雑記・2018年8月

9月メニューKG板7月
・コンビニ
 ついに来た、セーブオン全店閉店。
 
 写真は締めに寄った一番身近だった店舗。

 朝7時閉店という早さだが、それを見越して早朝に出かけて最後のセーブオン巡りをしてきた。
 4-7店舗を巡るつもりで5店舗を回ることができた。
 1店舗は遠くにあったが、毎年9月に寄っていた店舗だったのでそこだけ無理をして他2店を切った。
 だいたいどこも品物は限られ、お酒、文具、食玩、整髪料、ケータイ用品、ドレッシングあたりが
 共通して残っている感じだった。
 最初に寄った店は初見にしていきなりすでに閉店していた。売る物も尽きたのか7時を待たずである。
 最後に寄った一番の利用店では、まだ食品類の半額商品もちらほらあったり、
 驚くべきは日販品の入荷も続いていてパンや蕎麦などが最後まで売り続けられていた。
 エブリカフェも2店舗でコーヒーに限り在庫があるまま終わりに。
 さすがに5日前にみた最後のフラッペはこの暑さの中で残るわけもなかった。
 タイミングの悪さがあったが、フラッペを食べず仕舞いになったのは心残りである。
 遠すぎて行けなかったが、明和町の上江黒東店や赤城山麓の富士見小暮店なども
 来店回数こそ少ないものの位置的に重宝するお店だったので残念でならない。

 セーブオンの特徴を活かした店舗を展開 伊勢崎緑町店では、「焼きまんじゅう」を販売
 伊勢崎緑町店では、「焼きまんじゅう」を販売
 という報が昨日上がっていた。
 ローソン転換後もこうして群馬のセーブオンらしい商品が残ること、そして多少の変化を迎えつつも
 セーブオンのロゴが残ることは小さな喜びでもある。

 多分、もっといろいろと思うことや書き忘れたことがあるだろうけれど、
 そういうのは思い出すことがあればその時また。
 なにはともあれ「ありがとう、セーブオン」。

・radiko
 ふと、FM群馬がradiko対応していることを知った。
 一覧にはないのでタイムフリー限定なのか?と思いきや、どうやらリージョン外だった模様。
 実際にラジオアンテナでどの放送局を拾えるかではなく、単純にIPと同じ都道府県内に送信所が
 あるかどうかのみを見ていると思われる。県境住まいだともやっとするものはあるが、
 実際にどの局を拾えるかなんて個々で違うわけだしそのへんの一律判断は仕方ない。
 有料会員のプレミアムであれば当然エリアフリーになるのでIPは関係なくなる。

・漫画
 プニプニとサラサラ:塩野干支郎次の作品。
 ツイッターで無関係なタグ(#セーブオン)を付けられていたためにたまたま目にしたのだが
 塩野氏の名前になつかしさを、絵柄も好みなので電子版を探してそのまま買ってしまった。
 どうやらつい昨日配信開始されたばかりだったようだ。
 中身の確認もせずに買ったが、長いサブタイトルや最近の血小板ちゃんの流行から医療系かと
 思ったりもしたが、その実は模型製作マンガだった。実用的なノウハウが散りばめられている。
 模型部分以外は棚ぼたハーレム系ではあるが、嫌悪感もなく楽しめた。
 タイトルは接着剤の分類のオノマトペと、女子の柔肌としなやかな髪の掛詞。
 まずは一巻ということで続刊するようなのでまたいずれチェック。

ゲーム
 「超」怖い話DS:8月のうちに終わりませんでした。
 怖いゲーム好きというわりには進みが悪いし、他に怖ゲーを増やしてもいない。
 8月は眠いことが多かったから仕方がないねと言い訳。
 今年はやっていないが、PCEの百物語をやる年もたいていは9月に突入してしまう。
 読むだけなのでその気なら一日でも終わる内容だが、ちびちびやるならちびちびなりに
 毎日着実にすすめないといけない。

今日のBGMは恒例のメーウ「お別れ囃子」に、ReoNa「SWEET HURT」。
SWEET HURTを聞いていると「Walkの約束」も頭に流れ出す。180831

・ガンプラ
 ガンプラ一番くじの当たり報告を見ていると、これは簡単に当たるんじゃないかと錯覚を起こす。
 ガンダムと言わずともコアファイターくらいは欲しい。
 欲にムラがあり、すぐに抽選しに行きたいような気分になったり、
 いやハズレるだろうと思ったり。
 明日から日曜までの間に続けざまにセブンに行くことになりそうなので
 状況次第で流されてしまうかもしれない。

・猫
 この頃は大猫と小猫がケンカをしなくなってきた。
 とはいえ、小猫は大猫に近づいたりはするもののまだ怖がっている様子。
 子猫だったころは大猫の首元にじゃれつきにいっていたのが懐かしい。
 同じ家猫同士、仲違いがなくなっただけ安心。

・Switch
 ナムコミュージアムをだらっと。
 ドルアーガの塔、ヒント表示で宝箱の出し方やアイテムの要不要さえわかれば
 あとは簡単だろうと思っていたがまったくそんなことはなかった。
 いまでもアーケードでワンコインクリアをするような人は時々いるが、
 リアルタイムで遊んでいた人はこれらの難関に加えて、宝箱の出し方の模索や
 出た宝の効果まで調べていたわけで、恐ろしく鋭い人たちだと思う。
 ドルアーガは家庭用移植の機会は実に多いゲームだが、今なお衰えのないゲームだろう。
 ギャラガ'88はコンティニューありだと思っていたら無しな模様?
 クリアを目指すなら適時セーブ&ロードで頑張るしかないか。
 ルート分岐があるが、セーブは1つだけなので都度上書きになってしまう。
 スプラッターハウスは難しすぎ。コリジョンやジャンプ距離がシビアすぎて
 見た目以上に「ここでこう動け」というのが固定されている感じがする。

そういえば地域では昨日から新学期。31日にお別れ囃子な時代は過ぎていたのだ。
ぴーひゃらら。180830

・アニメ
 ヤマノススメ:8話を1日差で見逃した。しかたなく9話単話視聴。
 8話予告の時点からそうだったけれど、「赤城山」を「あかぎさん」と読むのに違和感があるが
 からっ風圏外の飯能市民なら「あかぎやま」呼称に慣れが無いのは当然でもある。
 どうやら8話では群馬県民のほのかは「あかぎやま」と言っているらしいので、
 作中ではうまく描き分けているようだ。
 地蔵岳登山なんてあるのかとも感心したが、そういえば赤城山ロープウェイ跡を辿って
 登っている人がいたななんて思いだしたり。地図を見ると小沼の駐車場から登るのが短距離か。
 あいかわらず、赤城山は近くて遠い。

・ゲーム
 DMMゲームスの夏休み山分けキャンペーンのポイント振込があった。
 2億ポイントの均等山分けで550P、363636人の応募ということになる。
 この手の山分けはたいていが単独では使いずらいしょぼいポイント数になるのだが
 なかなかいい数字を貰えたので嬉しい。
 一か月の期限付きだが、いくらでも使いようはあるので問題ない。

今日も眠い。1日24時間リズムではなく1日12時間リズムみたいになっていて
眠りがまとまっていないせいだと思う。180829

・ゲーム
 ナムコミュージアムを買ったばかりで言うのもなんだが、
 レトロ移植ソフトにおいて自分に割とありがちなのが、気軽にちょっとプレイをしたくて
 はじめの数ステージだけをやったら、ゲームオーバーか否かに関わらずやめて
 中断セーブもせずに終えるということがある。
 でもやはり、エンディングがあるゲームならばセーブやコンティニューを駆使してでも
 一度はしっかりエンディングまで到達したほうが良いのだろう。
 せっかくの売り切り型・コンティニュー無制限・後ろに待つ人もいないのだから
 パワープレイで押し切ってでも進めるのもけして悪いことではない。

 そういえば地元の有名ゲーセンに、スペースハリアーとアフターバーナー(2ではない?)が
 入荷したという。こちらはプレイ毎にワンコインごと必要だが、体験しておく価値はあるだろう。
 ゲーム自体は3D復刻なりで慣れているが、あれらの筐体は家庭用での再現は不可能な上に
 オリジナルのアーケード筐体のメンテナンスは難題でいつまでも触れられるものではなく
 今この時代にプレイアブルな動体展示されているだけでも相当な珍しさだ。

