雑記・2018年4月

5月メニューKG板3月
・MTG
 今日一日で、たった三日前に発売されたばかりのドミナリアのトップカード、
 《ウルザの後継、カーン》の価格が上昇をしながら市場在庫がすり減っていくのを見て楽しんだ。
 友人に至っては発売してすぐに買いそろえたので、良いタイミングだったことだろう。
 あとはWotCが禁止カードにするかどうかが大きなところ。
 エンドカードではないのだが、なんのデッキにも入ってあからさまに有用すぎるので
 価格はともかくとしても需要が満たされることはなさそう。

筋肉痛があるかと思ったがそんなことはなかった。
しかしまったくの別件でお腹が痛い。180430

・ポタリング
 新田金山城へ。当初予定だと一日であれこれ見て回るつもりだったが、
 後述のMTGの大会のことを考えて、今日はお試しという事にして早々に切り上げてしまった。
 息を切らせながら坂を上り、坂の途中にあるガイダンス施設に自転車を置いて、史跡まで登山状態。
 上り坂のときから息が上がっていたが、ここで山歩きをしていたらマラソンをしたときになる
 あの腹痛を久々に味わうことになって、息も絶え絶えなんとか登った。
 呼吸を整えて下ってみれば、上りよりも勾配を感じ、行きとは違う形でなかなか手ごわい。
 次回は自転車でさらに上へ、裏手の復元整備された公園のほうへ行ってみたい。

 史蹟金山城址と書かれた石柱のあった地点から、太田市街地を望む。
 

 道中で、一昨年だかに切られた道を見ておこうとあえてそちらを通ったら
 実際に道が死んでいるのが確認できた。
 さらに、そこにあった不憫な短命のセブンイレブンに至っては更地になっていた。
 2-3年くらいしか営業できていなかったんじゃなかろうか。
 それ以前は畑だったが、今となっては完全に死んでいる土地という感じしかない。

 引っこ抜かれて打ち捨てられているガードレールに県道標識。
 

・MTG
 その山の近場で大会があるので、ものはついでと、これまたお試しにということで
 参加をしてみることにした。
 一人でいったものだからアウェイ感が強いのはなかなかに厳しかった。
 結果としては惨敗も惨敗で、ゲームの進行ミスなどで初心者みたいなこともやってしまった。
 今回はわりとゆるめの大会だったのが幸いだが、普段がカジュアル・身内・多人数戦と
 二人用の競技プレイからは遠い位置で遊んでいるので、そういうのが表に出てしまった。
 負けたとはいえ身内が使ってこないデッキと当たれたのは楽しかったし、
 各カードに対する評価を直に感じられて見方が変わった。
 ゲームプレイだけでなく、各自の持ち物なども参考にはなったが、
 思っていたよりは手軽な感じがしなくてちょっと重い。
 時間も想定以上にかかっていたのもこれまた厳しいところだが、
 プロツアーだかGPだかだと、午前中からはじめて夜までやっていたりするわけで
 それに比べたらずっとましだし、マッチの最長時間自体は事前に決まっているので
 そういうものだと理解した上で臨むのがよいのだろう。
 終了後には参加賞としてプロモがもらえたのは良かった。

 試合間の待ち時間に、自由に読んでいいマンガ棚に「汐宮キャロル」の名前を見かけ、
 どこかで見た名前だなと手に取って確認をしたら「人生MTG。」のまとめ同人誌だった。
 懐かしさのあまりについつい読んでしまった。奥付をみたら2012年とあるし、
 週刊少年ワロスのほうでも掲載開始が2009年とあるのでそりゃ懐かしいわけだ。
 併せて「シヴ山のオレ」も思い浮かべてしまうのも仕方がない事だろう。

・アイカツ
 さらに帰りがけにアイカツをやっていこうと決めていたわけだが
 やはり日曜日、しかも連休の中日ということもあって台が埋まっていて諦めた。
 あわよくばプロモを当てていきたかったが、完全にそういう状況ではない。
 アイフレが埋まり続けているのに対して、プリチャンは3台あって誰もいなかったことに驚き。
 アイスタとプリパラの時なら、立場は逆だったのに。
 アーケードゲームというのはプレイ環境の都合が、人がいなくても撤去される恐れがあって困るし
 人がいすぎてもプレイできなくて困るのがなんともいえない。
 シリーズ・商品としてみれば人気があっていいのだから、それを喜ぶべきなのだが。

そんなわけで今日は充実しているようでいて敗北の連続であった。
帰ってきてからが非常に眠い。180429

今日もダメな日が続いたが、ダメになったからと開き直ってイカ漬け。
非常に天気は良かったが具合もなんともでもったいない。180428

今日もまたスプラのせいで、予定が狂っておしまい(スプラのせい)。
金策も急がねばならなくなったので片付けついでにあれこれ処分したいが
掘り出したり選定するのが面倒くさくてこれも進まなくて不味い。
今月中になんとか準備完了せねばなるまいが、もう今月も終わってしまう。180427

・携帯ゲーム機
 たまたまツイッター上の動画でPCエンジンGTの起動を見たのだが
 そこに映し出された古臭い液晶画面に、忘れていた感覚が思い出された。
 今の液晶のほうが断然に質も耐久性もコストも良いだけに
 二度と生産されることもない忘れ去られていく技術なのだ。
 当時のやや奥まった画面、ライトも込みでややぼけた感じの色味、大きな筐体、
 それと今ではもう見れなくなったアナログのテレビ機能、これらが非常に懐かしい。
 仮に今それらの機器を手に入れても、どこかが壊れたジャンク品か、
 逆に修理を越えた改造でより良い別モノになっているかの二択だろう。

