雑記・2018年2月

3月メニューKG板1月
・アイカツ
 今回のログインボーナス貰いにいかなきゃ……とか思い始めてちょっとアレ。
 使う予定のないマイキャラパーツなので貰えなくてもいいのだけれど
 持っていないパターンであることに後ろ髪を引かれる思い。
 せめてwebで外見変更やシミュレートができれば迷わないのだけど。

 今日で終わりのアイカツ!武道館、セットリストを眺めるだけでも充実ぶりがうかがえる。
 ライブ盤ほしくなってしまうので困る。

・3DS
 すれ違い通信中継所終了のお知らせ
 おもにセブンイレブンで使っていたけれど、いよいよこれも終了とは。
 実際もう積極的にすれ違いを使う事は大きく減っていたけれど、あればあるで良いサービスだった。
 すれ違い通信自体は個々のハードがもつローカル機能なので継続して利用できるとはいえ
 実際に通信待機している人も減っているだろうから、有効なすれ違いも大幅に減る。
 ソフトリリースのあからさまな減少に加えてサービス群の終了というのは
 ハードの末期感をいやがおうにも受けざるを得ない。

2月も終わり、いろいろ終わりの3月へ。連載も終わりだ!!(セイタス風)180228

・渡良瀬遊水地
 去年のレポにも追記をしたが、台風影響で欄干の倒れた写真をみかけていた野渡橋は
 可動式でわざと寝かされたものであることがわかった。いまさらではあるが一安心。
 次回野木町へ行く際にも往復のいずれかでは通ってみたいし、確認もしておきたいものだ。
 半年くらい前から更新が止まってしまっているようだが古河☆レトロさんのブログが参考になる。

 今年のヨシ焼きは3月17日と予備日として18日と24日が設定されている。
 もし動くならその日が最良ということになるが、野木の郵便局が土日はやっていないことや
 時間の割り振りも踏まえると同日の野木・古河行きは流れることになる。
 どう決めるかはその時々次第といったところか。
 余裕があれば3月〜4月中に野木行きというのがベターかもしれないが、今はいずれも未定。

・ブラウザゲーム
 アイギス:もちろん引き続き千年戦争のほう。
 いまや「アリス・ギア・アイギス」も出てきて紛らわしい上に
 モチーフやスタッフだけでいえばそちらのほうが自分に向いていそうですらある。

 それはともかく、千年戦争がこのところ楽しい。
 序盤はほんとうにつらいし育成もはかどらないしでつまらないばかりだったが
 なんとか続けて委任の日々を過ごした後、いよいよ攻略やイベントが消化できるようになったら
 スタミナ回復が待ち遠しく能動的に楽しめるゲームに化けた。
 城プロ同様に配置パズルのステージは特に面白い。
 これは王子レベル50開始くらいにして、一定レベルまではユニットの育成支援をもたせるなど
 早いところ楽しい部分に突入させるような改良があればよいと思う。

 以前の記事を見返してみたが、一か月前のタブレ導入前後と、二か月前の城プロコラボからの復帰と、
 なんだかんだで一月ごとにハマリ具合もゲーム進行も着実に進んでいる。

・アイカツ
 武道館公演の一日目が開催されていた。
 明日の二日目をもってSTAR☆ANISとAIKATSU☆STARSが卒業になるので、
 スターズ!のアニメが終わるというだけでなしに寂しいものとなる。
 ライブには行かない人間なのでそのために工面をするようなこともなかったが
 今回ばかりは行けた人を純粋に羨ましく思うのだった。

・MTG
 MASTERS25のプレビューウィークに入った。
 アイコニックマスターズに比べたらましではあるものの、ずっこけカードが多い。
 初出のセットのエキスパンションシンボルの透かしと最新オラクルによるテキストボックスは
 テキストがシンプルなカードほど美しいものになっている。
 レア以上がさっぱりでも、エタマスやアイマス同様に初フォイル化のカードや
 待たれていたイラストバージョンのカードなんかもあるわけで、
 コモンやアンコモンのほうにこそ期待が込められるのかもしれない。

世に楽しいことや楽しみなことは数あれども、気分がまっすぐそこに向かない。
なかなか困ったちゃんである。180227

FF6をやっておくつもりだったけれど、gdgdしていたらやらずに終わった。180226

来月中には野木町を含めた谷中湖周りにいきたいなーっと。
行けるかどうかはまた別。
今日のBGMはAIKATSU☆STARS!の「START DASH SENSATION」。180225

・ブラウザ/ブラウザゲーム
 政マニ用途でFireFoxを導入してみた。ほぼ快適な動作。
 ChromeだったらこれでWebGLが死んだな、という速度低下の状況になっても
 持ちこたえてくれるので助かる。これでedgeがお役御免。
 ついでに一本化が可能かと城プロとアイギスもFF上で試してみた。
 城プロはHWAを切ったIron/Chromeのほうが快適で、それらのHWAオン時に近い固さがある。
 アイギスは操作できないことはないが、時間がかかりストレスがたまって継続的なプレイには堪えない。
 というわけでChromeのHWAオフ版としてIronは残留することになった。
 IEに振っている役目も振り返られるかもしれないが、そちらの統合確認とOperaの試用は見送り。
 またなにか不便を感じたり問題が発生してからでもいいだろう。

・タバコ
 そういえば昨日友人が水タバコだかを吸っていたのだが、それを見るのは初めてで、
 吸い終わった後にスッと内ポケットにしまいこんだのがツボだった。
 火のついたタバコではありえない所作。