・懸賞
 埼玉県広報課から封筒が届いていた。
 県から?なんだろう、重要なお知らせでも?などと若干不安になりつつ開けたら
 埼玉県広報紙「彩の国だより」からの当選品の図書カードだった。
 そういえばネットで閲覧できたので、読んだついでに応募をしていたのだった。
 図書カードはちょうどよいタイミングだったので、少額とはいえ助かるのでうれしい。

・キリスト教看板
 みどり市には結構な数があり、そろそろいい分量がたまってきたので掲載をしたいが
 記録のためにファイル名を日本語にしてしまっているために、アップロードが面倒くさい。
 ファイル名とキャプションを分ける必要があるがはてさてどうしようか。

・3DS
 大セールの中のエルミナージュシリーズが気になったので、育成&ハクスラ欲を満たすためにも
 試しにアメノミハシラをと思ったが、ポイント残高が若干不足していた。
 スイッチならゴールドポイントでの充当ができるのだが、3DSではそうできないことを失念。
 まあ、どのみち現状で3DSをそう起動する気持ちは強まらないので、それでも3DSを起動するなら
 止まったままのFF6なりアマゾネスなりを消化すべきか。
 セールを逃すのは惜しいのだが、詰んでしまうなら買ってもお得ともいえないものだし。
 と、そこでまた過去のセールで買ったFF6とアマゾネスに気が向く寸法。

一昨日からのダメージが残っているのか、ぶり返した暑さにやられたのか、若干熱中症かのようなだるさ。
頭痛がない分だけいいが、横になっている時間があまりに長い。180828

・手振り山
 まだ実に軽い段階であるが復習確認をしてみたところ、自分が想像していた手振り山の位置と
 実際の手振り山の位置は違い、昨日目指そうとしていた電波塔は別のものだった。
 正解に近い形としては、燧坂と旧遠入坂の合流から燧坂を寒梅方面に向かって右手か、
 あるいは桐原配水場入口の左手から山道を登って雷電神社を抜けて?行くようだ。
 手振り山山頂にはちゃんとそれを示すいくつかの標などがあるらしいので正否確認は楽だ。
 これはやはりめげている場合ではなく、いずれ現地で再調査の必要性がある。

・コンビニ
 コンビニの話じゃないコンビニ話。
 昨日はセーブオンで大黒食品のぐんまちゃんカップうどんを買うつもりだったのだが
 うどんに限らずぐんまちゃんのカップシリーズは完売していた。
 探し出したり通販を使ってまで買う、というつもりでもないのだが、
 どうやらベイシアなどにも置かれているらしい。
 一部のセーブオンで販売されていた豆腐も、これまた一部のベイシアで
 試験的に継続販売されるという。
 セイコーマートのアイスはウェルシアで販売中。
 独自商品が販売店を振り替えてでも続投してくれると嬉しいものだ。

・Switch
 ナムコミュージアムとBridgeをDL。シェルターは来月に買いたいがはてさて。
 ミュージアムはソフト1本があればパックマンVS専用の無料ソフトで
 他本体との間で多人数プレイができるのでいつかやってみたい。
 DSと違いセーブ・中断機能がついているので、各ゲームクリアを目指しやすいのもいい。
 過去にPCE版が好きだったギャラガ'88はこの収録でアーケード版の存在を知った。
 他のゲームにも言えるが、コンティニューし放題の88を遊べるだなんて。
 オンラインランキングやチャレンジモードでのスコアアタックもあるので
 コンティニューなんてぬるいという人にも競技的な楽しみがあるか。
 レトロゲームには付き物になってきた描画・音楽の出力オプションは文句なし。
 全体的に読み込みが多いことや、初回プレイ時に規約への同意を求められる当たりは面倒。
 スムーズな進行ならまさに完璧だったろう。

・アイカツ
 そういえばこれも昨日の話だが、いくつかの食玩取り扱い店で
 プリチャンやらその他類似のカード・シール付菓子は置いてあっても
 かたくなにアイフレグミは置かれている様子がなかった。
 そもそも入荷していないのか、それなりに人気で売り切れているのか判別つかない。
 食品系カードは加工が他のプロモとは違うので、サンプル程度に少量くらいは手にしてみたい。
 昔のシール菓子からの癖で、加工やプリズムのパターン違いはいろいろ抑えたくなってしまう。

激しい夕立。雨どいの許容量をはるかに上回る瞬間的雨量で軒先がびちゃびちゃ。
少しだが雹まで混ざっていた。
昼間の猛烈な暑さに夕方のこの雨には、昨日はまだ過ごしやすかったとさえ思う。
昨日がこの天候だったなら、とてもじゃないが耐えられない。180827

・アイカツ
 主人公「友希あいね」のフレンズスカウト大会に参加してきた。
 ここらでどうしようかとも思ったのだが、主人公だし、ペアとなるみおのカードは欲しいし、
 ならセットにということになるしで結局しっかりとプロモカードの入手へ走った。
 舞花の時と同じく、地域での開催が少ないのに定員割れを起こしていてやや不憫。
 時期も遅いので未入手だった人達が詰めるかと思ったがそんなこともなかった。
 一応同日開催のちゃおサマーフェスティバルがあったので熱心な人はそちらに向かったかもしれないが
 地域柄や客層的にそういう人は少ない気もする。実態はわからない。
 さっそくもう来週なのだが、次回は2店舗の選択肢があるのでどちらにしようかまだ迷う。

・ポタリング
 というわけでアイカツ往復を兼ねてのポタリングの旅をしてきた。
 今日の目的は手振り山登山とセーブオン巡り(6店予定)となる。

 当初予定では朝早く出て、午前のうちに手振り山往復というつもりだったが
 前日の入眠が遅かったのと、朝起きてからだらだらしていたために出発が遅れ
 午前の活動時間は失った。
 結果的には要害山の時と同じで、予定時間では全然足らないことになったので
 下手に動いていたほうが無駄足になるところだった。

 道中はもう勝手知ったる道なので、往路の半分までの時点では過去最高のペースを出せた。
 が、寝不足と熱中症のようなだるさにやられ、残りは過去最低ペースになってしまい、
 往路全体としては初めて行った時のような時間がかかった。
 もうちょっと状態が重かったら諦めて帰るべきだったが、現地につけばクーラー&ベンチがまっていると
 なんとか進んだ結果、実際それらによってだいぶ助けられた。
 これが一月前の暑さなら道中で力尽きていただろう。

 午後からの移動でいざ手振り山へ。そういえばこのあたりで手振りうどんというものが売られているが
 おそらく同源の名前なのだろう。どちらが先か。
 手振り山への道中でセーブオンに寄ろうとするも、道を間違え見当たらず。
 通りがかりの大間々郵便局で記念に風景印をもらったり、高校脇の稲荷神社を見たりしてから
 桐原期のあかがね街道へと入った。街道沿いには銅蔵やそれっぽい古びた古民家などがあった。

 
 江戸時代からの街道。桐原宿を過ぎて、手振り山の脇を通って寒梅に至る道。
 遠入坂(えんにゅうざか)というらしい。
 現在は本道を国道122号にゆずってしまい、その狭さや急こう配などから人を寄せ付けず
 今となっては街道感は微塵も残されていない。
 もっとも、昔にしても宿場と宿場の間では街道においてもうらぶれた寂しさは珍しくないだろう。
 このV字とその先の接続は時代時代で変わっているらしく、V字の浅かった昔では
 さらに傾斜がきつかったのではなかろうか。

 ストリートビューでその窮屈さを垣間見てほしい。
 

 V字の折り返しを過ぎてなお続く坂道についに足を下ろしてしまった。
 買い込んだ余計な荷物があるとか、カメラがあるとかそういう障害のせいだといいたいが
 籾山峠と金山は同じ条件で走り切っているので、体力不足は否めない。
 実際にここらではずっと息が切れていて、整えるにもだいぶ時間がかかった。

 
 見晴らしセンターを過ぎて振り返れば、これぞ望んだ大間々の展望。
 赤城駅付近から写真中央の緑色・大間々ゴルフ練習場を超え、桐生市相生町を抜けて桐生ボートの阿左美沼、
 そして画面奥の八王子丘陵へと続く。
 昔の人からすれば、ここから笠懸野一帯と阿左美沼は良く見えたことだろう。
 これと別にズーム撮影した写真では圧縮効果の効きすぎで距離感が掴みにくいが、
 帰ってからのランドマークの特定が楽しい。