 いまではもう見られないアナログTVだが、当時のゲーム機上での受像がまた味があった。
 GBA以降でも携帯機用のTVチューナーが出ていたりはするが、やはり液晶画面が違うので
 それらはまた違う雰囲気。DS/PSPに至ってはワンセグなので、画面の高解像度化とは逆に
 映像の低解像度+デジタルブロックという劣化になってしまっている。
 アナログノイズ混じりの中、チューニングで電波を拾うのがまた楽しかった。
 このへんはポータブルTVにも通じるものがあり、ポータブルTVも機器ごとに画面が違うので
 それぞれがそれぞれの味をもっていたことだろう。

 壊れにくいとは思っている00年代以降の機器ですらいつかは壊れるし、
 正規の稼働品が消えていく時にはこういう感慨深さが生まれるだろうか。

・Switch
 DLソフトの新作はあいかわらず続々出ているし、セールもなにかしらが常設みたいになっている。
 去年の今頃はまだソフトが全然足らず、アケアカネオジオとフライハイ頼みみたいなところがあったが
 単にハードが人気というだけではなくしっかりソフト売り場としての土壌ができていて良い。
 先日発売されたニンテンドーラボも好評をよく見かける。
 ソフトに困らな過ぎて、逆に購入や消化を選ぶのに困るという状況だ。

 「ととモノ。」はあるのかと寄った店では見当たらず、代わりに安価になっている
 中古の「L.A.ノワール」が目について気になった。DLCを適用するには14G以上の空き容量が必要で
 ゲームカードの生産都合だとは思うが、パッケージ商品としてはどうかと思ってしまった。
 ととモノの発売状況を確認してみたら、DL専売だったということで少々意欲が落ちた。
 ゲーム内容的にはたしかにインストールゲーム向けだが、パッケージで手元に置きたい系でもある。

今日は意図せず徹夜状態になってしまったので午後は眠くて仕方なかった。180426

脱水&右目が痛いので夕方から寝ていた。180425

・MTG
 オールドスクールはフォーマットが定まり切っておらず、
 主に使用範囲において場所ごとに違うというのは聞いてはいたが
 どうやら欧州型と米国型に大別されるらしいことを知った。
 欧州型(発祥のスウェーデン型)はリバイズドを除いたザ・ダーク以前の英語セットのみ。
 実にシンプルだが、土地の準備から大変で、雰囲気ではなく実際に懐かしさを感じられる人は
 本当にごくごくわずかだろう。自分がMTGに接した時期においてすらすでに過去。
 もうひとつが米国型。こちらは上記内容を基本としながらも、フォールン・エンパイアとプロモカードの追加、
 そしてイラストがそれらと同じであり旧枠かつ非フォイルであれば、再録版や他言語版も使用可能という
 一気に裾野が広がるバリエーションとなっている。
 チャネルファイアボールが主催の大会では米国型が採用され、勢力として大きくなりつつあるようだ。
 5-7版ではイラスト違いになったカードが多いのと、黒枠大好きっ子が集まりやすいフォーマットでもあるので
 3版や4版の他言語黒枠(FBB)が人気を博すところとなっているし、伊語の古いカードも出番だ。
 日本語版クロニクルの一部カードなど、白枠の英語版から大きく差をつけていることも。
 忘れられがちではないかと思うが、アンソロジーなどの特殊セットも使用可能なカードが多い。
 例えばペンデルヘイブンなんかはそこから拾ってくると良いのだろう。

 以前に作ったのは欧州型準拠だったが、今度は米国型も作っておきたい。
 対応カードがどれほど手元に残っているかは不明だが、いい加減な枚数だからこそ
 また初期のような有りもの構築を楽しめる時でもある。
 BrawlとEDHも2デッキずつ作成予定があるのだが、全然手を付けていない。
 どれからでもデッキを組まないと。

・アニメ
 シュタインズゲートゼロ:視聴開始。
 無印の結末を覚えていないのだけど、そういう結末からの続きかな?と
 おぼろげな記憶の中で見たが今回もなかなかに楽しめそう。
 無印は無印でAbemaで配信中でもある。

 ガンバムビルドダイバーズ:視聴開始をしようとして断念。
 B-chでは1話だけ無料だったので、継続的に見にくいのであっさりと切った。
 今日は本放送の日でもあるが、曜日と時間がピンとこない。

眠気とスプラ。
昨日今日と半袖で過ごせない程度に寒さが戻っている。180424

・映画
 「レディ・プレイヤー1」と「市民ケーン」が気になったので、ケータイにメモしていた
 ウィッシュリストの更新をしようとしたところで、メモは壊れたケータイにあったことを思い出す。
 内容についてはほぼ取り出しようがないので、このまま失われて終わりそう。
 すぐに思い出せる映画は少なく、あるいは思い出せても「もういいや」感があるものもあり
 そこに記していた映画たちは実際的には興味がそれまでだったか、と思わなくもない。

だいたいスプラ2と惰眠。180423

良い天気に良い風と絶好の行楽日和。しかし屋内でだらけて終える。
木曜か次の土日のどれかあたりに山登りにいきたい。180422

・Switch
 スプラ2:フェス、未知の生物VS先進の技術。
 いつもより時間がかかってしまったけれど、目標達成。
 ミステリーステージのギミックを理解するのがだいぶ遅れてしまったが
 ステージ自体はなかなか面白かった。
 最近はスプラローラー多め。デュアルガンの扱いがだいぶ下手くそになってしまった。