・猫
 普段はほとんど屋内にいて、人間のところに寄り添っているほうの猫が
 まる一日姿を見せていなかったので少し心配になった。
 昼には大事なく戻っていたので一安心。

・Switch
 ゼルダBoW:ハードモード再開。
 ゲルド付近の攻略で止まっているかと思っていたら、コログの森に入ったところだった。
 まだ無理だろうと思いながらマスターソードを引き抜いてみたら通ってしまった。
 そういえばゲルド攻略の前にマスターソードを持ち歩いてこの先会う人物たちを
 驚かせていこうと思ったところで中断していたことを思い出した。

 トルクル:何日か前にとりあえずの1周目クリア済み。
 1周にあたってのプレイステージ数自体は少ないが、とにかく1ステージあたりの攻略に手間どる。
 時々こういうゲームがあるのだが、セーブデータは通しプレイの1つのみで
 クリア済みステージの練習なり、最初の分岐までのスキップなりができないのはややつらい。
 ゲーム内容やボリューム自体はこれでいいが、ルート分岐以外にもリプレイへのモチベーションを
 高めてくれるような要素は欲しかった。

・漫画
 月曜日の友達:昨日すでに届いていた完結2巻を読んだ。
 連載版で読んでいないので結末はコミックで知ることになったが、
 ほうほうこういう方向かと感心した。
 今回は通販でのあっさり入手だったが、1巻の時は購入スケジュールを調整して
 書泉までコピー原稿を見がてら買いに行った記憶がとても印象強い。
 秋田書店以外からの何作かは見逃しているが、アベトモ作品はやはりずっと性に合う。

これだけあれこれ書いてからなんだが、今日も陽気の割にはやる気はない。
文字数ももっと詰めたい。180224

・MTG
 3人戦でスタンダードと統率者を1回ずつ。
 ボードゲームと適正プレイ人数が逆なのでは……と思わざるを得ないがどちらも環境都合で止む無し。
 統率では作成を命じられていた《メレティスのキナイオスとティロ》デッキで参戦。
 フォイル縛りで作ったのでありあわせのカードのみとなり、とくにリセット系がないのが痛いが
 それなりに土地を活かしたシナジーが動いたのは良かった。
 逆に使って見たかったけれどいままで日の目をみれなかったカードも入れてみたものの
 こちらは実際にプレイはできたものの、統率者自身とはディスシナジーで失敗だった。
 とはいえ全体に影響がある効果で、今までにない混沌が楽しめたのは悪くない。
 ハイランダーなだけあって、カードテキストだけでなく実際に回してから気付くことも多い統率戦。
 思った以上に長生きすることができ、結果は2位。しかし途中がgdgdで時間はかかりすぎていた。
 クリーチャーや、できればその他のパーマネントも巻き込めるリセットはやはりほしい。

昨晩からの疲れその他での腹風邪と軽微な頭痛。
MTGも最悪は横になっても問題ない場所でやったからいいものの、
内面と違って傍目には元気そうに見えているのかも。180223

・タブレット
 グーグルプレイ:「けものフレンズぱずるごっこ」が物議を醸していたので試しにDL。
 これはうまく公式にみせた海賊アプリといわれてもわからないと思う。(逆もまたしかり)
 広告有りのアプリはこれまでもいくつかインストールしてみたことはあったが、
 実際にありありと広告が表示されたものを見るには初めてで、しかも表示方法が複数パターンあり
 広告付きゲームを嬉々としてやっている人はこれを耐えているのかと関心というか感心する。
 自分が受けているネットアンケートの面倒くささも似たようなものなので、傍目にはどっちも罰ゲームか。
 ゲーム自体は既存のジェエル系ゲームのスキンを差し替えただけで、ひどくもないが「もう見た」としか。

 ついでに他のアプリを見ていると、懐かしきサンソフトの名前を発見。
 そういえばスマホ向けに歪みの国のアリスが出ていたなとナイトメア・プロジェクト製品をチェックした。
 とりあえず無料版の「歪みの国のアリス encore」と消費先のないプレイ残高と合致する「一夜怪談」をDL。
 どちらもガラケー版の時にプレイし終えているが構わないのだ。

・MTG
 ルネッサンス版のオアシスの出品を見て購入を迷う。
 滅多にみかけないので欲しいことは欲しいが、今急ぎではない。
 そこに続けざまのジョークルホープスの他言語。こっちは使いたい。
 たいした金額ではないのだが、今月は例年と違って余裕がなさすぎる。
 とりあえずはネット越しに写真が見れただけでも嬉しいといえば嬉しい。

・アナログゲーム
 アセンテ:3回目ともなると慣れてきた。
 秘宝が強いので、ハウスルールとして秘宝マリガンを採用。
 初手に秘宝が入るまで引き直し可。
 カード1枚の価値が1.5〜1.8金くらいに感じる。
 二人用対戦ゲームとしてはなかなかの傑作。

 ロールスルイージエイジズ / Roll Throuth the Ages:
 
 1-4人用の発展競争ゲーム。人数に関わらずハイスコアを競う形になる。
 木製のリソース管理板と、そこに刺すピン、そして専用ダイスによって箱に満足な重量がある。
 他者からの影響を受けないわけでもないし、ゲームの終了条件にも繋がるので無視はできないが
 自発的に関与することはできないし(確率論でいえば攻めることはできるが)
 ダイス目次第なところもあるが、いかにミスをしないかといった感じだろうか。
 エキサイティングはせずに淡々と進めていく感じだが、悪いゲームということではない。
 ダイスゲームではあるが、ターン毎に確実に終わりが近づいて長引かない作りなのは良い。