 続く旧遠入坂の道はもはや道に見えず、というか道として認識することすらできなかった。
 遠入坂ルートから外れ、はじめからそのつもりでいた瀬戸ヶ原集落を抜けて燧坂へと向かう。
 以前にストリートビューで予習をしようとしたが、さすがにグーグルカーも途中までしか
 行けなかったようだ。ストビューで見覚えのあるリンゴ販売所を過ぎればあとは未知。
 

 リンゴ販売所を超えて舗装路を進むと、急斜の先が拓けているのが見える。
 ここでもまたあと少しのところで足を下ろしてじりじり登る。
 手振り高原に出た。舗装路はなく、砂利道ばかり。
 北に気になる道(燧坂の寒梅方面側)があったがそちらへはいかず、今回目標としていた電波塔が見えるので
 今まで進んだ方向に続けて南へと道なりに進む。
 このままいくと山を降りるのだろうと思いつつも、続く砂利道にタイヤの状態が不安になったので
 結局引き返すことにした。
 実はこの道は遠入坂で、下にあった旧遠入坂とは途切れ、今は別に新しい接続ができている。
 高原にはトラクターで草刈り?をしている人がいたので、素直に尋ねるべきだった。

 
 赤城山の駒ヶ岳とK檜岳(くろびだけ)。
 自走で一番赤城に近づいた距離だと思う。しかしまだまだ遠い。

 
 ゴール予定だった気になる電波塔。ルートがわからなかった事に加えて
 帰りの時間と体力を踏まえて今日はあきらめることにした。
 ただ、果たしてこれが目指す場所だったのかもはっきりしない。
 ネット上で見かけた情報が断片的で、判別のつかない部分が多々あった。

 燧坂大間々方面を下って桐原配水場の脇を抜けて国道122号まで出た。
 この燧坂の傾斜はほんとうに危険で、ブレーキをかけてもかけたらない。
 ブレーキをゆるめれば一気に加速する。あげくに熊注意の看板。熊どころではない。
 標高的にはそれほどでもないのだが、とにかくきつい坂に苛まれた山登りはこれで終了。
 そういえばひぐらしの声は聞けず、平地と同じツクツクばかりだったのも残念だ。
 復習して復讐したい気持ちもあるが、このままめげる気持ちもまたある。

 戻りがけに、行きに寄り損ねたセーブオンを目指したが、またも道を間違えて辿り着かず。
 あげくに桐生市新里に出てしまう始末。新里にきたのは始めてだ。
 知っている川の上流があって、知らない土地ながらもほっとする。
 中流域以下にはサイクリングロードがある川なので安心感が強い。
 このあたりで、赤城山の地蔵岳が見えた。
 
 レンズアタッチメント無しでのカメラ本体のズーム機能のみでも鉄塔群が見える。

 サイクリングロードを探しつつ帰る中で雨に降られた。
 雨が弱かった時に軒に隠れられる廃屋を通り過ぎ、樹木のある交差点の角で雨宿りをしていたが
 スコールの様相になってきたので雨を防ぎきれなかった。しかもそれでいて狐の嫁入りなのだ。
 これはもう狐の合同結婚式かなにかか。
 なんとかやり過ごして角を曲がって進んですぐ、ほんの5mもあるかどうかの場所に
 これまた身を隠せる屋根の小屋があって、まさしく狐に化かされたような心持になる。

 サイクリングロードに合流することができたので、確実な帰り道としてそのまま
 道沿いにゆるゆると進んだ。
 
 すると見えてくる大きな鳥居。年初にいった小泉稲荷の大鳥居である。
 なるほどやっと知ってる場所にこられたとは思ったが、同時に帰りの想定ルートからは
 もはや完全に外れていることにも気づき、予定にあった2件のセーブオンへの寄り道は
 かなわぬこととなってしまった。

 日があるうちに帰っているはずが、真っ暗になってからの帰宅となった。
 手振り山でもう少し冒険をしていたら、時間も体力もほんとうにまずいことになっていただろう。

・コンビニ
 というわけでセーブオンを合計5件回ってきた。
 予定通りだったのはうち3件で、1件は偶然の通りかかり、1件は慣れ親しんだ最寄り。
 ローソン化の案内のない店、ホットスナックの入荷終了による在庫限りの販売、完売。
 この暑さでやはり選べるほどの在庫がないアイス。
 食べておきたいけど適切なタイミングを失って逃しているフラッペ。
 ボトルスタンドにぎりぎり保持できるサイズの1Lのポカリには助けられた。
 30日にまた行こうかは考えるところだが、とりあえずの回り納めはしてきた。
 以前、次にいつくるかもわからないお店で「またのお越しをお待ちしております」と
 常套句をいわれたことが変にあたまにこびりついていたが、
 今回もそれを言われた時には、次がないことがわかっているだけに切なかった。

・飲料
 ヨーグリーナスパークリング:この流れでセーブオンではなくセブンイレブンなのだが
 最初の給水ポイントとして寄った際に、ヨーグリーナを携帯したい、しかし炭酸を飲みたい。
 と迷っていたら、そこにこの商品があったものだから迷いがふっきれて非常に助かった。
 どうやら7&i限定流通らしい。他でも売ってほしいものだ。

・雑多
 いつものことだけれど、アイカツポタリングの時には多カテゴリの話が混ざるので、
 全部ひとまとめでもいいんじゃないのと思わなくもない。

 弓道着美少女JC。
 ゲーセンで家族連れの中にいた。あまりに目立つうえに顔立ちもいい。
 よく祭りのあとにショッピングセンターにいる浴衣少女というものはいるが、
 浴衣の場合はもっと多数いるので、彼女は衣装と場の落差も含めてだいぶ浮いていた。

 駄菓子屋。
 スーパーの特設コーナーに時々やってくる移動駄菓子屋。
 ちょっと前に粉ジュースが欲しかったのでさっそく買い求めた。
 もう10円のはずはないから20円は覚悟していたが30円だった。
 それでも買い込むつもりはあったが、人工甘味料使用しかないので少しで止しておいた。
 ミルメーク5つ入り150円に心揺さぶられたが、先の粉ジュースと同価であり
 普通の粉ココアのほうが安いと思ったら買うに至らなかった。雰囲気につられるべき商品ではある。
 製造終了のアナウンスの出た「トンガリ」が1袋だけ残っていた。
 ポップにはそれを仄めかす煽り。
 梅ジャムにもレアモノ扱いの煽りポップ。ただし件のメーカーのものではない。
 楽天で人気の250円のラムネが500円!とかいうボッタ自認の煽りポップ。
 定価1000円のでじこCCGのスターターが220円、安いと思わせてからの開封済み&汚れあり。
 このあたりを見ているとさすがにひどい店にしか見えない(笑)。
 期限の近い商品は思い切り値下げしていたり、昔の駄菓子屋にあったようなおもちゃが
 安価で置かれているのは悪くなかった。
 パチモンでいいのでルービックマジックはないものかと探したがさすがになかった。
 小さい飴やラムネの量り売りがあったが、取ったら戻せないルールなので怖くて手が出せず。
 とくに気になる大きいグミがあったが、1つでどれだけの重量かの目安もないので
 迂闊に触れるものではないなと敬遠する要因になってしまった。
 そんな駄菓子コーナー。

 一番くじガンプラ
 メルマガで知った直後だったが、実物をみると興味が増す。
 いっそコアファイターをそのまま売ってくれと思う価格設定。
 非常に気にはなるがアソート内のハズレ率の多さから一番くじにはなかなか手が出せない。

 痛車。
 ストパン、多分ブレイブウィッチーズの下原定子と思われるものに遭遇。
 たぶんブレイブのキャラで、厳密にはキャラの特定はできていない。
 ちょうどカメラを首に下げていたのに撮り損ねた。

あっさりにするつもりがめちゃくちゃ長くなった。
他人が読むには長くとっ散らかっていて、自分が読み返すには仔細が足らない。
書くことで記憶により強く残るもの、書かれぬことで忘れ行くもの。
こうやって記憶は記録に依存してコントラストが強くなる。
疲れたし失敗も多かったが、久々に充足しきった一日となった。180826

・ブラウザゲーム
 今週は政マニとアイギスが攻略モードでわりかし面白い。
 こういう時はスタミナが足らないと感じるが、消化モード時にはスタミナがうっとおしい。
 城プロは育成モードだが、こっちは攻略でも育成でもスタミナが足りない。
 政マニは攻略上でPCスペックに重要性があり、アイギスはユニットの所持格差がはげしく、
 城プロは難易度のバランスが良いと感じている。
 この手のタワーディフェンスでは、クリアパターンが狭められすぎているものや
 クリア条件が特定ユニットの存在に依存しすぎていると結構きつい。