夏日だったらしく、今年初の扇風機稼働。180421

GWまでに金策をしたいと思いつつ、間に合わなくて爆死パターン。180420

・Switch
 地元の店で「Cave Story+」が新品半額になっていたので気を引いたが
 3DS版でプレイ済みなので優先度が低く、簡単には飛びつけない。
 「とともの。1」のリメイクが来週突発的に発売されるが、
 こちらも価格が3000円を割っている設定でやはり気を引く。
 ととものは未プレイ&ゲーム内容的にプレイを一考する。

・アナログゲーム
 アグリコラ 牧場の動物たち:2人専用で牧場特化になったアグリコラのバリエーション。
 最近よく感じるものだが、始まる前は面倒くさそうで、始めてしまえばスムーズに進行するゲーム。
 得点計算を間違えはしたが、わりと楽しく、大差もつかずに遊べた。
 本家アグリコラもこれくらいシンプルだといいのに、とは思うのだがいかんせんプレイヤー人数が違い、
 ゲームルールの都合上、プレイヤー人数が増えれば行動選択も増えなければならず、
 そのためにはゲームの要素が多くなければいけないとなり、結局本家が煩雑なのは仕方がない事だった。
 なのでこのゲームはよりわかりやすい反面、2人専用に留まってしまう。
 ランダム要素がない純粋な打ち手の読みあいなので思考派同士向け。

 このところゲームのプレイ頻度が高く、それも毎回新規となるとさすがに疲れる。

・MTG
 ネット通販でのボックス型のくじを買っていたものが到着。
 結果としては見事にはずれ。
 最低保証の内容があるのが救いだが、それもまたパックなので中身がはずれ。
 ローリスクハイリターンな内容だった上に、自前では買わないものが目玉の大当たりだったので
 ついつい乗っかってしまった。
 結果論にはなるが、これなら2ED《太陽の指輪》かドミナリアのパック購入にでも充てればよかった。
 そんな後悔はしつつも、またいずれ同じようなくじに手を出してしまうだろう。
 普通にパックを買うにしても当たりはずれがあるのだし、TCGは射幸心を煽られやすい。

・アイカツ
 アニメのフレンズ3話。
 ぐいぐい行く主人公のあいね。まだあいねをフレンズとしての眼中にはいれていないみお。
 しばらくは友情をはぐくみ、アイカツに励み、まだサブキャラ止まりのエマと舞花の登場待ちと
 夏くらいまでは序章的な扱いが続くのだろう。
 あいねが物怖じしなすぎ、周りをみていなすぎで不安なところがあるのだが
 アイカツは優しい世界なので、そういう点はあくまで前向きポジティブに捉えられる。

 先週から行われているDCDのヨーカドーでもプロモ配布に若干心揺さぶられているが
 ゲーセンとヨーカドーとではハードルの高さが違うのと、確実に欲しいカードでもないので
 ここは素直に引いておこうかと思った。
 ゲーセンの時点でも結構ハードルが高いのだが、もう一段飛び越えるとなるとまた話は別。

金策をしないとー、と思いながらも欲しいものばかり増えて行き
一時的な消費ばかりに消えていく。180419

・クリッカー
 Vostok Inc.:いまさらながら評判が良いのかその名前をみかけることが多く、
 体験版に手を出してみた。クリッカー系ではあるが、クリックゲームではない。インフレ部分が共通。
 体験版の範囲をわからずにしばらく遊んでいたら突然終わったが、おそらく1時間の時限式だろうか。
 中毒性があるので買ってしまってもいいのだけど、あいにく今は残高がない。

 Vostokのプレイに先駆けて、クッキーババアも久々に動かしてみたのだが、
 以前のCoockieやセーブデータは破棄してしまっていたので最初から。
 しばらくやってみたが、ブラウザが弱音を吐くし、以前みたいになにがなんでも続ける気にならず終了。
 クリッカーは強くてニューゲーム感が強い2・3周目あたりに華があると思う。

チョコレートや飴のストックがなくなってくると心細くなる。180418

・アニメ
 Lostorage conflated WIXOSS:1話視聴。続けて2話もと思ったが
 どうやら2話以降の無料配信は金〜日の間限定の模様なので今回は見れず。
 前作incitedの直接の続きであり、さらに前のるぅことタマの話の延長線上でもあり、
 前2者とその他コミカライズなども含めての総括となっている。
 今回はサブ枠に落ちてしまっているが、ちーちゃんはあいかわらず最高にかわいい。

視聴予定のビルドダイバーズはまだ見ていない。180417

・アナログゲーム
 ファブフィブ / FabFib:そういえば昨日新規にプレイしたものの忘れていた。
 ウノみたいにブラフを仕掛け、それを見抜くゲーム。
 ゲームルールも簡単で、ルールもあってスピーディだし、ウノとは違って常に行動が
 ゲームの終わりに近づいていくのは良い点。短い時間やゲームの合間などに一挟みするミニゲーム感覚。
 やり慣れていないせいもあるが、ブラフを仕掛けるのがウノなどに比べると消極的な感じはした。
 900番台に入ってからようやくブラフが成立しそうというか、ブラフをせざるを得ないというか。
 低い数字であればブラフを仕掛ける意味もまたない。
 悪いゲームではないが、ボドゲカドゲの手持ちの選択肢が無い人向けではあると思う。