 立体ブロックス:今回は正規品ではなく、中華製クローンの魔方3D。
   
 これのもとになったブロックス自体、話にだけ聞いていて未プレイなのだが
 とにかくそのブロックスに高さであるZ軸が加わったもの。
 オリジナルからそうであるらしいが、ゲーム毎にプレイデザインの変更ができるシートが
 4枚くらい入っているのと、各プレイヤーが任意の角度で盤をみやすいように
 ボードがターンテーブルになっているのはとても好ましく、ゲーム性だけでなしに高く評価できる。
 今回は2人プレイなので単純にお互いの駆け引きのみに終わったが、
 3-4人だとハメ殺されるおそれがあるので行動選択の慎重さはより難しくなりそうだが
 ぜひともできるだけ4人に近い形で遊びたくなる。
 1ゲームがそう長くもなくサクサクできるのもやはり良く、パーティゲームタイプ。

・猫の日
 にゃんにゃんにゃんで猫の日。ゾロ目なので他にもたくさんの日が登録されいるとか。
 この日といえば平成22年2月22日を思い出す。
 真岡で駅舎めぐりに付き合っていたその日、キンカ堂の突然の倒産。
 前日までのセールは計画的だったんじゃないかと思えたあの日。
 キンカ堂がなくなってからもう8年も過ぎたということでもある。
 当時はヤフオクにキンカ堂の質流れ品なども出品されていたものだ。
 猫とはすっかり関係なく、むしろキンカ堂の日。

あまりに寒くて出不精。夜に雨やみぞれ。180222

・ブラウザゲーム
 政マニ:さすがにプレイの支障の大きさに限界を感じて
 ためしにedgeでのプレイを始めてみる。
 明らかに動作は遅いが、ゲームができないほどではないので暫定使用。
 edgeは基本的な使いにくさもあるので、近いうちに推奨ブラウザのoperaかFireFoxも試しておきたい。
 それにしてもローカル環境の都合もあって、ゲーム毎に最適なブラウザが違うために
 1ゲーム単位で専用化していくブラウザが増えていく。

痛みの類はほぼないが、やる気のほうもほとんどない。
これでブラゲのスタミナ消費をする気もなくなったらおしまいだと思う。
眠りたい時間には眠れず、そうでない時間にはしっかりした眠気というのも困る。180221

治ってはいないが、一昨日までに比べたらだいぶ楽になってきた。
その一昨日には今日は降雪の予報が出ていたが、空はなんてことはなく風もない素晴らしい日。
なにかビデオ映画が見たい。
気が付けば去年一昨年の日課はみな崩れ去った。
進展するのはブラゲだけ。南無。180220

・マルチ商法
 今月の高崎での事案で知った反マルチ商法のただのあおきんぐさんを応援しています。
 特商法違反+その他こまかい問題行為を直接目にしているのでマルチには反発せざるを得ない。

歯痛よりも風邪かそれに類する類の頭痛がつらい。
だるさでネット閲覧以外になにかをしようという気がわかない。
オーバードーズになりかねないので薬の間隔を空ける。180219

・武装神姫
 コトブキヤからメガミデバイスとのコラボ版が出るという。
 リブート絡みでの発表などもあったりして、今年の動きの強さが伺いしれるが
 立体物についてはコトブキヤ一任になりそうな構え。
 神姫はまだだが、ねんどろいどやfigmaなどのように他社間とのコラボフィギュアも増え
 この業界の垣根はだいぶとっぱらわれてきているように思う。

セール中のリステリンを買いに行ったら、キャンペーンの試供品付きで
実質25%の増量でささやかな喜びを感じる。
昨日も入眠に時間がかかり、今日はさらに痛みのムラが激しい。190218

・MTG
 アンティキティ版のウルザトロンが、あとは塔と魔力炉1枚ずつだが、
 どうせ手持ちの半分はヘビープレイドだし、バージョンも状態も無視して
 とりあえず4枚ずつ揃えてしまいたいと思うこの頃。
 まだX火力すら持っていないのでビッグマナの使い道はないのだが、しかしコモンでも
 オールドスクール向けの土地は手に入るうちに手に入れておいたほうがいい気がする。
 土地に限らずコモンカードですらも、あとで買おうと思っているうちに売り切れるし
 それでいて手放すには高くもないせいか売りに出す人も少なく再入荷はしにくい。
 パックで買う事がまだ現実的だった頃が実に懐かしいものだ。

前日に入眠するまでに3時間以上かかり、日中をその分以上に寝て過ごした。
朝は暖かくなりそうだったが、一日をとおして寒くなっていく一方だった。
世間的には羽生(はにゅう)&羽生(はぶ)(実質的には藤井)で盛り上がった一日。180217

具合は引き続き悪し。日のうちでもムラがあるが、一日を通して眠かった。
他の人が「低気圧が〜」と言っていたが、その影響もあるかもしれない。180216

・アイカツ
 ローソンのキャンペーンでエルザ様のセットをかっさらってきた。
 あとはアリアのセットのみだし、実際在庫もあったのだが、カード自体はすでにもっているし
 短期間でローソンで指定された買い物はさすがにきついので考え物。
 県南地域は初日から配布終了している店舗もわりとあったようだが、県北地域はだいぶ余裕がある。
 そもそもアイカツマシンの配置も少なく、遊びに行きやすい地域から離れたところのローソンに
 配布景品が用意されているというのは軽く采配ミスの感もある。
 せめて県境のローソン各店に優先配備するなどすれば、他県からの客も見込みやすいだろうに。