・Switch
 きまぐれに、珍しくというか初めてスプラトゥーン甲子園の生配信を見た。
 eスポーツの大会は試合数の多さや試合内容のめまぐるしさからあまり好んでみないのだが、
 スプラ2の大会モードの俯瞰表示や、アナウンサーのMCぶりのよさで楽しんで見られた。
 さすがに長いので部分部分しか見れていないが、たまにはいいかもしれない。

お盆後過ぎたら言うほど暑い日などもうないと思っていたが
ここ数日はお盆前よりも暑い日が続いている。
とはいえ気温よりもやはり湿度だ。この湿度が冬にあればいいのに。180825

・Switch
 シェルター ジェネレーション:昨日配信されていた。
 2+DLC・Paws+DLCのシリーズバンドルで配信。詰め込んで1500円は安い。
 すでにSteam版で1・2は持っているが、DLCとPawsは価格面で見送っていたので
 買うならこのスイッチ版でということになる。
 プレイ時間30分とはいえ、初代の(そしてeShop説明にも書かれているはずの)
 アナグマによる1が抜けているらしいのが画竜点睛を欠くをというか。
 2よりもお手軽なところと、ラストの無常さ(無情ではない)は良かったのに。
 気になるのは操作感とカメラワーク。Steam版では個人の環境の影響もあるにしても
 レンズのひずみがある描写なのと視点操作の癖が苦手だったので、そこがどうなっているのか。
 差分があるとはいえすでに持っているソフトなのと、他に優先度が高いものがある状況なので後回しになるが、
 これはスイッチに入れておきたいのでいずれ。

台風は届かなかったけれど台風一過。昨晩の強風が収まったので一安心。180824

・PC
 webcam付きのディスプレイのついたラップトップを使っているつもりだったが
 ふとwebcamの話を見た折に改めて確認をしたらレンズが見当たらない。
 あれ?と思ったが、バックライトがダメになった際にディスプレイユニットごと入れ替えたので
 その際にディスプレイ周りの付加機能もまるごと入れ替わっていたことにいまさら気づいた。
 影響のほどはわからないが、無線アンテナも入れ替わっていることになる。
 前のディスプレイに戻したいものだが、ライトの交換作業が厄介で面倒なうえに、
 まずはライトの入手をするところからはじめないといけないのに何も手を付けていない。

・Switch
 セール中の「Bridge」と「ナムコミュージアム」を購入検討中。
 どちらも安いが状況如何なのでセール期間は迷っておこう。
 ミュージアムは充実のオプションの評判がいいことやギャラガ'88の入りに心揺さぶられる。

・アイカツ
 新曲が出るたびに当然といえば当然なのだが、アニメのステージCGが
 CDとDCDの販促になっており、のせられてその気になってしまう。
 フレンズもCDを集めて良いと思っているがまだ1枚も手にできていない。

・メールアドレス
 ドリキャスでネット開始時にIsao.netより支給された
 @selene.dricas.comのメアドは今年も1年維持延長された。
 有料ではあるがなんだかんだで継続してくれているDTIには感謝である。

台風で大変な西日本と違ってこちらは特に影響がないなと余裕でいたが
夜になってから風の強さに参ってしまう。180823

なんもだ。180822

・ご安全に
 よりもいで知った言葉だが、これはドイツ語の「Gluckauf」(uに¨/ウムラウトが付く)が語源で
 Good luckとほぼ同義。明治期にはドイツ語のまま入っていた言葉が大正期に「ご安全に」と訳され
 1952-3年に住友金属工業があいさつ運動として大々的に使っていったのが起源らしい。
 その後、他社の製造や建築現場などに広まっていっているという。
 昨今の出所不明なビジネスマナー(笑)によってもたらされる「ご苦労様」排斥運動やらを見るに、
 出会いがしらも別れ際も、「こんにちは」「さようなら」で済まない関係の場合には
 すべて「ご安全に」で済ませればいいんじゃないかと思う。

・ブラウザゲーム
 グラブル:昨日でやめたはずなのだが、今日は無理矢理やらされるという事態が発生して
 その結果コラボイベントをクリア。
 アビリティを理解していなかったのがイベントをクリアできない理由で、
 これはレベリングうんぬんではなくアビリティを使ったパズルみたいなものだった。
 もうやらないといっているのに、継続前提の指南も受けさせられるというつらみ。
 スタミナ性に気がひっぱられるのと、ブラゲのかけもち数の都合があるので
 システムの理解が深まったところでさすがに継続するわけにはいかない。

筋肉痛は予定ほどではないがほどほどに。
脚よりも腕の痛みが強いことに困惑している。
蒸し暑いが、夏が早く過ぎてしまわないことは嬉しい。180821

・ブラウザゲーム
 グラブル:コラボイベの〆にかかろうと再挑戦をしてみたがまたも失敗。
 エリクシールが戦闘中にも使えずに回復できないので完全に無理だと悟った。
 攻略にはコラボキャラの上限解放とレベリングを済ませるしか手段がなさそうな上に
 つきっきりでやってそれが果たせるかどうかなので素直に諦める。
 あとは残り何日かの10連ガチャを引くだけ。
 育成関係は長い目で見れば悪くないのだが、初期上限が低すぎる上に
 いちいち解放条件がついているので、短期的な遊びには向いていなかった。
 ゲーム性はいくらかいいにしても、スタミナ制の在り方なども含めて
 張り付き前提の作りなのでさっさと逃げ出さないといけない。

・アイカツ
 8月9月のフレンズスカウトが最終週と初週の2週連続になりそう。
 9月は月末に予備日もあるが、それはそれで10月との連続になりかねない。
 参加は見送るが合間にフレンズ認定大会もあるから店舗としては負担が大きそうだ。
 9月分はいつもの店舗と同程度の距離の別店舗でも開催されるので
 そちらを開拓してみてもいい気はするが、道を知らないうえに速度が出せない区間が多いので
 若干面倒かなとも思ってしまう。
 開催日は連続しているので、当日の天候や体調を見て決めることになりそうだ。

・ゲーム
 少し前にセール中の「返校」を買っておこうとしたら、その時点で1・2日ほど遅かった。
 SIRENかその系統のゲームも遊びたいと思いつつ何年も触れずにいる。
 超怖い話DSはあいかわらずじっくり進行中。前にこの話は落ちのなさが怪談的で良いようなことを書いたが
 「超」は完全に言いすぎているし、「怖い」よりも「不思議な」話がしっくりくる。
 もっとも原作本があってのこのタイトルらしいのだが、いずれにしても「怖い」を求めてしまうと
 レビューによくあるようにがっかりしてしまうだろう。
 この手の「文庫ゲー」にありがちだが、購入価格も大事。それこそ文庫本レベルで(おそらく中古で)
 手にする分にはいいが、ゲームとして定価近くで買うのは非常に厳しい。
 気に入っているCD-ROM2の百物語でさえ投げ売りになっているのを見て存在を知ったほどだ。
 流行り神やコープスパーティにしてもそうだが、案外とホラージャンルのゲームに対しては
 無意識に安価で済ませようとしている事に気が付いた。

夕方までは相変わらず秋模様だが、夜になってから湿度がでてきて夏の夜らしく。
明日は腿を筋肉痛にしておきたいと思い、久々にジョギングをした。
思った以上に遅くなっている。21'51 180820

・南極
 そういえば昨日上げた南極で思い浮かぶリスト、極地到達を果たした
 アムンゼンとスコットの話を忘れていた。ご安全に!