・アイカツ
 そういえば昨日の、イベント中に非イベント参加者がやってくることで思ったが、
 お店に筐体が1台しかないというのも詰まる理由にはなっていたが
 お店どころか地域に1台しかないし、筐体どころかアミューズメント施設自体が他にほぼ無い。
 混雑中の子供の「これやりたーいー」に対して親も「他に行こうね」という選択肢はないのだ。
 これが一つ隣の市になるとわっと数が増えるが、移動やリサーチを伴う行動なので
 親の方が熱心でなければまず行われないだろう。
 事情は違うが、その親の方が熱心なパターンの実例を見かけた日でもあった。
 イベント日しか見ていないせいもあるが、人が来る店なだけにもう1台はあればとよく思う。

・ポタリング
 これまた昨日の話の続き。
 昨日新たに見つけた公園について調べてみたら、湧水地であったり遺跡の一部であったりして
 改めて訪問しておくべき場所だと認識。
 何気なく通った場所が実は……、といった見過ごしはわりとありがち。
 同方面へ向かう際の楽しみの一つになる。

・ユニバーサルデザインフード
 日本介護食品協議会が制定している介護食品の取り決めとその製品。
 まるで他人ごとではないので、そういうものがあるという認識をもっておく。

・3DS
 ファイナルファンタジーピクトロジカ≒:ピクロス30エリアクリア。
 もう一つのゲームモードや、連動限定の31、32エリアは残っているがひとまずは終わった。
 携帯機とピクロスは相性が良すぎてついついやってしまう。

・歪みの国のアリス
 アンコールで初のトゥルーエンド到達。
 トゥルーは最後の分岐がそのまま5種のエンドに分かれているのでエンディング収集は楽。
 あとは道中分岐と併せて、毎日貰える羽(スタミナ)次第で随時消化の流れに。
 フローチャートがゲーム中で示されているので分岐埋めも簡単。
 無料プレイだとスタミナ方式がもどかしくなるが、しかし毎日コツコツとしたプレイになるので
 いっぺんに遊んですぐに終えてしまったり、入手に満足して積んでしまうこともなく続けられた。
 それこそ積んでいる「一夜怪談」のほうも手をつけないと。
 積んでいるホラーゲーといえば、今年の夏こそは「流行り神」を終わらせられるだろうか。
 積むくせに他にもホラーテイストのゲームに手をだしたい。

・懸賞
 そういえばAKBックリマンの第二回ホロシールの抽選はどうなったのだろうと確認をしたら、
 1月ちょっと前にすでに済んでいるようだった。つまりハズレ。
 1枚は当たっているとはいえ、もう1度当たってほしかった。

書くことが無いようで案外とある。180416

・ポタリング
 午前中に天気が荒れそうな予報だったが晴れていたので遂行。
 行きに少しだけ雨粒があったが気にするほどでもなし。
 ルートの新規開拓の収穫あり。トイレ休憩が可能なのがさらに良い。
 道中で緩めのロードレーサーに抜かれたあと、ペースメーカー代わりにと
 しばらくついて行ってみたらいいペースを保てたが、少しずつ離されて行って
 気がつけば息が上がっていた。普段から速度を出して走ることはないのだが
 そういえばこうやって息が上がるような走りは滅多にしておらず、
 仮にトレーニングをするならこういう走りが必要なんだろうなと思った。
 ロングライドをするならバテないような走りもまた大事だが、時間がかかりすぎても仕方ない。

 道を聞かれたのだが、自分が頭で描く地図と実際の道路接続とに若干のずれがあり、
 ルート的には実際に目的地にたどり着くだろう道は伝えられたのだけれど
 改めて地図を見ればだいぶ無駄を含んだ提示になってしまっていたので申し訳ない。
 自分の走りの癖や道の選択は、ロードレーサーや自動車には向かないことが多い。

 アイカツの大会のほうで抽選にあぶれたら山登りに行こう、とも思っていたのだが
 そちらも恙無く進行して時間を食われたので、普通に帰ることになった。
 帰宅してすぐにまた出かけるはめになってしまったが。

・アイカツ
 いつもの大会という名の集客イベント。
 前期は星のツバサ編にちなんで「認定大会」という名称だったが、
 今期はフレンズ!にちなんで「フレンズスカウト」という名称に変更。
 今回は開催数が月1回の代わりに1回での募集人数が増えており、実際に参加者も増えていた。
 新番組効果なのか、イベント参加自体が初めての人も2割強ほどいた。
 申し込み人数が募集人数を越えてしまったので抽選による参加決定となったが
 今回も運よく漏れずにすんだ。
 ごく低点数の目標をクリアするだけでいいので、スターズ衣装できままにプレイ。
 カレンのカードを貰えたわけだが、これはやはり来月のミライのカードもぜひ欲しくなる。

 以前もアイカツのイベント時には時おり通常プレイをしようと筐体に寄ってくる子はいたが
 今日はそれらも少し多かったように見える。
 さらに今日に限ってはゲーセン自体にやたらと子供の数が多く、あちこちで走り回っていて
 これは店員さんも大変だろうと思ったりもした。
 いままでならこういう時にプリパラ台が吸収してくれたりしたものだが、
 このタイミングでプリチャンは稼働開始前という罠もあり、子供の需要に応えきれていない日だった。

 今回は性別も年齢もいつもよりも幅広く(とはいえアイカツお姉さん率は高め)
 フレンズはおおむね受け入れられているのが実感できた。

・アナログゲーム
 イマジナリウム:4人プレイ。
 デッキビルド系に近いと思うが、カードゲームよりはボードゲーム寄りとも。
 他のゲームにもいえるが、やはり物理的なボードの存在や、共有スペース的なものの存在は大きい。