 アニメのほうはあいかわらずの毎回がハイライト状態でいわゆる「尊い」ことが続く。
 出てくるキャラやアイテムがメインではないものまで丁寧に扱われているし、
 勝者がいれば敗者がでるものだが、それぞれへのスポットの当て方が非常に良くて好ましい。
 大筋の予想は結局は裏切らないような展開なのだが、視聴中にはもしやがあるかもしれないと
 思わせてしまう流れもいいし、DCD版でネタバレかと思われた太陽のドレスについても
 アニメとDCDではパラレル的になっていて別物らしいのもいい。
 もっとも、ゲーム版ではマイキャラちゃんが実質最強キャラだし、ドレスもランダム獲得なので
 アニメ版の影響はあってもそのものにはなりえないわけだが。
 アニメもゲームも、残る1月半が1週1週刻むように過ぎ去っていくこの愛おしさ。

・アナログゲーム
 俺たちはボードゲームへの参加を…
 強いられているんだ!
 (6年ぶり2回目)

 アサンテ:今回の新規プレイ。二人用ゲーム。
 カードゲームと言い切るには若干のコマを要するが、フルカード化はたやすいだろう。
 アサンテとはスワヒリ語でありがとうを意味する言葉で、丁寧にいうとアサンテサーナだそうで。
 プレイヤーはアフリカの商人として、利益を上げていき、先に指定ポイントに到達した方が勝ち。
 ただし到達してすぐの勝利ではなく、1ターンだけ相手に逆転のための返しのターンがある。
 手札の補充が基本は1ターンにつき1枚で、その手札の消費がはげしいために、
 手札を増やす・質を高める系統のカードがとても強力。
 あるいは、相手の行動などを乗っ取る系統になると、相手の計画を崩す上にコスパが高い。
 個別のカードのFAQなどが少し足らないとは感じたが、基本的なルールは覚えやすく簡単で
 二人用としてはなかなかいい線をいっていてオススメできる。
 ぱっと見でいえば3-4人用かと思ったが、仮にそうするとゲームバランスがだいぶ変わってしまうのかもしれない。

 日本語版はグループSNE製、米田仁士氏のパッケージイラストが目を引くが、
 ゲームのフレイバーは西洋寄りよりももっとアフリカ原住感が強いテイストになっている。
 対戦相手への攻撃効果が高いフレンズたちがとても頼もしい。
 

 ブレーキングアウェイ:自転車レースゲーム。
 見た目だけでいえばまさにザ・ボードゲーム。
 使い捨てのスコアシートを使う感じも、なんだか妙な古臭さがあって好みが分かれそう。
 3-5人用であるため、今回はプレイせずにコンポーネントを見るだけにとどまった。
 
 なお、プレイ人数を6-9人へと拡張させる追加自転車コマセットも売られている。
 最大人数で遊ぼうものなら盤面がひどい大渋滞となること必至だろう。

 パンデミックRT:前回は嵐6枚+目的5枚で失敗したので、今回は嵐8枚+目的ランダム4枚という変種ルールでプレイ。
 目的の変化によってだいぶ楽な運びだったが、海面上昇はかなり進んでいたので危うさがなかったわけでもない。
 ゾイデル海の封鎖はならずとも北方地域を犠牲にマルケルメーアをマルケルワールトへと造成することに成功という
 歴史のifみたいなエンドを迎えてのクリア。
 もっともこれは、目的カードにゾイデル海の大堤防建築が来ずに、ゾイデル海内湾に3つの埋め立て地を確立させるという
 目的カードがきたためなので、今回のクリア指示自体がそういうものであったわけだが。
 嵐6枚+目的ランダム4枚であれば、追加要素の人口に触れた盤面でもクリアは難しくないかもしれない。

具合は変わらず。外目にわからないタイプの苦痛なのがまたなんとも。
こういうのは苦がない時に限って心配されたりもするもので、
気にかけてほしい時ほどいい加減な扱いを受けてしまう。180215

・ケータイ
 画面の映らないS006だが、電源オフからでも起動するアラームのために
 電池が切れるまでは毎日自動的に起動してしまう。画面が見えないのでオフにもできない。
 そんなわけでアラームが鳴っている間、鳴動にあわせて画面が点滅して表示されていた。
 しかしその明滅は弱く、アラームを止めたらその画面も消えてしまった。
 その後、真っ暗な画面にバックライトだけが点いた状態が少し続いたが、やがてそれも消えた。
 まったくもってよくわからない故障である。

今日も一日だるい。頭痛と寒気がつらい。180214

・MTG
 マジカルエマージェンシー患者を救ってきた。
 おかしいデッキと言われて見せられたデッキが本当におかしく、
 デッキ構築をする上でのなんたるかの反面教師の勉強になったり、
 めちゃくちゃではあるが勝ち筋はちゃんと存在しているし、
 ゲームをはじめたころのような純粋な面白さがあったりもして、
 ただの紙束ではなく得るものがあった。