秋が連続してしまっていて、セミの鳴き声だけがかろうじて夏。
朝にこそどこか出かけたくなるような心地よさがあるが、
夕暮れは心なしかいつもより早くおとずれているようにすら感じてしまう。180819

・アニメ
 宇宙よりも遠い場所:一挙配信の視聴完了。
 良いという評判だけは見ていたがそこまで期待していなかったこともあってか
 実に傑作だと思ったまま見終えることができた。
 朝やゴールデンタイムにも問題なく流せる内容でもあり、南極生活を伝えるという
 教育内容的な部分もとてもよかった。
 南極とはいっても建築物の内部はだいぶ快適そうなのと常時近代化が進んでいて
 思った以上にインフラの整備がされていて驚いた。
 インフラのメンテは隊員自身でやらねばならないだろうし、外の作業などは
 平時でも冷たく時として命がけにすらあって快適さの獲得は容易ではない中で、
 とはいえそれを実際にやってしまっているのだから凄い。
 作品を見る前は南極に行くまでの話だと思っていただけに展開が早いなとは思ったが、
 この南極生活の見せ方に多くの時間を割いたのは正解だと思う。
 船内郵便局の在り方なんかを見て、この労苦の中で押印サービスが実質無料なのは畏れいった。
 砕氷艦しらせのサイズも結構驚いたが、積載量はもちろん破砕方法を考えると大きくもなるか。
 とにかく驚きと感心の連続だった。
 物語としても、ぼっち気質な連中が集まってとはいえ青春・友情ものとしてよく成立している。
 それでいてすぐに百合が想起されるような過剰な触れ合いにならないバランスも良い。
 最近はよくNHKが民放アニメを拾い上げることがあるが、これこそそのラインナップにあるべきだろう。

 個人的には南極で思い浮かぶのはタロジロ、南極料理人、郵便局、そしてヒッチハイクで会った人が
 その当時の次期観測隊として控えていたということ。そしてもちろん白瀬中尉も。
 タロジロ関連は作品が複数あるが、今回はこうしてこれらに「よりもい」が加わることになった。

 この作品ではメインの声優陣もけっこうささるものがあり、
 前々から十分気にはなっていたが、井口裕香の声が特にささっているのだと自覚した。
 ヤマノススメでは「ヒナタ」と呼ぶ側なのが、よりもいでは呼ばれる側なのが可笑しい。
 ヤマノススメのあおいとはキャラ性が180度くらい違うし、あるいは他の作品であれば
 完全にクールな役などもあるが、どれにしても井口声には弱いようだ。

 ともあれ、本当に良い作品だった。
 夏に見られてよかったが、作中は南半球なのでリアルタイム放送どおりに冬のアニメなのである。
 先に書いたように、冬にでもNHKが放送すればいいと思う。

・歯
 少し前から不安があった歯が抜けていた。
 すでに欠けていた歯の残りではあったが、それでもあるとないとでは大きく違う。

・猫
 8月に入る前後くらいから皮膚に異常があったのをようやく医者につれていった。
 去年のまだ小さいころに連れて行った時はサイズはもちろんのこと
 性格が怖いもの無しで楽だったが、今はびびり癖がついてしまっている上で
 暴れる力が大きくなっているのでイヤイヤが大変だった。
 ようやく医者についたとき、駐車場には先客の大型犬が控えており、
 それを見て必死で逃げようと暴れる始末。
 なんとか抑えたあとも院内でも時々わっと逃げようとしており、
 抱えている間も怖さで震えていた。
 皮膚が悪いとはいっても体調には影響がなかったことも、暴れやすい一因。
 かといって具合が悪ければいいというのでは本末転倒だし、
 ケージの用意があるのが一番楽だろうか。

・Switch
 スプラ2:フェス、キノコの山対たけのこの里!
 たけのこで参戦。よりもいと眠気のために夜になってからようやく始めた。

・ブラウザゲーム
 グラブル:いくつか勘違いをしていたので計画が狂ったり。
 コラボイベントのボスにもあいかわらず勝てず。
 どうせ離れるのだし、回復全開で無理やり突破してもいいのだが。
 悪くないとは思うが、今のペースのプレイで毎日継続するのは無理があるので
 やはり10連無料を目途に引き上げる意向が固まる。

すっかり秋。去年の10月に渡良瀬遊水地に行った時とどちらが涼しい(寒い)か。
一日出かけるにはいい頃合いでもあるが、篭っておしまい。180818

・飲料
 トモヱ乳業の100%果汁シリーズに感嘆。
 
 こういう飲料を求めていたんだよ!
 味はいいし販売メーカーは古河市にあるしで親近感も沸く。
 今後は紙パック飲料のコーナーを見る際には注目していきたい。

・ブラウザゲーム
 グラブル:コラボイベントの3つの目標のうちの1つだった称号獲得を達成。
 残る目標はシャインブレードの覚醒完了とイベントクエストの完遂。
 後者は期間中にクリアできるか怪しい。
 追加の目標にスクールバッグの覚醒もあるが、その気になれば達成はできそうだが
 そこまで根詰めてやるかはあやしい。
 コラボと無料10連が終わったらあとは休みたい。

 艦これ:HTML5版の二期開始。
 解像度・画面サイズが現在の主流にあわせて向上。
 ゲームのプレイはしていないので新海域やその他の変更はわからず。
 海域にいたってはそもそも既存海域をクリアできていないし。

・アニメ
 宇宙よりも遠い場所:一挙配信中。
 館林分を補うために視聴してみたが、思っていた以上に楽しめている。
 話の展開の早さに加え一話が濃いのか、序盤のうちからもう数話進んだかなという気になる。
 一話一話の間隔に小エピソードが入っていそうでさえある。
 一挙配信なのでABパートの区分もなければ1週間を待つということもないので
 展開速度はリアルタイムでの視聴のほうがちょうどよい感覚をもてたかもしれない。
 一度にすべてを見てしまうつもりだったが、やることが積もってしまってそうもいかず。

昨晩から続く秋風は心地よくもあり、晩夏ぶりが寂しくもあり。
扇風機いらずどころか、窓を閉めないと寒いほどになった。180817

・飲料
 夜明けの空がきれいだったので外にでたついでに、最近はめっきり買わなくなってしまっていた
 一番近くの自販機のラインナップを確認してみた。
 500mlボトルが140円の頭でいたが、なんといつのまにか160円になってしまっている。
 ダイドーの自販機にはアサヒの飲料が少々置かれており、そちらは自販機限定430mlボトルが140円という
 他社販売品かつ容量を下げて価格も下げたという体の変わり種があった。
 昔はお気に入りの飲料があったことなどから夜な夜な自販機へ行くようなこともあったのだが
 こうなってしまうと滅多には寄り付かなくなってしまう。
 自販機のよいところとして、いつでも冷たい/温かい飲料がすぐに買えることがあり、
 そういうところにコストが乗っているのはわかるのだが。

・アナログゲーム
 いよいよEXITの日が到来!以下プレイ順に。

 フッチカート:4人。ゲームの進行順をちゃんとしないと、行動を飛ばしそうになりがち。
 慣れてくると早いのだが。後半は今っ引きや他人の手札との運次第になるが、
 とはいえやはり1手でも早く上がりに近づく方が有利。

 EXIT 脱出:ザ・ゲーム ファラオの玄室:今日の大本命!
 
 箱(と説明書まで)しか見せられないのが歯がゆい!
 今回のプレイ記録は5人・2時間50分・ヒント5回・☆4クリア。
 参考に最大スコアは60分未満ノーヒントでの☆10で、これは相当なひらめきをもたないと無理だろう。
 時間については得点に影響するのが90分未満までと倍近く差がついてしまっている。
 ヒントはあと1回多く使っていると得点に響き、前回はまさにその1回のために☆2になってしまっている。
 今回もアレやコレをドウコウしてしまうことはもちろんあり、その面では結構思い切りやらせていただいた。
 解析がわからないので他チームに完全に投げた問題もあれば、自分が中心に解けて嬉しい問題もあり、
 分業と適切なタイミングでのヒントの使用は大事だと思う。
 このゲームは多重の意味で「割り切り」がことさらに重要な遊びだろう。
 個人的には次もまた早くやりたいものだが、他のプレイヤーにとっては少々重いという意見も受けた。
 プレイ時間が目安も目安にならず、完全に読めないのが痛手になってしまっている。
 5人以上は人が集まるような場であれば、ぜひ一度はやってみてほしいとは思う。

 3Dブロックス:プレイヤー違いで4人戦を2回。
 初プレイの人らには評判がよかったのだが、選択枠次第では早期に誰か一人を
 ハメ殺しやすい事が問題視された。結託なんてもってのほか!