 
 テーブルには結構な広さを求められる。

 
 機械たちのイラストにはUNSTABLEっぽさも感じる。
 かわいいとおもうか気味悪いとおもうかは人次第。

 ニューヨーク・スライス:今回は内容物を見ただけ。
 
 このパッケージに

  
 こんなコンポーネントたち。

 他、既存でブロックスや3Dブロックスを初の4人プレイや、クラッシュアイスゲーム。
 クラッシュアイスゲームはなかなかふざけていて面白いのだが、
 そもそもゲームを開始する準備がある種のゲームになってしまっていて始まらないせいか
 なかなかこの楽しさが伝わらない。

他にも細々としたことはあったが、これでも省略気味。
なかなか愉快な一日となった。180415

昼間が意外に悪くない天気だったのがもったいないものの、寝て過ごす。180414

・猫
 猫の毛刈り。
 ベタベタのネズミ捕りにつかまっていたネズミを狙って
 猫もひっかかってしまったらしい。粘着部分を刈り取り。
 刈ってみるとわかりやすいが、1本の同じ毛でも、
 表面にあたる毛先は固めで若干の撥水性があってつややか。
 内側になる根本のほうはふわふわで保温性がある。
 羽毛も同じようにできていて、動物たちが雨風に耐えるように毛はできている。
 そんなわけで、おそらく今は濡れたら寒くて仕方がないだろう。
 今が春だったのは不幸中の幸い。

今月中の行動予定が3つあったが、全部を遂行するのは難しくなってきた。
できれば2つはやっておきたい。意外と冬場のような風にも参る。180413

・アイカツ
 「スターズ!星のツバサ」のまんがをいつもの書店で発見したので回収。
 もしやと思って「スターズ&ミニ名鑑」とは離れた位置を確認してみたら見事に見つかった。
 価格に対してページ数があまりにないが、フルカラーなのでそれも止む無し。
 基本的にはアニメの合間を縫うようなエピソードで話に違和感がないのと、
 アニメコミックかとみまごうようなイラストの再現性の高さは実に良い。
 これはフルカラーで合っているとしっかり思わせてくれる。

 フレンズ:アニメ2話。しばらくはキャラや商品の紹介を兼ねた回が続くことになるが
 ところどころにシリーズらしさや過去のモチーフを織り込んでくるので見逃せない。
 当面の推しになるだろう明日香ミライが登場したので満足。

・アナログゲーム
 俺のケツをなめろ!×ガールズ&パンツァー劇場版【ボコ争奪戦です!】:俺ケツのガルパン版。
 スキン変更というだけでなく、ゲーム的な変更もあるらしい。
 元のゲームからそうなのだろうけど、台詞を読み上げるカードなんかはらしさがある。
 対決型ではなく競争型の対戦ゲームなのに違和感はあるが、各戦車のステータスには
 非常にそれらしさが溢れていて、台詞のカードなどとともに雰囲気は出ている。
 適切な状況でプレイできなかったので、評価もまた適切にできず。

 パンデミック:ライジングタイド:クリア条件を人口関係固定で1つ追加した状態でプレイ。
 ゲーム開始時での決壊状況が集中しすぎていて早くもクリア不可能と思われたが
 逆を言えば移動の手間が省け、終わってみれば案外と楽だった。
 が、イベントカードを規定数よりも若干多く入れてしまっていたみたいなので
 それによる難易度の低下が生じていた模様がなんともいえない。

まだ4月も上旬ながら、今月の行動予算が減りすぎた。
すでに予定しているものは別として、外食などはもう無理そうである。180412

なんもだ。180411

今日はブラウザゲームばかりやっていた。
以前左目に入ったゴミが、また痛い位置に収まってしまっている模様。180410

・アイカツ
 今日も今日とてアイドルカツドウ。
 スターズの最終話の配信をぎりぎりでもう一度視聴からの1話も再視聴。
 最後と最初だけあって、キャラやキャラ間の変化ぶりがよく見えて楽しめた。
 劇場版の前後くらいまでは全体的にまだ初々しかったはずなのだが
 その部分はわずかな話しか見ていないので、過去にして未知である。
 続けて配信開始のフレンズ1話も再視聴。
 おそらく次回のステージは「Believe it」なのだろうけど、
 はやくミライのアニメCG版「アイデンティティ」が見たいものだ。
 といいつつもBelieave itにもすでに洗脳されてきていて、アイカツは恐ろしい。

・道路
 地図を眺めていた時にふと確認をしてみたら、谷中湖と自宅の緯度が同じだった。
 谷中湖は南北に3-4qほどあるからその範囲は広いのだが、自転車での移動で
 南北の動きがあることは結構大きく感じられ、もっと北にあるように錯覚していた。

 他にもこれまで自分が行った場所の東経や北緯を確認してみると、
 案外と経緯の片方が近いところは多く、仮に直線移動ができていればだいぶ近いだろうところは多い。
 昔の道というのはたいていは川を基準に作られていたし、治水工事で河川の形が変わった今でも
 変わり切れない箇所や架橋の限定など、川の影響は今なお強い。

 前年度から今年度にかけて開通している近隣の諸道路においては、
 まっすぐなショートカットをさせるバイパスが多く目立つ。
 道ができる前はなにがしかの建物や障害があったりするからピンとこないが
 すべてどけられて1本の道になると、なるほど通り抜けやすいと納得する。

 ポタリングの上ではまっすぐな道ばかりでは寄り道の風情がないのだが
 しかし距離を稼ぐとなるとまっすぐで新しい道のほうが進みやすくもあり
 拠点間移動においては走り抜けるだけの道というのもやはり大きな意味がある。