続歯痛。痛み止めオーバードーザー。帰ってきてから眠い。180213

・ポタリング
 昨日の分の追記。
 森永ラムネがブドウ糖90%配合、手軽なサイズと価格で、サイクリングや登山などの
 アウトドアアクティビティにぴったり。今回も途中コンビニで買っていった。
 容器が小さいのであまり気にはならないが、プラ容器でそれ以上小さくもならないので
 気にする人は袋やケースともども事前に用意して詰め替えておくと吉。
 旅先でもスーパーやコンビニで気軽に買い足せてオススメ度が高い。
 昨日の行程で渡良瀬方面に行った時と同様の左手の痺れが再発。

・MTG
 プレイ用にとスタンダードのカードをまとめて頂いた。ありがたし。
 吸血鬼フィーター+αといったところなので、吸血鬼デッキひとつを新規にと、
 既存のスタンダードデッキの強化を行った。

昨日の反動か歯痛の悪化かわからないが、具合が悪くて一日ほぼ寝込んでいた。
おかげで予定よりも動ける時間がなかった。180212

建国記念の日
 日曜と被っているので休みが振り返られて明日と連休の人も。
 全然意識していなかったが、道路沿いの家々で日本国旗を揚げているところが見受けられ
 そういえば祝日だなあと気づかされる。

・ポタリング
 毎月恒例になってしまっているアイカツイベントへの参加を兼ねて。
 今日は起きた時間はよかったものの、出発前にソシャゲのスタミナ消費をしていたら
 出発予定時刻を過ぎてしまってよろしくなかった。
 朝から向かい風でつらいし、今日は下手したら間に合わないかとも思ったが
 ルートの把握によるペース配分がわかってきていることや
 行きには使っていなかったほぼ最短ルートを使ったりしたことで
 結果的にはいつもより短時間で目的地までたどり着くことができた。

 ゲームイベントの拘束時間もいつもより短く済んだのと日が長くなってきているために
 ゆっくりのんびりとした足取りで帰ることができた。
 行軍資金もないので寄り道も抑えめ。
 ルート的に行き帰りの道の多くは固定されてしまうが、それでも変更可能なところについては
 なるべく変えてみて、状況にあわせてルートのパターンが増やせるように模索してみた。
 時間におされずに走るのはなかなか心地よい。

・ヘルス
 ゲーセンにあった脈拍計を使ってみたら、前回よりも血圧が上がっていて脈拍が下がっていた。
 血圧は正常値の範囲だが、脈拍のほうは下がってなお高めの数値なので問題ありそう。

・アイカツ
 毎度の認定大会に参加。
 自分が参加してきた中では過去最高の人数で、当選率2/3の抽選参加に。
 幸いすぐに当たって無事に参加できたので良かったが、さすがにこの人数には驚いた。
 この間のリリィのカード配布の件もそうだったが、終わりの見えているコンテンツなのに
 こうして最後に向かってまで人が集まってくれるというのはファンとしては嬉しくもある。
 いつもは登録時間ぎりぎりに受付をしていた自分が最後のプレイというパターンだったが
 今回は自分より後に来た人も多く、そういうこともあって順番が早めに回り
 予想よりも拘束時間が短く済んだのも幸いだった。
 あとはまた今週のうちに1回ローソンを見るだけ見て、今月のアイカツは一段落の予定。

・ブラウザゲーム
 政マニ:ログインゲーにするといったな、あれは嘘だ!
 書いた当日は休んだものの、結局翌日からはわりと遊んでしまっている。
 本当に、ローカル都合のエラーさえなければ楽しいのに。

・ゲーム
 Steam:フレンドから先日発売したばかりの「Graze Counter」をギフトとしていただいた。
 まっことありがたい。
 今日は眠気に打ち負けてしまっているので、明日プレイしたい。

・ケータイ
 今日まで使っていたS006が突然の故障。
 ディスプレイがまったく機能していない。PCの時のようなバックライト異常ではなく
 完全に機能が死んでいる様子。
 とりあえずX-rayに戻す。
 ついでにSDカードを入れ替えた際に発覚したが、SDの容量もすでにいっぱいいっぱい。
 コピー済みのデータなどは削除して容量を空けておかないと。
 このところあれもこれもと壊れだしてダウングレードの一途でつらい。

今日も歯痛は継続。帰ってきてから猛烈な眠気。
のんびりしているようなあわただしい様な。180211

・アイカツ
 仮面ライダービルドと合同で、埼玉県内の一部ローソン限定というごく限定的なキャンペーン開催。
 そう遠くない場所に対象店舗があったので、さっそくキャンペーン品をゲットしてきた。
 キャンペーン用ポスター/スタンドに描かれたアニメ版レインボーエトワールコーデのゆめがかわいい。
 これが駅前など人の出入りが多いところだとすぐになくなってしまっているらしいが
 人口や熱心なファンの有無で店舗ごとに偏りがあるため、余裕なところでは余裕で手に入る。
 とはいえ明日以降ともなればわからない。
 そして明日は明日でまた別件でのアイカツ。

昨晩に怪しいなと思ったが、今日は一日歯痛にやられた。180210

寒さと眠気とやる気なし。180209

・アナログゲーム
 鋼鉄(スチール)と火薬(ガンパウダー):多人数用のカードゲーム。
 Moaideas Game Design制作。ワンナイト人狼のところだ。
 「イノベーション」と「七不思議」を彷彿とさせる。
 面白い点としては、コストさえ支払えれば時代を飛び越えることができることと、
 カタンのように資源交換ができるのでちょっと背伸びをしやすい。
 今回はルールを知る程度に二人戦でやったのでだいぶバランスが悪く感じたが、3人以上からが本番なタイプだろう。

 クラッシュアイスゲーム:ようやく遊ぶことができた氷崩しゲーム。
 恐ろしくゆるくつながった氷塊をハンマーで叩き落としていき、ペンギンを落とした人が負け。
 ゲームの準備が難しく、下手をするとプレイ時間よりも準備時間のほうが長くさえある。
 1ゲームがごく短いこともあり、16-32bitの格闘ゲームのローディングと試合時間のようですらある。
 個人的にはとっても好きで結構数を重ねたいが、前述の理由で連続プレイは時間に比すこともなく疲れる。
 遊びとしてはとてもおすすめなのだが、コスパはかえってあやしいところ。
 製造元、バリエーションは多いみたいで、使うモノによっても感覚が異なるかも?