 アイスクラッシュゲーム:4人。自分からはじめて、1つ砕いて隣のプレイヤーに回したら
 リバースで番が返ってきた。また砕いて次のプレイヤーに回すと、またリバース。ow...
 そこからさらにリバースときてなんとか処理をしたあと、次のプレイヤーはスキップを引き、
 3番手がようやくの砕きを実行すると、その一撃で氷山は崩壊。
 まるで4人戦をしている気分ではなかった。
 第2ゲームを始めようとするも、ゆるゆるのコマに誰も開始状況を作り上げることができず、
 残念ながら我々の氷砕きはそこで終わってしまった。
 
 こちらの動画がこのゲームを知ったきっかけ。  発売元がいくつかあるようだが、こちらで遊んでいるものと同じ製品を使っているようだ。

 日本の城:4人。初プレイの二人は不服ながらも付き合ってくれた(笑)。
 
 結構いい形状と高さだと思ったのだが、2017年8月13日の方がはるかに上。
 丸1年前だったのか……さらに今回はガメン(障子/screen)の使い方を誤っているかもしれない。
 ネタとしても遊びとしても面白いが(それも賛否両論か)、ゲームなのか?といわれるのはいかんともしがたい。

 コブラ・パーティ:紹介だけ受けて未プレイ。
 
 つまりはコブラの台詞でやるカルタである。足らない言葉は武一先生が新規に用意。
 まさかのツイッターアカウントが用意されている。

・お盆
 近年は毎年、盆棚の写真を撮りたくなるのだがつい控えたまま終わりを迎えてしまう。
 撮るのが失礼な気もするが、記念的に撮っておくべき気はするのだ。

午後から雨の中送り盆を終え、その後迎えを貰ってゲームやら。
今の時代はみんなお盆時期の過ごし方が異なることを改めて感じる。
雨上がりの夜風にはいつかの渡良瀬遊水地の夜を思い出す。180816

・ブラウザゲーム
 グラブル:グラブル日記。
 コラボ期間中の個人的目標をもってしまったのが不味いとわかっていながら
 そこに邁進してしまう負け戦(終戦記念日にいうことか)。
 だらだらやるよりは各種ブーストを有効化して期限を決めて割り切って遊ぶのがいいのだが
 しかしついついだらだらと隙間時間にやってしまう。
 ストーリーはだいぶ先までAP無しの仕様なのは良いが、ブラゲの宿命であるスタミナ制の呪いに苦しむ。
 この手のゲームはハマるハマらないの落差は割と大きいとみられ、お金のある人はガチャにまでハマってしまい、
 中毒性や内訳をみるにバーチャル飲む打つ買うとはいったものだ。
 ここ数日書いていることも、中毒患者が繰り返すたわごとめいている自覚すらある。

 艦これ:グラブルや御城など、近年続いているブラゲはグラフィック量に対して
 テキスト量がだいぶ膨大なことになっていて、キャラ性もそこに載せて作り上げられている。
 こうして思うと、艦これはやはりわずかなイラストに、少しの台詞を中心にキャラ性が展開していて
 その他ゲーム的な都合から見えるユニットとしての特徴が性格や設定に盛り込まれるように
 二次創作が広まっての公式非公式のキャラ性の確立となっていっていたが、
 それ自体はなかなかの驚異だったと評価できる。
 艦これの後追いでは同程度の展開量では追いつけず、テキスト量やゲーム性で差別化を謳うゲームが
 出世していることを見るにこのパーツ量で無しえた人気の唯一無二感が高まるのだ。
 そして今日からはHTML5対応の第二期へ向けてシステムの近代化改修へ。

朝の4時ではまだ暗く、夜の7時ではもう暗い。
もう日照時間は減るばかりだが、今が一番夏としていい時期なのかもしれない。180815

・サイト
 昨日今日とindex.htmlの更新が反映されないと思ったら、作業ファイル名を変えて保存していたせいだった。
 ときどきあるうっかり。変な上書き保存とかでなかったのは救い。

・ブラウザゲーム
 グラブル:まさにブラウザゲーだと感じた。
 ページを開いて開始するにはどっぷり読み込みはなくスムーズだし、
 ゲームの途中でもリロードはできるし、ブラウザバックなどもある。

 他にいくつかの勘違いをしていた点も判明したりして、これはなかなかに
 悪魔のゲームなんだなとも思った。
 数字の上り方こそ緩慢ではあるが、上げ方を知ってしまえばそうしたくもなるし
 AP・BPの回復速度の速さと上限設定の都合でちょこちょこプレイしたくもなってしまう。
 原作を知らないくせに、ラブライブコラボの後半戦が始まったことも
 ついつい手を出してしまう一因になってしまっている。
 PC版ではゲームの脇に表示されるマンガが、ゆうに1100話を超えているあたりにも
 このゲームの時間の歩みを感じさせるものがあり、そのへんは逆に尻込みをする。
 ほんの数日前のことではあるが、ゲームシステムを理解せずにただポチポチしているほうが
 もしかしたら幸せだったのかもしれない。
 あるいは、まだwikiや質問に向かっていないだけマシなのだろうか?

 ニワカとはいえグラブルに対して理解をもってしまった今となっては
 「FGO」も周囲のハマりっぷりを見るに悪魔のゲームなんだろうなと思える。

・MTG
 伍堂が悪いことをした。
 有名な《多勢の兜》との無限コンボもだが、それとは別に装備品を3つも付けて
 誰も対処できずに暴れまわっていたり。
 しかしまさかキオーラにとめられようとは思いもしなかった。
 あるいは別のデッキで、モーギスと《せっかち》を並べるのも面白かった。
 《吹き荒れる潜在能力》のカオスっぷりは個人的に、そして多人数戦においてはとくに好み。
 他の色のデッキもやったが、赤が際立っていい動きを見せた。

お盆の中日。すでにお盆の帰省ラッシュが始まっていると聞いて、お盆とはいったいという気持ちに。
そもそも、お盆が7月の地域ですらお盆休みは8月とかいう意味のわからないこともあるので
このことについてはいちいち考えない方がいいのだろう。180814

・お盆
 恒例の迎え盆。
 子供のころのお盆を維持できていないことは申し訳なく思う。
 話には聞いていたがお寺が若干改修されていた。

・怪談
 納涼にお盆という時期柄もあって夏はこの手の話が隆盛。
 それはいいのだが、安易にお盆に話を結び付けられるのは快く思っていない。
 日本仏教的にいえばお盆だろうが霊はあの世にいるし、ましてや100年単位ですらぬるいような
 長い時間の中を向こうで過ごすことになる。
 神道や土着信仰的な祖霊との交感の日であるなら、彼らは向かうべきところへ向かうだろう。
 関係ない人の前にはみだりにあらわれないし、事故現場だとか、行き先を失ったり間違ったりして
 さまよっているというならそんなのはお盆に関係なくさまよい続けているだろう。
 建て替えや造成の激しい地域なら日頃から溢れかえってさえいそうである。
 などと、怖い話好きではありながらも結構否定的に考えることが多い。
 迎え盆をした家でその間に限ってたわいのない怪異がおこるとか、そういうのくらいでいい。
 道端や山奥にあるような古いお堂や地蔵などを怖いという人もいるが、そういうのも怖いものではなく
 畏れはしても恐れる対象ではない。

・ブラウザゲーム
 グラブル:溢れ出るAPとBPの消化と、コラボイベントのアイテムを狙ってみようと
 ちょっとのつもりでやってみたが、これがなかなか終わらずに延々と続いた。
 最終的にAPもBPも尽きたが、そうなるころにはふいにしたBPがもったいないとか思ってしまったり。
 コラボの残り期間的に関連アイテムを取り切るのは不可能だし、もともとメインゲームにする
 予定ではないのであまり入れ込まないように注意したい。
 ストーリーモードも進めてみようとしたが、スキップをしても先が長すぎてめげた。
 本来が毎日ゆっくり進めかつ年単位で稼働しているゲームだから、急いで遊ぶものではないのだ。
 他プレイヤーがもつ以前のコラボキャラなどはちょっとうらやましかったりはした。

お寺では毎年、昭和22年の航空写真を見るのだけど、そのたびに現況や至る変遷を思い浮かべる。
変わりゆく場所や、古地図などの知識が増えていくので、見方にも影響する。180813

・Switch
 タイニーメタル:少し前から半年以上ぶりに起動していて今日クリア。
 発売前から「ファミコンウォーズの再来!」的な扱いを受けまくっていたせいで
 つまりファミコンウォーズとして買ってプレイしたら違うゲームだったわけで
 そこでがっかりしたのと、3Dのマップ画面の視認性の悪さのために、
 シナリオを半分くらいやったところで放置したきりになっていた。
 ファミコンウォーズを引き合いに出すのがそもそもの間違いで、
 単独の戦略SLGとして見れば十分に遊べる作品だった。
 広報にしてもメディアにしても、そこを勘違いして盛っていたのは実に失策。

