腹に猛暑感はすでになく、このまま盆に突入してしまいそう。180807

・コンビニ
 群馬県内に残っていたセーブオン各店が、8月31日の朝をもって全店閉店という報が出た。
 年内閉店が決まっていたとはいえまだまだと思っていたのは甘い見通しだった。
 セーブオンにはいろいろと思うことがあるので、いままでもそうだったように
 このあともほとんど同じことについて度々触れるだろうと予言しておく。

ツクツクは一昨日鳴いただけで昨日今日と聞いていない。
今日は涼しく、夜に雨が降ったあとはまたも秋。180806

・アイス
 
 ウェルシアでセイコーマートのアイスが買えるという話を聞いていたので
 ウェルシアに寄ったついでに確認して1つ買ってみた。
 もなかとソフトがあって、どちらも税抜き170円くらい。
 価格相応においしいのだけれど、やはり自分にとっては高い。

・アナログゲーム
 EXITができる日だろうかとおもったがそんなことはなかった。

 ドッグカード:新規で3人プレイ。
 ルールは簡単なほうだが、3人だけでもとにかく場を広く使うのが大変だった。
 今回はルールは不正確にお試し程度。
 
 犬をモチーフにしているというわけでもなく、犬が見受けられるのは
 14番のカードと、カード裏面の足型のみ。
 カードにわかりにくさなどがないのはいいが、どうせなら数字毎に違う犬の絵にするなど
 もっと凝ってもよかったのではなかろうか。

 Miraris:新規で4人プレイ。
 Blade Rondoと同じDOMINA GAMES製。
 
 カードの種類が、お金・点数・キャラクターと3種だけで簡素で、ルールも覚えやすくとっつきは良い。
 一見どこかで見たようなルールでありつつも、しっかりオリジナル。
 短時間でサクっと終わるので、隙間の時間つぶし用といったところか。

 あやつり人形シタデル:年単位で久しぶりのプレイ。5人にて。
 以前にやっていたのはドイツ語版だったので、英語版のカードは若干新鮮味があるのだが
 日本語テキストのシールをはってしまっているので若干台無し。
 翻訳付きスリーブというものがあったのはドミニオンだったか操り人形だったか。
 わりと序盤のうちからボロボロになってしまったので、他者へのサポートと場の干渉を狙ってみたが
 ゲームの性質もあって、サポートしたつもりが相手に伝わっていなかったり、
 プレイ順の問題にひっかかったりして、意図的なサポートも容易ではないことを知る。
 (ただし口頭では直接の情報は与えていない。)
 だいぶ違うゲームではあるが、このちぐはぐなやり取りにトランプゲームの「ナポレオン」を思い出した。

 鋼鉄と火薬:4人プレイ。可もなく不可もなく。

 イノベーション:エコーズ:エコーズは初プレイ。4人。
 何をしても大きな動きがあって面白いし、基本ルールこそはそこまで複雑ではないのだが、
 各カードによってもたらされる効果が、テンプレート文をもってしてなお複雑で理解に時間がかかる。
 TCG的な難しさをもっているゲームだと思う。

気温はそこそこでも蒸していたために湿疹がでてつらい。
最接近から離れていく火星の光が若干弱くなっているように見える。180805

ツクツクが朝から鳴きだしたというだけで晩夏感がある。
日中もこの頃の晴れにしてはずいぶんと涼しいほうだと思っていたが
体からは汗が出ていたので体感とは別にやはり暑いものは暑いらしい。
とにかく蒸していない、微風があるというのは助かる。

今日を軸に近郊各地では重なってお祭りや花火。
毎年のことのはずだが、今年はいままで目を向けていなかった地域の情報も
入ってくるようになったのでことさらに重なって見えたのだろう。180804

・Switch
 スプラ2:新武器が4種追加。すべて既存の武器種だが、バケツのオーバーフロッシャーは
 いままでにない特殊弾になっていてだいぶ新しさを感じた。
 インクを撒くスロッシャー系とは異なって複数の泡を投げ出す。
 この泡が跳ねてそれなりに距離が稼げるうえに散らばるので
 逃げた敵に案外と当たったりする。SPのアメフラシともあいまって、
 敵に小さな被弾を重ねて体力を削り倒す構成。
 もちろん、正面であれば直接当てにいくこともできるが、着弾速度は難点。
 自分で使うと楽しく、味方も使っていると愉快で、敵に使われるとうっとうしい。
 スピナー系のノーチラス47も武器種に合わない特殊性能だが、追加武器の多くは
 既存のメイン・サブ・SPの組み合わせを変えただけのパターンが多い中で、
 はっきりと新しさを感じられる武器が与えられるのは嬉しい。

・ブラウザゲーム
 アイギス:恋姫コラボの個人的目標達成。
 あいかわらずめちゃくちゃな難易度なので完全クリアは無理すぎて
 そこはきっぱり諦められるともいう。

まだ暑い日は続くし、お盆前なのでいつぶりかえすともわからないが、
現状では台風12号の前が暑さのピークで、楽になってきていると感じる。
個人的にはとにかく気温よりも湿度が問題だ。180803