  
 ゲーム開始前と終了間近の状況。ここまでに時間を要さない。これは長持ちしてる方。

今日もまたアイカツのことばかり考えている。180208

・郵趣
 去年に星の物語シリーズ全6集中の2集を買い逃していて失意となったが、そこでいったん区切りがついてもいた。
 そんなわけでたまに郵便局に行ったときに販売切手を眺めるくらいで自発的な情報収集は怠っていたところ、
 天体シリーズ 第1集が今日発売という報を受け、予定外だったが急遽買い求めてきた。
 
 今回ももちろんホロ箔押し。てっきりシールやカードのように、全面パターンホロの上に部分透過の全面イラストを
 のせたタイプの印刷だと思っていたのだが、全面イラストの上に部分的に透過ホロをのせるという方式だった。
 写真2枚目の銀色に光っている部分が、箔押しとして上から刷られている部分になる。
 現状の切手の発行予定は3月末〆の今年度分までしか提示されておらず、4月以降にどういうペースで続きが発行されるかは不明。
 星座シリーズ最終〜星の物語ではペースがめちゃくちゃだったので、できれば間隔は統一してほしい。

 未購入だが海のいきものシリーズ 第1集も箔押しの切手。
 こちらはホロ箔ではなくただ銀色に光るだけだが、意匠とともに目を引いて気にはなっている。

 去年行った野木町に、その翌月に駅を挟んだもう一つの郵便局にも風景員が配備されていた。
 野木町への再訪は距離と目的の弱さで迷っていたが、これはいずれまた行かざるを得ない。
 タイミングがいつにかるはともかくそういうつもりで心に留めておく。

・アイカツ
 星のツバサ6弾初プレイ。
 月のドレスルーレットはハズレに終わったが、今回の予算と12月の失敗の教訓から
 ルーレットについては気にしないことにして深入りせずに切り上げた。
 今日の目当てである配布プロモのリリエンヌのドレスを貰おうとしたが、
 半ホームのゲーセンでは早々に配布終了済み。同地域では複数店舗で配布されているので
 他の2店舗に絞って当たってみたら、先に寄った店舗ではやはり配布が終わり
 最後のつもりの3店舗目でなんとか貰うことができた。リリエンヌ人気高し。
 これが貰えなかったら何のために来たか怪しくなるところだったので無事入手できてよかった。

 ゲームプレイ中にいくつかのドレスがプレゼントボックスに入ったが、
 今日は予算がないのと、受け取り期限にだいぶ猶予があるのでそれは後回しにした。
 受け取る頃にはスターズも終了目前なわけだが、新シリーズのフレンズになっても
 旧作のアーカイブプレイができるようなので、時々触れることになりそう。

10月下旬からみてだいぶ日暮れが遅くなってきたなと余裕ぶってみても
やっぱり日が沈んでしまえばあとはあっさり暗くなる上に冷風にしばれる。180207

・懸賞
 今年二度目の当選。
 今回は4gamer.netさんの2017年冬の特大プレゼントにて。
 だいたいこの手のには貰って使えるゲームソフトかアパレルを選んでいるのだが
 どうやらそのアパレルが当選したよう。
 4gamerでは過去にもちらほら当たっていて、毎度ながらも嬉しい。

・ブラウザ/ブラウザゲーム
 状況を鑑みてゲーム用のブラウザとして、Chromeの兄弟らしいIronを試用してみた。
 ハードウェアアクセラレーションを切った状態で、城プロは問題なし、アイギスは若干の速度低下、
 政マニは大幅だがChromeよりはましな速度低下となった。
 しかし政マニは遅すぎて処理が重くなってくるとエラーを吐いて止まるし、HWAをオンにすれば
 Chromeと同じくOpenGL関連のエラーを起こすしでさすがにもうどうにもならない。
 政マニは2周年を迎えたところでもあるし、つまらなくなってやめるわけではないので非常に惜しまれるが
 ブラゲのスタミナに縛られすぎてもいたので、アイギスとセットでログインゲーに移行することにした。
 一方、問題を回避できている城プロは継続の構え。
 タブレットのほうもそうだけど、スペックからくる安定性は非常に大事。

・タブレット
 どういうことか、昨晩スリープ前に99%だった電池残量が空になっていた。これもまずい。

・アナログゲーム
 パンデミック:ライジングタイド:パンデミックシリーズのオランダ水害編。
 パンデミックの欧州個別版だというから、てっきり国単位で流行り病でも蔓延した話なのかと思ったら
 タイトルとは違って実際にあった水害とその対策をモチーフにしている内容という。
 システムとしてパンデミックが基幹になので、そのシリーズタイトルを受けているらしい。