 ゲーム的には合流の概念がないことと、航空機の回復専用拠点がないことがネックだった。
 兵站の概念がないのも戦略ゲームとしては惜しいが、こちらは無ければないで
 そういうゲームバランスとしてやれるのでそこまで評価は落ちない。
 合流に関してはユニット数の上限が無い(もしくははるかに高い?)のが救いではあるが
 合流を前提としたファミコンウォーズの占領システムをそのまま採用してしまっているので
 これが戦略上の失敗を呼ぶこともある。
 視認性の悪さや確認できる情報の不足などは最後まで影響した。とにかくUIはいまいち。
 制作スタッフの中核が日本人の割には、ゲーム内の用語や諸情報などにおいて
 英語優先になってしまっているあたりも残念である。

 このゲームならではの良システムとしては、敵1部隊を複数部隊で連携攻撃できるロックオン、
 敵部隊を強制的に動かせる突撃、レーダーとの合わせ技で視認できない敵もとりあえず攻撃可、
 前線などに直接置けるヒーローユニットといったところか。
 ロックオンについては命令の取り消しができないので対象を取り間違えたりすると台無しだが
 非常に強力で利用しがいがあるシステムになっている。
 突撃はデメリットもあるので使いどころが限られるが、敵の配置に干渉できるというのは便利。
 とりあえずシナリオモードをクリアしたが、ゲームバランスが違うニューゲームがはじまったことと
 単体のマップを任意の順で遊べるスカーミッシュがあるので、これからもまだまだ十分に遊べる。
 (スカーミッシュというモード名も、日本人スタッフに仕事してほしかった部分だったり)

 ただ遊ぶだけなら、一番セール頻度・割合が高いSteam版がオススメ(すでに一度半額セール済み)。
 実績はSteam版とPS4版で共通だろうか。Switch版はケータイモードで遊べることが最大にして唯一の利点。
 唯一とはいったが、SMACH ZがあればSteam版も同じことだろうか?
 それはそれとして、ファミコンウォーズDS2をベースにした新作が欲しいものである。
 大戦略……?う〜ん……。

長い。その気になればさらに長文にはできるが、短くするのが難しい。
盆棚の用意。位牌から読み取れる家系が気になる。180812

・告知
 去る8月7日より、忍者ホームページ各位において暗号化対応がなされました。
 当サイトも以後はhttps://halwar.futene.net/からのアクセスで暗号化ページが開きます。

・ブラウザゲーム
 グランブルーファンタジー:お中元リアルガチャをやってみたくなってしまったので
 DMMアカウントでそのまま遊べるしとゲーム開始。
 ガチャが引けるのはもう今日と明日しかないが、今日のところはゲーム内アイテムの当選に終わった。
 ラブライブコラボ中でもあり、コラボキャラくらいとっておくかと思って
 そのままゲームを進めていたが、通信エラーの多さにめげて途中で終了した。
 シナリオのスキップ時選択時にはあらすじが出るとともにシナリオに戻るかスキップするか
 再確認がされたり、初心者向けのチュートリアル動画や解説が別枠に表示できたりと
 後発にも優しい仕様が随所にみられるあたりは流石と感じた。
 本腰を入れてやることはないが、今後も折を見てログインをすることにはなるだろう。

・動画
 vtuberの電脳少女シロの生誕祭ということで、誕生日である翌日にまたいでの
 生放送イベントがあったので視聴していた。
 VRな上にAR動画で2次元と3次元の融合ぶりに拍車がかかる。
 この誕生日が知人と同じなので無駄に頭に入ってしまう。
 シロ組と呼ばれる熱心なファンたちには相当及ばないが、とはいえvtuberの隆盛の体現は
 なかなかに興味を引くものがあり、ついつい見入ってしまった。

暑いんだか涼しいんだかはっきりしないせず、感じる暑さ以上に汗をかいている。
東京など南のほうでは雨がひどかったようだが、こちらは出かけるにもよさそうな日和だった。180811

歯の具合が悪い気がする。
昼晴天、夜に断続的な雷雨。180810

・アイカツ
 プロモの回収込みで3弾スタートダッシュキャンペーンを引っ掛けに行ってきた。
 ルーレットは気にせずに予算と時間の範囲でちょっと遊んで帰ろうと思って始めたら
 あっさりとルーレット当選。物欲センサーの逆パターンか。
 プロモもまだ在庫があったので(通常はこちらのほうが多く残るものだが)
 どちらも無事に受け取れて満足。
 帰ってすぐにハニーキャットの甘い話でまた満足なアイカツ充な日となった。
 そろそろフレンズの楽曲も欲しいところだが、CDで手に入れようかDL版で買おうか迷う。

・コンビニ
 いよいよ終わりの迫るセーブオンに寄っていこうと思っていたが
 今日の動線上にセーブオンが1件もなかった。
 あると踏んでいた店舗も、そういえば年初に外食店に化けていたことを失念していた。
 周辺地域は南方がセブンの完全な支配下にあり、北はミニストップとローソンで二分、
 今回の動線から外れたさらに北でようやくセーブオンが並ぶようだ。
 結局、本来の帰り道からは外れ、確実にあるセーブオンまで走ることとなった。
 セーブオンではあれこれに加えて個人的に恒例となっているチキンを購入した。
 チキンはからあげ君の支配によってローソン転換では確実に消滅するだろうが、
 できることならセーブオン特有の揚げ餅には転換後にも販売継続してほしいものだ。

昨日もだまされたが、今日も台風どころかその影響すら全くなかった。
夜には綺麗な星空。今日は山の稜線も綺麗で、台風一過だけを切り抜きで味わった気分。180809

最近は夏場ということも若干影響してホラー映画を見たいと思っていて、
具体的には「シャイニング」と「IT」(新旧)。
そこに加えてたまたまネタ動画でちょっと戦争モノの映画の断片をみたら
まだ見たことがない欧米の戦争映画も見たくなってしまった。
ついでに横山光輝のマンガ「マーズ」も見て見たくなったりして、
触れたいメディア作品がちらほら出てきているが全く消化する気配にない。
そういえば見たい映画リストもあったりしたが、見ようがなくて見れないものはともかく、
その気になれば見れるのに見ようとしていない作品がつらつらと挙げられていて
そこまででもないのかな、なんて思いなおしたりもする。

台風影響があるだろうとおとなしくしていたが昼に少し雨が降った程度で、
タイミング的には今日はさっさと出かけておくべきだった。
空を見ても、夜でもわかりやすい切れ目もある薄曇りで本降りになる気配がない。
TVやツイッターではさんざん危険が煽られていて、温度差を感じる。180808

・フィギュア
 すっごくいまさらながら、FAGとメガミデバイスの店頭売りを初めて見た。
 いつもネット越しでしか見ていなかったので、実際のパッケージや箱のサイズは
 思っていたのとは少し違っていた。
 FAGもメガミデバイスも1つくらいは手にしたいのだが、そう思いながら
 けっこう時間が経ってしまっている。

そろそろアイカツのプロモの回収に行きたいところだがタイミングが合わない。
今週は台風影響で、涼やかながらも天候が悪くて向かえそうにない。
報道とは裏腹に猛暑感はすでになく、このまま盆に突入してしまいそう。180807

・コンビニ
 群馬県内に残っていたセーブオン各店が、8月31日の朝をもって全店閉店という報が出た。
 年内閉店が決まっていたとはいえまだまだと思っていたのは甘い見通しだった。
 セーブオンにはいろいろと思うことがあるので、いままでもそうだったように
 このあともほとんど同じことについて度々触れるだろうと予言しておく。

ツクツクは一昨日鳴いただけで昨日今日と聞いていない。
今日は涼しく、夜に雨が降ったあとはまたも秋。180806

・アイス
 
 ウェルシアでセイコーマートのアイスが買えるという話を聞いていたので
 ウェルシアに寄ったついでに確認して1つ買ってみた。
 もなかとソフトがあって、どちらも税抜き170円くらい。
 価格相応においしいのだけれど、やはり自分にとっては高い。

・アナログゲーム
 EXITができる日だろうかとおもったがそんなことはなかった。

 ドッグカード:新規で3人プレイ。
 ルールは簡単なほうだが、3人だけでもとにかく場を広く使うのが大変だった。
 今回はルールは不正確にお試し程度。
 
 犬をモチーフにしているというわけでもなく、犬が見受けられるのは
 14番のカードと、カード裏面の足型のみ。
 カードにわかりにくさなどがないのはいいが、どうせなら数字毎に違う犬の絵にするなど
 もっと凝ってもよかったのではなかろうか。