・歯
 先日折れた歯だが、食事中知らずのうちに欠けて飲み込んでしまったようだ。
 折れていても形の上でもそこにあるうちはまだましだったようで、
 今は空になってしまった部分の代わりに不安が居座った。

左目もおかしいし、いよいよもってこれはもうダメかもわからんね。(だめだめ詐欺)180409

・アニメ
 覇穹 封神演義:視聴完走するつもるで見続けているが、いつのまにかこのペースに慣れていた。
 ストーリーアニメとしてはけっこうひどいが、PVとしてはあいかわらず良いとは思う。

・アイカツ
 YouTubeでアイデンティティのMVをループ。
 フレンズでの楽曲関係のリセットの痛みが早々にやわらぎ、もう受け入れられている。
 今頃になってスターズの「MAKEOVER MAKEUP」にもはまる。やはりCDの入手を考えないと。
 スターズでのセクシー曲は振り付けがどれも素晴らしいので、3DS版に無い楽曲も
 はやいところコンシューマ用ソフトになってほしいもの。

 今日はポタリングで登山をするか、MTGのストアチャンピオンシップに行くかと迷ったが
 あまりの強風と寝不足のだるさのためにどちらも逃して寝ておしまい。180408

・アニメ
 Lostorage conflated WIXOSS:今期はAbemaでの配信がないようで参ったが、
 バンダイチャンネルで9日から配信とのこと。無料であればこれで見られそうだ。

 ガンダムビルドダイバーズ:こちらもバンダイチャンネルで配信開始している。
 ガンダム系だからまず配信はあるだろうとは思っていたが、実際にあるのは嬉しい。

・MTG
 手持ちのカードを改めて確認していたら、赤緑を分解して赤単トロンと緑白が
 作れるんじゃないかと思いだしてきた。
 とはいえやはり基本土地が少々心もとなくなるのと、緑白に至っては除去がなくなるので
 クリーチャー並べるしかなくなりそうで明らかに弱そう。
 楽しそうな青と黒は基本土地からして高いし、当然便利なカードは安くないので
 こちらはメインカラーどころかサブにするのすらずーっと後になるだろう。
 そも、オールドスクール同士で対戦することもなければ、その機会があったとしても
 デッキが釣り合わないだろう問題もあり、遊べるコレクションにすぎないのだが
 それでもやっぱり93/94のカードの魅力には惹かれっぱなし。

前日の疲れもあってだらっと過ごして終わり。180407

・アイカツ
 DCDフレンズ!のプレイと販促品の入手へと行ってきた。
 初日を逃したこと、春休み期間、アニメ放送後という状況なので
 下手をしたら販促は終わってるかなと思ったが、余裕がある状況で受け取れた。
 反して、ルーレットキャンペーンのほうは二日目にしては数が減っていたので驚く。

 ゲームとしての大部分はスターズ!のシステムのままだが、
 フレンズ!からの追加要素は問題なく受け入れられて楽しめた。
 カードの排出やルーレットもいい感じに当たり、出足は好調。
 引き留め工作でも食らっているような気分ですらある(笑)。
 下旬のカレンのドレスルーレットのカードも欲しいところだが
 その頃には予算がない予定になっている上に抽選の運次第なので
 無理に狙いに行くものではないか。
 去年の今頃などは全くプレイしていない期間が続いていたし
 同じように一時休止することもありえるのだが、プロモカード大好き人間なので
 プロモーションに合わせて程度には継続的にやりかねないとも思う。
 つくづく大会イベント参加からこのかた見事にのせられている。

 楽曲としては「アイカツフレンズ!」と「アイデンティティ」が気に入った。
 これらの収録CDが別なのが歯がゆい。
 ついでにいえばスターズ!のミニアルバム「Fantastic Ocean」も未入手なので
 楽曲についてはゲーム以上に自己需要が続くことになるだろう。
 楽曲提供関連の変更はとても大きな衝撃だったのだが、慣れや馴染みというのもまた大きいわけで。

・歯
 アーモンドを噛んだ際にパキっと音が。角度が悪くて折れた。
 形の上ではまだ繋がっているが、欠けるのは時間の問題ですでに役に立たない。

・アナログゲーム
 イマジナリウム / IMAGINARIUM:機械を組み立て、動かし、指定点数を早く目指すゲーム。
 今回は紹介を受けただけでプレイはしていない。
 コンポーネントのザ・ボドゲ!という感じがとてもよい。
 
 

 パンデミック:イベリア:難易度を上げてみての二人プレイ。
 病院に患者が集まる設定と、特定の病気の追加。
 常にぎりぎりの対処が続く中、最終的にエピデミックの連続で人類(イベリア半島)滅亡。
 前回と同じようなことを書くが、これとライジングタイドは、どちらも元は同じパンデミックでありながらも
 それぞれがうまいこと時代と地域設定を生かしたまま別ゲームになれていて実に楽しめる。
 パンデミックを知っていると理解が早いというのはあるが、拡張や変種ルールというよりは
 独立したゲームとして成立できていると感じる。

寝不足というか夜更かしが続いていて行動予定がずれる日々。
いくらか早く寝たいが寝付けない。180406

・アイカツ
 フレンズ!アニメ本編放送開始&DCD稼働。
 DCDは初日プレイにいくつもりだったが、明日以降に順延。
 大規模アップデートの割には、あくまでスターズ!が下地のままなので
 追加や削除といった変更要素を踏まえても、新弾になった程度の感覚らしい。
 基本のリズムゲームが変わらない以上はそれもそうなのだが。
 ミュージアムモードでスターズ時のフリープレイに近い遊びもできるので
 昨日で終わったスターズとのお別れ感は恐ろしく低い。