 
 日本ではオランダというこの国は、ネーデルラント/ネザーランズという名称で、
 その意味は低地の国々だそう。このゲームを始める上では意味の大きい言葉だ。
 なおオランダの語源はHolland(ホラント)で、この地名も今に残る。
 このゲームの舞台は二次大戦よりも前、1930年代くらいになっていると思われ、
 登場する地名は必ずしも現代とは一致しなかったり、都市の規模が変わっていたりする。

 北部のゾイデル海周辺陸地には最初から浸水口のように浸水マーカーが置かれているが、
 これはゲーム開始時ではその地域もゾイデル海の一部であるというフレイバーを含んでいる。
 プレイヤーの尽力によって、排水や築堤を行い陸地化させるというわけだ。
 西部の北海もまた脅威で、沿岸沿いが決壊をすると非常に多くの水が内陸に注がれる。
 疫病をあつかったパンデミックとは違い、水を相手にするという表現が非常にうまく面白い。
 流れてくる水は水位を考えるように配置されるし、対策には堤防や排水ポンプといった
 パンデミックにはなかった要素を用いられている。

 例によって一人から遊べるタイプの協力型ゲームだが、複数人で遊ぶ場合のメリットは
 有効な手札数の増加とブレインストーミングか。
 代わりのデメリットは手札交換が難しくなったり、手番待ちの間に状況が変わりすぎてしまうなど。
 一人でじっくり遊ぶもよし、わいわいやるもよしといえばどちらの側にも適しているだろう。

参考用:海に面した地域についてのwikipediaの各ページ
ゾイデル海 締め切り大堤防 アイセル湖 マルケル湖 アイ湖 デルタ計画
内陸については確認していないので割愛。

 ツァール / TZAAR:Gipfプロジェクトの2作目。
 ご多分にもれず、二人用で、ルール自体はシンプルで、そして初めて見ると奥深い、そんなゲーム。
 1プレイが短めで、うまく長く続くにしても盤面上の限度は近い。
 実力差が大きすぎずに二人プレイができる環境なら、これといって問題なく遊べるだろう。

gdgdしていたら予定が崩れた。先月の雪以来、寒さでこうなりやすい。180206

・サイト
 今月に入ってから、アップロードされた内容の反映に時間がかかっているようだ。
 サーバー上のデータの上書きはしっかりされているはずなのだが、実際にアクセスした際に
 ダウンロードされるデータは何日か前のものになっている。
 サーバー側のミラーリングなりがおかしな挙動でもしているのだろうか。

・タブレット
 機種のスペックに由来するゲームとの相性問題は仕方がないものとして、
 指でのタッチ操作が思った以上に誤爆をしたり、精密さに欠けたりしてつらい。
 普通の人はこれをさらに小さなスマホで当たり前にやっているのかと感心すらする。
 静電式のスタイラスはすでにもっているが、まだ試用していない。
 台においてのスタイラス操作が向いているのだろうか。
 この調子だと少なくとも手持ち使用でのフレームレスは自分には向かなそうだ。

・アイカツ
 これからの2週間に4-5回くらいはアイカツのために動く予定でなんとも偏っている。
 来月は来月でスターズのラストスパートがありそうだし、どうなることやら。

17時になってもだいぶ明るくなってきたので、そろそろ遠出をしたいもの。
しかしこの寒波で路面や路肩の状況が悪そうだったり、アイカツに吸われて
行動予算が少なかったりしてどうしたものやら。180205

・サイト
 今月に入ってから、アップロードされた内容の反映に時間がかかっているようだ。
 サーバー上のデータの上書きはしっかりされているはずなのだが、実際にアクセスした際に
 ダウンロードされるデータは何日か前のものになっている。
 サーバー側のミラーリングなりがおかしな挙動でもしているのだろうか。

・アイカツ
 これからの2週間に4-5回くらいはアイカツのために動く予定でなんとも偏っている。
 来月は来月でスターズのラストスパートがありそうだし、どうなることやら。

17時になってもだいぶ明るくなってきたので、そろそろ遠出をしたいもの。
しかしこの寒波で路面や路肩の状況が悪そうだったり、アイカツに吸われて
行動予算が少なかったりしてどうしたものやら。180205

・タブレット
 片手にもって使っていて感じたが、自分の持ち方だとフレームやヒンジがない機種だと
 非常につかいずらいことになりそうだなーと、画面端に指が触れてしまう度に思う。
 見た目やサイズだけなら画面比率の高い物に魅力はあるのだが。
 持ちやすさもまた参考情報として記憶。

 ツイッター:試しにアプリ版公式クライアントを見てみたが、画像や動画の視聴には適しているが
 単にツイートを追う分には思ったほど画期的なものではなかった。
 3DSブラウザ版だと画像が潰れていたり動画が見れなかったりするのでそれに比べるといいが、
 大量のツイートをスクロールして追うのはPC版より面倒。

 フォトカツ!:漠然とわかっていたが思った以上にソシャゲそのままだった。
 いわゆる進撃パートがリズムゲーになっているくらいか。
 楽曲は購入解放だと思い込んでいたので、プレイ解放なのはとても良い。
 フォト集めや数字的なことを気にしなければ無料プレイで十分なのでは。
 リズムゲー部分は静電式タッチパネル大前提の操作で、ゲーム性もいいんじゃないかと思うが
 ビジュアルについては固定イラストのキャラが浮いてるだけなので、
 DCDに比べるとたとえスペックが下でも3DS版のダンスステージがいかに良かったかと思わされた。
 やっぱりアイカツには歌だけでなくダンスが欲しいものだ。