・PC
 少し前にキーボードの清掃をしたのだが、その際にキーの外し方が悪かったようで
 一部のキーのツメなどがダメージを受けて浮いてしまっている。
 見た目に少し不揃いな感じがするのはスルーできるのだが、
 いくつかのキーは押すのに若干支障がある。

・飲料
 がぶ飲みレモンクリームソーダ:いわゆるレモン牛乳の関東レモンのソーダ版。
 まさかまたもレモン牛乳にあえるとは。
 甘味料アセスルファムカリウムの味が目立ってしまうことと酸味料が入っているのが残念で
 これらによってレモン牛乳の再現は出来損なってしまっている。
 がぶ飲みならでのコスパと炭酸という部分については評価できる。
 こうしてみると本来のレモン牛乳の若干の割高感も、安易なコスト削減に走らない
 旧来の材料のままであるがゆえなんじゃないかとさえ思えてくる。

 ポップメロンソーダ:120円販売の自販機で買っていこうと寄ってみたら
 なんとさらに安くなって110円で販売されていた。
 ましてこの真夏、需要が高そうな時期にこそで嬉しい。

・アイカツ
 アニメが新弾の販促として十二分の内容になっていた。
 新キャラのさくやが、旧シリーズのゴスロリ担当二名とはまた違うキャラが立っている。
 先行公開のビジュアルと実際のキャラ性とのギャップはアイカツではありがちなのだが
 うまいこと予想を外してくるのは良い。

昨晩はあわや熱帯夜になるかと思わせて涼しい夜だったが、
今日は夜になっても蒸している。とはいえこれも熱帯夜ではない。180802

・コンビニ
 涼しい時間の早朝ポタリングにとコンビニのはしごをしてきた。
 サンクスのファミマ化が進んでいる話を思い出して、通りがかりのサンクスを確認してみたら、
 ファミマへの転換どころかつい最近に閉店をしてしまっていた。
 国道沿いで需要はあったと思うが、個人的には行きにくい場所だったので
 最近はめっきり行くことがなくなっていた。
 記憶に強いのは2002年の夏コイBE@R BRICKでカルピスウォーターを買い漁ったことと、
 2013年ごろのガルパンフェアで限定バーガーを買ったりしたこと。
 どちらもだいぶ前のことで、店舗が長く続いていたことを伺い知れる。

 その後予定通りのコンビニのはしごをし、最後の1件に寄ろうと思った店舗のハコが見当たらない。
 近づくにつれ、あるはずのハコがないことがハッキリした。
 どうやら4月には閉店していたらしい。3月に行ったときには全然そんな素振りがなく、
 まして更地になっているとは驚いたし、ここの店はとくに残念に思う。
 主要国道のバイパスが2本も通っているために住民規模にそぐわない店舗数の地域だが
 この2年ばかりでコンビニが増え、そしてまた減ってしまった。最盛期が恋しくもなる。
 市街地のほうでもつい2-3日前に1件閉店したようだが、そちらは短命に終わった。

・飲料
 いろはすココナッツ&ヨーグルト:たまたま見かけて買ってみた。
 味は杏仁豆腐あるいは炭酸抜きドクペといった感じで、ヨーグルト感はいくぶんあるものの
 ココナッツ感は感じられなかった。おそらくドクペと思ったその味がそうなのだろう。
 炭酸がある分ドクペのほうが好きだが、この味も嫌いではない。しかしフレーバーウォーターとしては若干高い。
 公式サイトを見ていろはすの新商品にはバナナミルクもあることを知った。

・食玩
 そういえばアイフレグミ新弾の発売日らしいが、新弾はおろかいままでのアイカツグミについても
 実店舗で販売しているのを1度も見たことがない。
 同類ではプリパラのグミしか見た事がなく、プリチャンもまだ見ていない。
 その割に怖い話ガムだのウェハース系だのはよく見かける。

 創動 仮面ライダービルド アクションガーディアンズというシリーズの
 アーマータイプ・アクションボディセットというのが単体で値下げで置かれていたので
 この間の食玩欲を埋めるべく摘まんでみた。
 どうやら別売りのパーツセットも買って組合わせることで完成する商品のようだが、
 ボディとしては欠けているわけではないのでそこまで悪くない。
 18か所可動で肩と腿にロール軸が入っているあたりはなかなかの出来だと思うが、
 可動箇所の作りは価格なりといったところ。
 アソートの内訳はわからないが、こうしてボディだけあまっていたということは
 アーマーセットだけが買われているわけで、先の購入者がどういうつもりだったのか気になる。

昨日よりも暑いように思う。陽射しや気温よりも蒸し暑さが際立って夜まで暑い。
湿疹がぶりかえしてくるとつらさが暑いだけに留まらなくなるので困る。180801

メニューKG板7月
当コンテンツ・ファイルの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。