 アニメのほうも初回から好評。
 無難なのか攻めてるのかは自分には判断がつかないが、
 舞台もキャラも一からということで、作品の成長を見守っていきたい。
 DCDともども3DCGパートについては制作上のノウハウはたまっていく一方で
 良いクオリティにEDまで遜色ないCG化をしていたりして良い経年を見れた。

 スターズという作品は終わっても、アイカツというブランドとしては
 まだまだ続いていく事を感じられて喪失感はだいぶ薄らいだ。

・MTG
 ほぼコモンだが、赤緑のオールドスクールデッキがだいぶ固まってきた。
 だいぶ4版的なデッキなので、できればもっとオールドセットのカードも入れたくなる。
 まだまだ加えたいカードは多いが、実際の入手やそのペースを考えると一旦ここらで一休み。
 島沼平地も増やして他の色にも着手という気持ちもしないではないが、
 山森を増やして赤単緑単に分けるほうが現実的。
 もてあましているトロンもデッキに組みたいものだがふさわしい呪文がない。

・Switch
 PSO2:昨日からクラウド版開始。とりあえずログボだけ貰う生活。
 OPUS魂:買ってから他の事に気を取られっぱなしで積んだ状態。一応開始はしている。

眠くてあれもこれも捗らない。180405

・アイカツ
 DCDスターズ!稼働最終日ということで、スターズ納めに行ってきた。
 プレゼントボックス内の本日期限のアイテムも印刷しておきたかった。
 平日ではあるが春休みなので人がいるかなと思ったが、2台あるうちの1台にカップルがいただけで
 お子様などの他の客は来ず終いだったのでゆっくりプレイできた。
 アンコールが発生しなかったので、ゆっくり動画撮影ができなかったのは残念だが、
 その気なら捨てプレイで動画も撮れたか、とも思ったり。
 アーケードに限らずオンライン前提のゲームというものは「保存」したくなるものだ。

  
 カード印刷時にインク切れエラーが発生し、ブザーがひたすら鳴る。
 すぐに店員が見つかり、インクとカード用紙を交換する手際もよくて事無きを得た。
 明日の新装稼働前の交換なのはタイミングとしてはちょうどいいと思う。
 写真だとわかりにくいが、印刷されていないロール紙の段階でホロパターンが入っているので
 真っ白な無地の上に虹色がキラメいていてその状態で欲しいなと思ってしまった。

 やり逃していることばかりだが、とにかくこれで縦画面のアイカツスターズver.7.09は終わり。
 明日から筐体もドレスチェンジを施され、フレンズver.8.01が稼働となる。
 アニメが終わりこうしてゲームのほうもついに世代交代の時がきた。

・ゲーセン
 上のついでに。
 もう終わっている店舗もあるらしいプリパラはまだ稼働していた。
 ゲーム的に先がないせいか、春休みにもかかわらずいつもはいる客がいないのは寂しい。
 プリチャン台が入ればまたにぎやかな場ができるのだろう。

 プライズでお菓子を狙うも、つかんだ商品がアーム内でダイナミックな動きをして
 変な留まり方をして失敗。とれそうでとれない景品や配置というのは射幸心を煽ってくる。
 ここのゲーセンはアームの力がまともにあるので、それもまたいい煽りになっている。
 失敗した分は損だが、深入りせずに諦めた。

・めろんちゃんの成長日記
 
 萌芽。
 この様子なら下旬までには青々と茂りそう。

移動したついでに、以前キリスト教看板を取り損ねたところまで行って撮ってきた。
まだまだ少ないが、看板のページをそろそろ作りたい。180404

・MTG
 日本語版クロニクルのカードリストを眺めていると、日本語オールドスクールもやりたくなるので困る。
 ショップによる独自開催なども見られず、個人間でたまに遊ばれている縛りプレイ。
 確立しているフォーマットではないが、おそらくは日本語4th(黒枠・白枠)+テンペストまでで5版は除く
 96-97年発売のカードが使用対象だろうか。禁止・制限は他のフォーマットや過去のTYPE2を参考に?
 本家old schoolに比べるとぶっ壊れた呪文や認知度の低い意外なカードはだいぶ少なくなるのだが
 それでも今やると忘れ去られているカードというのは少なくないし、ゲームルールの変更による性能差や
 今の基準とは違うバランスのゲームに新鮮味がありそう。
 昔は(今も、だが)ザ・ダーク以前のカードの印刷にときめきを感じていたが
 今となっては日本語黎明期の黒枠や書体にもまたときめきを感じている。
 ゲーム的には上記のような縛りを用いでもしないと、まず出番はないのだけれど。

 発注していた《稲妻の連鎖/Chain Lightning》LEG英語版が在庫不整合でキャンセルを食らってしまった。
 某店で比較的安価でまとまった数が置かれているので、そちらで回収をしたほうが良いか。
 しかし今月はすでにMTG用の予算をドミナリアの分まで使ってしまった感があるので<後回しになりそう。
 後回しといえば、いつか買おうとウィッシュリストにいれていた《Powerleech》ですら10倍以上の価格になっていて
 本当にこの1年の間に再録禁止の価格がひどいことになった。
 ウルザブロックの再録禁止フォイルも高騰が顕著。
 オールドエキスパンションとフォイルに関しては使いづらいカードでも値がつくというのに
 フォールンエンパイア以降の紙レアのスルーされっぷりだけはあいかわらずなのには苦笑い。