 MAPS.ME:地図アプリ。タブレットを渡された理由でもある。
 地図の精度や情報としてはgoogle.mapに遥か及ばないのだが、DLデータでオフライン利用できるのが利点。
 ある程度の位置の把握さえできていれば、去年の渡良瀬遊水地や板倉あたりのような失態も防ぎやすい。
 とにかくまだデータが足らないが、今後の発展に期待。

・アイカツ
 今期のツアーラストの武道館公演をもって、アイカツシリーズの楽曲担当をしてきた
 STAR☆ANISとAIKATSU☆STARSが卒業することに決まった。
 スターズ以後しかしらないが、いわゆる地下アイドルが武道館まで行きついたという事で
 まさにアイドルもののアニメやゲームのような成長譚なのだろう。
 楽曲でドハマリした身なので名残惜しいが、こういうときは「ありがとう」で送り出すもの。
 フレンズではCV担当声優がそのまま歌唱も兼ねるということもあり
 スターズ以上に仕切り直し感が強いのではなかろうか。
 つい昨日始めたばかりのフォトカツも、今後の追加曲はフレンズ楽曲だけになってしまうか?

・ブラウザゲーム
 こちらも城プロとアイギスがアンドロイド版のプレイと入れ替わりに、
 ブラウザ版の挙動が著しく悪くなってしまっている。
 ローカルにまた問題が起きたかとおもったが、どうやら他の一部プレイヤーにも起きている問題だそう。
 できれば早く改善してほしい。政マニも年末くらいからブラックアウトが頻発し始めており、
 こちらは現環境でのGPU絡みの問題だとは思うが、やはり改善されることがあるなら嬉しい。

なぜかケータイの電源が落ちていて、全然気づかずにいた。180204

・節分
 朝夕に節分祭を知らせる花火が打ちあがる。
 今日は近くまで行きつつも寄らなかったが、往時の思い出が蘇る。

・Switch
 スプラ2:フェス。前回から一月を待たずの開催なので早い。
 ミステリーステージのキャノンは楽しい。

・タブレット
 マイクロUSBの用意をして充電。
 ある程度安定したところで、ためしにいくつかのゲームを入れてみた。
 政マニ・インストールと起動までは進んだが、ホーム画面への遷移前にアウト。
 城プロ、アイギス、フォトカツ・だいたい遊べるが、負荷やメモリ状況で落ちることがある。
 個人的には政マニに安定してほしいところだったが、老朽化したPCにとって動作がつらいように
 この中ではタブレにとっても一番負荷が大きくて厳しい様だ。
 他にちょっとしたものやプリインストールのアプリなどを動かす。
 マシンパワーにもう一声!というところだが、あくまでサブデバイスとしての扱いなので
 当面はこんなものだろう。求めるスペックの参考にはなる。

・猫
 子猫が初めて他所の雄猫との対面・喧嘩。
 まだ高い声で威嚇をし続けてはいたが、去ろうとした相手を追いかけるほどやる気十分。
 結果はわからないが、怪我無く帰ってきたのは良かった。
 勢いがあるのは良いが、下手に厄介事は抱えずに済むとなお良い。

ひさしぶりにダイソーの食品コーナーを見たが、なかなか楽しい商品であふれている。
くちどけのよい懐かしいラムネがおいしい。180203

・Switch
 トルクル:とっくに発売日を過ぎてプレイ可能になっていた。
 パズルゲームだと思っていたがアクションゲームだ。
 システムや操作方法は全然違うのだが、触り心地は「Getting Over It with Bennett Foddy」を彷彿とさせた。
 行き方がわからないところを探るのはパズルなのだが、実際には複雑な操作が重要で
 ルートを見つけられても思い通りに動かすのが難しい。
 逆に想定外に良い動きをして突然クリアなんてステージもある。
 単一のセーブデータ+最初からor最後に到達したステージからのみしか遊べないので
 特定ステージの確認や練習ができない点などはつらい。3DSのインリョクちゃんやピンチ50連発のよう。
 理不尽なステージ配置を抜けていくという点でもそれら2点に近いものがある。

・アイカツ
 今月のアイカツ予定はちゃんと組まないと大変だなーと思っていたところにさらに割り込み。
 埼玉県内のローソン限定キャンペーン予告。
 ローソンのキャンペーンはよくあるが、なぜに埼玉限定か。
 いっそ遠いところならすぱっと諦められるが、なまじ買いに行けるだけにどうしたものか。
 他にも、ツアーライブ、ドラマCD発売、3月からの「テヅカツ!」だとか畳みかけが恐ろしい。
 実際にコンテンツとして触れるものは半分もないにせよ、非常に強い影響が止まらない。

昨夜から午前中まで雪は降り続いたが、日が出てから融けるのは早かった。
まだ残った分も多いが、凍結していないだけ前回よりはマシなようだ。
とはいえ行動不能で寝るくらいしかない。180202

・アイカツ
 ラストへ向けて毎週刻むように進んでいくアニメ。
 これまでの話を活かしつつストーリーとギャグをうまく組み合わせていて
 やっぱりアイスタはいいなあと思ってしまう。
 DCDの6弾も稼働をしたし、もろもろのキャンペーンやイベントのためにも
 今月も奔走するしかない。

前回の雪が日陰にまだ残る中で今日もまた積雪。
早く融けてくれないと移動に支障がでる。180201

3月メニューKG板1月
当コンテンツ・ファイルの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。