 Miraris:新規で4人プレイ。
 Blade Rondoと同じDOMINA GAMES製。
 
 カードの種類が、お金・点数・キャラクターと3種だけで簡素で、ルールも覚えやすくとっつきは良い。
 一見どこかで見たようなルールでありつつも、しっかりオリジナル。
 短時間でサクっと終わるので、隙間の時間つぶし用といったところか。

 あやつり人形シタデル:年単位で久しぶりのプレイ。5人にて。
 以前にやっていたのはドイツ語版だったので、英語版のカードは若干新鮮味があるのだが
 日本語テキストのシールをはってしまっているので若干台無し。
 翻訳付きスリーブというものがあったのはドミニオンだったか操り人形だったか。
 わりと序盤のうちからボロボロになってしまったので、他者へのサポートと場の干渉を狙ってみたが
 ゲームの性質もあって、サポートしたつもりが相手に伝わっていなかったり、
 プレイ順の問題にひっかかったりして、意図的なサポートも容易ではないことを知る。
 (ただし口頭では直接の情報は与えていない。)
 だいぶ違うゲームではあるが、このちぐはぐなやり取りにトランプゲームの「ナポレオン」を思い出した。

 鋼鉄と火薬:4人プレイ。可もなく不可もなく。

 イノベーション:エコーズ:エコーズは初プレイ。4人。
 何をしても大きな動きがあって面白いし、基本ルールこそはそこまで複雑ではないのだが、
 各カードによってもたらされる効果が、テンプレート文をもってしてなお複雑で理解に時間がかかる。
 TCG的な難しさをもっているゲームだと思う。

気温はそこそこでも蒸していたために湿疹がでてつらい。
最接近から離れていく火星の光が若干弱くなっているように見える。180805

ツクツクが朝から鳴きだしたというだけで晩夏感がある。
日中もこの頃の晴れにしてはずいぶんと涼しいほうだと思っていたが
体からは汗が出ていたので体感とは別にやはり暑いものは暑いらしい。
とにかく蒸していない、微風があるというのは助かる。

今日を軸に近郊各地では重なってお祭りや花火。
毎年のことのはずだが、今年はいままで目を向けていなかった地域の情報も
入ってくるようになったのでことさらに重なって見えたのだろう。180804

・Switch
 スプラ2:新武器が4種追加。すべて既存の武器種だが、バケツのオーバーフロッシャーは
 いままでにない特殊弾になっていてだいぶ新しさを感じた。
 インクを撒くスロッシャー系とは異なって複数の泡を投げ出す。
 この泡が跳ねてそれなりに距離が稼げるうえに散らばるので
 逃げた敵に案外と当たったりする。SPのアメフラシともあいまって、
 敵に小さな被弾を重ねて体力を削り倒す構成。
 もちろん、正面であれば直接当てにいくこともできるが、着弾速度は難点。
 自分で使うと楽しく、味方も使っていると愉快で、敵に使われるとうっとうしい。
 スピナー系のノーチラス47も武器種に合わない特殊性能だが、追加武器の多くは
 既存のメイン・サブ・SPの組み合わせを変えただけのパターンが多い中で、
 はっきりと新しさを感じられる武器が与えられるのは嬉しい。

・ブラウザゲーム
 アイギス:恋姫コラボの個人的目標達成。
 あいかわらずめちゃくちゃな難易度なので完全クリアは無理すぎて
 そこはきっぱり諦められるともいう。

まだ暑い日は続くし、お盆前なのでいつぶりかえすともわからないが、
現状では台風12号の前が暑さのピークで、楽になってきていると感じる。
個人的にはとにかく気温よりも湿度が問題だ。180803

・PC
 少し前にキーボードの清掃をしたのだが、その際にキーの外し方が悪かったようで
 一部のキーのツメなどがダメージを受けて浮いてしまっている。
 見た目に少し不揃いな感じがするのはスルーできるのだが、
 いくつかのキーは押すのに若干支障がある。

・飲料
 がぶ飲みレモンクリームソーダ:いわゆるレモン牛乳の関東レモンのソーダ版。
 まさかまたもレモン牛乳にあえるとは。
 甘味料アセスルファムカリウムの味が目立ってしまうことと酸味料が入っているのが残念で
 これらによってレモン牛乳の再現は出来損なってしまっている。
 がぶ飲みならでのコスパと炭酸という部分については評価できる。
 こうしてみると本来のレモン牛乳の若干の割高感も、安易なコスト削減に走らない
 旧来の材料のままであるがゆえなんじゃないかとさえ思えてくる。

 ポップメロンソーダ:120円販売の自販機で買っていこうと寄ってみたら
 なんとさらに安くなって110円で販売されていた。
 ましてこの真夏、需要が高そうな時期にこそで嬉しい。

・アイカツ
 アニメが新弾の販促として十二分の内容になっていた。
 新キャラのさくやが、旧シリーズのゴスロリ担当二名とはまた違うキャラが立っている。
 先行公開のビジュアルと実際のキャラ性とのギャップはアイカツではありがちなのだが
 うまいこと予想を外してくるのは良い。

昨晩はあわや熱帯夜になるかと思わせて涼しい夜だったが、
今日は夜になっても蒸している。とはいえこれも熱帯夜ではない。180802

・コンビニ
 涼しい時間の早朝ポタリングにとコンビニのはしごをしてきた。
 サンクスのファミマ化が進んでいる話を思い出して、通りがかりのサンクスを確認してみたら、
 ファミマへの転換どころかつい最近に閉店をしてしまっていた。
 国道沿いで需要はあったと思うが、個人的には行きにくい場所だったので
 最近はめっきり行くことがなくなっていた。
 記憶に強いのは2002年の夏コイBE@R BRICKでカルピスウォーターを買い漁ったことと、
 2013年ごろのガルパンフェアで限定バーガーを買ったりしたこと。
 どちらもだいぶ前のことで、店舗が長く続いていたことを伺い知れる。

 その後予定通りのコンビニのはしごをし、最後の1件に寄ろうと思った店舗のハコが見当たらない。
 近づくにつれ、あるはずのハコがないことがハッキリした。
 どうやら4月には閉店していたらしい。3月に行ったときには全然そんな素振りがなく、
 まして更地になっているとは驚いたし、ここの店はとくに残念に思う。
 主要国道のバイパスが2本も通っているために住民規模にそぐわない店舗数の地域だが
 この2年ばかりでコンビニが増え、そしてまた減ってしまった。最盛期が恋しくもなる。
 市街地のほうでもつい2-3日前に1件閉店したようだが、そちらは短命に終わった。

・飲料
 いろはすココナッツ&ヨーグルト:たまたま見かけて買ってみた。
 味は杏仁豆腐あるいは炭酸抜きドクペといった感じで、ヨーグルト感はいくぶんあるものの
 ココナッツ感は感じられなかった。おそらくドクペと思ったその味がそうなのだろう。
 炭酸がある分ドクペのほうが好きだが、この味も嫌いではない。しかしフレーバーウォーターとしては若干高い。
 公式サイトを見ていろはすの新商品にはバナナミルクもあることを知った。

・食玩
 そういえばアイフレグミ新弾の発売日らしいが、新弾はおろかいままでのアイカツグミについても
 実店舗で販売しているのを1度も見たことがない。
 同類ではプリパラのグミしか見た事がなく、プリチャンもまだ見ていない。
 その割に怖い話ガムだのウェハース系だのはよく見かける。

 創動 仮面ライダービルド アクションガーディアンズというシリーズの
 アーマータイプ・アクションボディセットというのが単体で値下げで置かれていたので
 この間の食玩欲を埋めるべく摘まんでみた。
 どうやら別売りのパーツセットも買って組合わせることで完成する商品のようだが、
 ボディとしては欠けているわけではないのでそこまで悪くない。
 18か所可動で肩と腿にロール軸が入っているあたりはなかなかの出来だと思うが、
 可動箇所の作りは価格なりといったところ。
 アソートの内訳はわからないが、こうしてボディだけあまっていたということは
 アーマーセットだけが買われているわけで、先の購入者がどういうつもりだったのか気になる。

昨日よりも暑いように思う。陽射しや気温よりも蒸し暑さが際立って夜まで暑い。
湿疹がぶりかえしてくるとつらさが暑いだけに留まらなくなるので困る。180801

9月メニューKG板7月
当コンテンツ・ファイルの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。