・アイカツ
 GW期間中のローソンキャンペーンの告知が来ていた。
 今回は能動的に取りに行く内容ではないので気が楽。
 フレンズ!の初期展開のためにキャンペーンやイベントのラッシュだが
 参加するしないは選んでほどほどにしておきたい。

今年度もMTGとアイカツの話ばかりだなう。
なお明日明後日もアイカツ話になる予定。
気温が高めなので風にあたっていたら頭痛に苛まれた。180403

・MTG
 そういえば昨夜に注文商品の選定をしていた時、英語版LEGの《主の存在/Presence of the Master》を
 カートに入れようとしたところで、他の人に買われたというエラーが出て買えなかった。
 マイナーなカードで市場在庫はないせいもあるが、こうもピンポイントで買われるとは。
 無条件でゲームに使うだけなら同名のバリエーションでいいのだが、特徴的なイラストや
 カードセットや言語というのはトレーディングカードとして重要であるとともに、
 最近は条件付きのゲームフォーマットが増えてきたので、特定のバージョンであることが
 そのカードの価値を作ることになっている。

 たまたまYou Tubeのおすすめにあったコレクターのエラーカードの動画をみたが、
 ネット上ですら自分が知らなかったエラーやテスト版があったりして驚いた。
 MTG Misprint Collection worth 1 Million Dollars++ w/Rudy, Edwin, Open Boosters...
 当然ながらコレクションのレベルもまさに桁違い。
 あくまで動画越しではあるが、こういうのは刺激にも目の保養にもなる。

トライアルに炭酸水が大量に置かれていて助かる。
が、フレーバーのバリエーションはなくなったまま。180402

・ノートン
 知人から、ノートンが変な検知をするのでどうにかしてほしいという
 非常にあいまいな相談を受けて、確認とできれば対処にと向かった。
 端末に異常があるのではなく、無線ルーターがWEP/WPA2の無線通信をしていることへの警告だった。
 無線ルーター側についていくつかチェックをしたものの問題は見当たらないが、
 このルーター(の電波タイプ)が悪いというノートンの判定は続く。
 解決にはならないが、とりあえずノートンが該当する警告を出さない設定にしてみたが
 設定をして数分のうちに同じ警告がでてきて止まない。
 解決するには無線ルーターを高級なものに替えるくらいしかないかとさえ思う中で、
 ノートン上には「他の製品を買って解決してね!」的な表示がチラチラ。
 とりあえずノートンは無視しておくようにと、何の解決もできないまま帰宅。

 帰宅後に調べてみたら、どうやら3月28日からノートンに不具合が発生していて
 このような過剰で無為な警告を発しまくるのだという。
 そして根本的な解決方法として、配信済みのアップデートの適用で問題はおさまるという。
 セキュリティソフトに不具合があったり、過剰に不安を煽ったり、広告誘導ばかりしてくるのは
 これは信頼性が低く思われても仕方がない事案だ。

・マンガ
 月刊ヒーローズがだんだんと薄くなっていっているのを感じていたが、
 今号はさらに記録更新をしていると感じる。
 あまりの薄さ、入荷の少なさ、ついでに春をイメージしたかわいらしい色使いの表紙とあって
 小さな売り場にもかかわらず認識できなくて見つけるのに時間がかかってしまった。
 以前に比べたら薄さだけではなくて取り扱いの量もだいぶ減った。
 入荷量と残った前号の数が同じというちょっとおかしな自体。
 ただ、基本的に余るのを前提に大量に置かれていた本でもあるので、
 売り場を有効に生かすことと無駄な廃棄を減らすためには、取り扱い減少は妥当といえる。
 アニメからのコミカライズ、マンガからのアニメ化の作品もちらほらあるうえで
 良質の紙で月刊で200円というのはだいぶ下駄を履かされている感じがするのだが
 それでもマイナー感が拭い去れない雑誌である。

・MTG
 《密林の猿人/Kird Ape》は諦め、poorだが《稲妻/Lightning Bolt》4枚を発注。
 さて、次は《Chain Lightining》を4枚集めるターンか……。
 《Taiga》も欲しいがさすがに桁が違うので手を出せる日は来るのやら。
 その前にやはりpoorでいいので《太陽の指輪/Sol Ring》の1枚くらいほしいなぁとか
 《Sink Hole》以外で土地破壊がほしいなぁとか、物欲は尽きない。
 βやαも欲しいが、そのあたりは基本土地にだけ触れればいいところか。

・遊戯王
 先日に発売された「スターター2018」とかいう商品に、ランダム封入でこれまでの
 殿堂入り的なバージョンのカードが封入されているという。
 古いカードには痛みもあるかもという公式アナウンスが出ており、
 社員がショップからカードを買い集めてきたというゼンディカートレジャーと同じやり方かもしれない。
 購入を煽ってはいるが、定価で買う分にはそれを除いた一式だけでも十分な内容らしいし、
 今、新品の商品を買っているだけのプレイヤーにも、増刷ではなく当時物そのままの
 大当たりを引けるチャンスがあること自体はいいと思う。
 とはいえこれをプレ値で買ったり、当てたい一心で多々買いはしないほうが良いとも思う。

ネット上はエイプリルフールネタでにぎわっていた。
1週間くらい置かれるらしいが、Google mapのウォーリーを探せを楽しんだ。180401

5月メニューKG板3月
当コンテンツ・ファイルの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。